S-MAX

新スマホ「iPhone 11 Pro Max」で新機能の「Wi-Fi 6」やiOS 13で対応した無線LANのセキュリティー規格「WPA3」を試してみた【レビュー】


新型スマホ「iPhone 11」シリーズでWi-Fi 6やWPA3といった無線LANの新機能を試す!

既報通り、Appleから発表された最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」が9月20日に発売された。筆者もいち早く発売日にau版「iPhone 11 Pro Max」のミッドナイトグリーンを購入した。

さらにこのau回線はそれまで「iPhone 7 Plus」で使用しており、過去にSIMロック解除を行っていたので「SIMロック解除対象機種の条件」のうちの「対象回線におけるSIMロック解除実績があり、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降の場合」に該当したため、購入直後にSIMロック解除を行うことができた。詳しくは、SIMロック解除のお手続き( https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/ )に記載されている。

さて、これらのiPhone 11シリーズだが、一番の話題はその見た目も含めたトリプルレンズカメラ(iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Max)やデュアルレンズカメラ(iPhone 11)といったカメラ周りなどであるが、一方でこちらの記事でも紹介されているように新たに無線LAN(Wi-Fi)の新規格である「Wi-Fi 6」ことIEEE802.11axに対応した。

また既存のiPhoneシリーズにおいても日本時間の9月20日未明にリリースされた最新プラットフォーム「iOS 13」によってWi-FIのセキュリティー・暗号化の規格「WPA3」をサポートしている。そこで今回は、実際にこれらのWi-Fi 6やWPA3をiPhone 11 Pro Maxを使って試してみたのでその模様を紹介する。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:SIMロックは本当に“悪者”なのか。総務省によるSIMロック解除義務化への見直し報道から、その歴史的経緯と是非について考える【コラム】


SIMロックの是非について考えてみた!

日々激動する通信業界の中でも、先週や先々週ほど難しい問題が飛び交った週は珍しいかもしれません。10月の改正電気通信事業法施行を前に、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクといった移動体通信事業者(MNO)の各社は次々と新たな料金プランや通信サービスを発表しましたが、そこに総務省がさらなる「待った」をかけました。

待ったをかけられたのはSIMロックに関する仕様です。SIMロックは通信事業者が自社で販売する端末を他社で利用できないように制限するためのものですが、総務省はこの制限を良しとせず、12日にはスマートフォン(スマホ)の割賦販売時であってもSIMロックの即時解除を義務付ける方針を固めたと新聞各紙などで報じられ、17日にも高市早苗総務大臣が「速やかにルールの見直しを進めていきたい」との見解を示しました。

一般にはあまり理解されていないSIMロックとは、一体何なのでしょうか。またSIMロックは必要なものなのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はSIMロックが行われた背景やその是非について考察します。

続きを読む

Appleの新スマホ「iPhone 11 Pro」や「iPhone 11 Pro Max」がiFixitによって分解!RAMはやはり4GB、通信チップはIntel製に。双方向ワイヤレス充電は未確


新スマホ「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」が分解でより詳細な仕様が判明!

日本ではNTTドコモやau、SoftBank、Appleから9月20日に発売された最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズですが、そのうちの「iPhone 11 Pro」や「iPhone 11 Pro Max」について発売直後の恒例とも言えるiFixitなどの修理業者を中心に分解がさっそく行われています。

Appleが公開している製品仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しているので紹介したいと思います。

続きを読む

iPhone 11 Proを開封レビュー!背面の3眼カメラ周りやマットガラスの質感など、外観の気になる部分をiPhone XSと比較しつつ徹底チェック【レポート】


iPhone 11 ProをiPhone XSと比較しながら開封レビュー!

既報通り、Apple(アップル)の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売されました。同シリーズは最新の「iOS 13」を搭載し、昨年と同様に6.1インチ液晶の「iPhone 11」と5.8インチ有機ELの「iPhone 11 Pro」、6.5インチ有機ELの「iPhone 11 Pro Max」という3モデルがラインナップされています。

日本国内ではアップルの直営店舗「Apple Store」および公式オンラインショップ(公式Webサイト「Apple.com」内および専用iOSアプリ「Apple Store」)のほか、NTTドコモやau、SoftBankといった移動体通信事業者(MNO)の各社にてそれぞれ販売されています。

今回、筆者もiPhone 11 Proの256GBストレージ・ゴールドモデルを購入し、さっそく開封しましたので、2018年モデルで同じ5.8インチサイズの「iPhone XS」と外観の違いを比較しながらiPhone 11 Proの特徴をご紹介したいと思います。

続きを読む

ついに総務省が公開!SIMフリースマホ「UMIDIGI A5 Pro」や「UMIDIGI A5」、「UMIDIGI Z5 Pro」、「UMIDIGI Z5」、「UMIDIGI X」などが技適通過


SIMフリースマホ「UMIDIGI A5 Pro」などが技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにYoumi Intelligent Technologyがスマートフォン(スマホ)「Smart phone, A5 Pro, A5, UMIDIGI X, Z5, Z5 Pro」の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を8月27日付けでElement Materials Technologyによって取得しています(認証番号:205-190399)。

これらはUMIDIGI Technologyが販売するスマホ「UMIDIGI A5」および「UMIDIGI A5 Pro」、「UMIDIGI X」、「UMIDIGI Z5」、「UMIDIGI Z5 Pro」で、Youmi Intelligent TechnologyはUMIDIGI Technologyと会社の所在地が同じなので関連会社だと見られ、UMIDIGI A5 Proについては米連邦通信委員会(FCC)の認証も同社が申請しています。

実際にUMIDIGI A5 Proには8月29日より配信されているソフトウェア更新(ビルド番号:UMIDIGI_A5_Pro_V1.4_20190827_20190827-1920)によって電波法における認証番号(R)「205-190399」が記載された技適マークが電子表示可能となっているとのこと。なお、電気通信事業法における認証番号(T)は「AD190019205」。

その他、Youmi Intelligent Technologyでは7月22日付けでスマートウォッチ「UWatch 3」および「UWatch 3S」、「UWatch 2」、「UWatch 2S」、「UWatch」(認証番号:020-190146)、7月18日付けでワイヤレスイヤホン「UBeats」および「UBeats S」、「UBeats 2」、UBeats 2S」(認証番号:020-190144)をタコヤを通じて工事設計認証を取得しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。