S-MAX

トリニティ、おサイフケータイなどに対応したSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」の発売を6月上旬に延期!発売日は近日中に別途発表に


SIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」が発売延期!

トリニティは29日、今年2月に発表して5月下旬に発売を予定している新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」を発売延期すると発表しています。

発表当初から発売時期を5月下旬としていましたが、今回、直前になって6月上旬に延期するとしています。なお、正式な発売日については近日中に別途発表するということです。

続きを読む

UQコミュニケーションズが仙台の「携帯銀座」に日本最大級の店舗で戦いを挑む!年内100店舗をめざし、宮城県初出店の「UQスポット仙台一番町」がオープン【レポート】


各キャリアショップが建ち並ぶ中にUQスポット仙台一番町がオープン!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は25日、国内63店舗目となる「UQ WiMAX」および「UQ mobile」が対面販売で契約できる「UQスポット」の新店舗として「UQスポット仙台一番町」をオープンしました。なお、同日に「UQスポット平塚」、27日に「UQスポットアリオ橋本」がオープンしたため、現在国内65店舗。UQモバイル沖縄が出店している2店舗を含めると国内67店舗となっています。

UQスポット仙台一番町は東北では3店舗目、宮城県では初出店となるUQスポットです。東北の他の2店舗は青森県と岩手県のショッピングモール内の店舗となりますが、UQスポット仙台一番町は宮城県仙台市の中心部のアーケード街にある独立型店舗で、周囲には同じビル内にあるKDDI直営ショップ「au SENDAI」をはじめ、各キャリアショップが建ち並ぶ仙台の「携帯銀座」と呼ばれているエリアにオープンしました。

UQスポットとしては87坪と現時点で日本最大級の広さを誇る店舗となるのも特長です。今回はオープンセレモニーの模様と店舗の内装などを紹介します。


続きを読む

5.8インチなのにiPhone 7に近い横幅を実現!18.5:9の超ワイドディスプレイが斬新なNTTドコモ向けハイエンドスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を写真と動画で紹介【レポート】


docomo向け最新スマホ「Galaxy S8 SC-02J」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモは24日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を開催し、約5.8インチ縦横比18.5:9のSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載するスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SC-02J(以下、Galaxy S8)」(サムスン電子製)を6月上旬に発売すると発表した。

発売時期は2017年6月上旬を予定しとえり、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施され、価格(税込)は本体価格93,960円(3,915円/月×24回)で、実質負担額が新規契約および機種変更で5万円台、他社から乗り換え(MNP)で1万円台を予定。

また5月24日から発売日までの期間に予約して購入し、キャンペーンサイトにて応募することで「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされるキャンペーンも実施しているほか、以前に紹介したように価格.comにて先着1万枚の5,400円割引クーポンが配布されている。

Galaxy S8 SC-02Jは主なスペックとしてCPUにQualcomm製「Snapdragon 835」(MSM8998)プロセッサー、ディスプレイ解像度QHD+(1440×2960ドット)、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内部ストレージ、microSDXCカード(最大256GBまで)、3000mAhバッテリー、防水(IPX5およびIPX8)、防塵(IP6X)、LTE最大速度受信時500Mbpsおよび送信時50Mbps、Bluetooth 5.0、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)などとなっている。

その他の詳細な製品情報は「NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を発表!縦長5.8インチのInfinity DisplayやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、6月上旬発売 - S-MAX」を参照してもらうとして、今回はタッチ&トライコーナーでGalaxy S8 SC-02Jの実機を試すことができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

開閉角165度を実現した「スタジオモード」や魔法のような操作感の「Surface Dial」に対応したWindows 10搭載2in1タブレットPC「New Surface Pro」を写真で紹介【レポート】


ついにファンレス仕様もラインナップされたNew Sueface Proを写真で紹介!

既報通り、日本マイクロソフトは26日、都内にてプレス向け発表会「Microsoft Japan Surface Event」を開催し、MicrosoftのWindows搭載PC(パソコン)「Surface」シリーズ3機種を日本で発売すると発表しました。

そのうちの2in1タブレットPC「New Surface Pro(新しいSurface Pro)」はすでに5月26日より予約が始まっており、6月15日に発売予定。価格は一般向け105,800円(金額はすべて税別)から、法人向けは93,800円からとなっています。また秋にはLTE対応モデルも発売を予定しています。

また新しいSueface Proの発売を記念して、フィンランドのアパレルブランド「Marimekko(マリメッコ)」とコラボしたスキンシールやファブリックケースを用意。女性ユーザーの獲得にも意欲を見せています。

今回発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてこの新しいSurface Proの実機に触れる機会がありましたので、プレゼンの模様とともに写真を交えてご紹介します。

続きを読む

NTTドコモの月額980円の新料金プラン「シンプルプラン」と毎月1500円割引の料金施策「docomo with」はiPhoneやAndroidなどのSIMフリーでも利用可能&割引対象に


shimajiro@mobiler

NTTドコモが発表した新料金プラン「シンプルプラン」(2年契約で月額980円から)と、指定の機種購入で月額料金が毎月1,500円割引される「docomo with」の割引について、シンプルプランも含めて改めて同社が販売する以外の機種で利用した場合にどうなるのかを確認してみた。

結論から言うと、SIMフリーのiPhoneやAndroidなどの製品(NTTドコモが販売していない機種)をシンプルプランで利用しても「指定外デバイス利用料」の発生対象とはならず、月額料金の上乗せはナシとなる。

また、docomo withについては発表会で同社代表取締役社長の吉澤和弘氏が言及したようにSIMフリー製品で使っても割り引きが継続されることが明らかにされた。つまり、docomo with対象機種を購入後にSIMカードをSIMフリー製品に差し替えて利用する場合でも月額料金の割引対象だ。

こういったことからシンプルプランをSIMフリー製品で使おうとしていた人やdocomo with対応機種の購入後にSIMフリー製品で使うことを検討していた人にはありがたい仕様となっている。

続きを読む

ドコモスマホ「Xperia XZs SO-03J」を写真と動画で紹介!メモリーが4GBに増量され、Motion Eyeカメラ搭載でスーパースロー動画撮影が楽しい【レポート】


XZから着実なパワーアップを遂げたXperia XZs SO-03Jをチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を開催し、約5.2インチのフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileを備えた、64bit対応クアッドコアCPU、約1920万画素Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SO-03J(以下、SO-03J)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

すでに5月26日にドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて発売されており、価格(税込)は本体代85,536円、実質負担額で新規契約および機種変更で32,400円〜、他社から乗り換え(MNP)で15,552円~となっています。

SO-03Jは「Xperia XZ SO-01J(以下、SO-01J)」のマイナーチェンジモデルで、Xperia XZとの違いとしては新開発のMotion Eyeカメラ搭載、スーパースロー動画撮影機能の搭載、内蔵メモリー(RAM)が3GBから4GBへ増量など、auやソフトバンクでも発売されているモデルと同等の進化を遂げています。

今回は発表会における展示会場でSO-03Jの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。


続きを読む

KDDIの旗艦店「au SHINJUKU」で最新スマホ「Xperia XZs SOV35」や「Galaxy S8 SCV36」、「Galaxy S8+ SCV35」の実機展示を開始!さっそく訪問して新製品を写真で紹介【レポート】


新宿でau向け「2017年夏モデル」のXperia XZsとGalaxy S8・S8+を先行展示!

既報通り、KDDIが5月24日より東京・新宿に展開する旗艦店「au SHINJUKU」など5店舗にて「2017年夏モデル」のスマートフォン(スマホ)を先行展示しています。au SHINJUKU以外では「au SENDAI」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」。

展示されている機種は取材時においてはサムスン電子製「Galaxy S8(型番:SCV36)」「Galaxy S8+(型番:SCV35)」とソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZs(型番:SOV35)」の計3機種。さっそく、au SHINJUKUを訪れて実機を触ってきたので各機種のファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む

HTC NIPPON、握って操作するAI搭載の最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の体験会を開催!国内ではauとSoftBankから発売予定【レポート】


握って操作が可能な美しい最新スマホ「HTC U11」を一足先に体験!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONは24日、都内にてメディア向けの製品体験会を開催し、日本でも発売予定のHTCのフラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」をお披露目しました。

HTC U11は5月16日に台湾にて発表され、日本国内でもすでにブロガーなどのファン向けに「HTC サポーター キックオフイベント」にて初お披露目されていましたが、改めてメディア向け体験会が実施されました。

主な仕様はフラグシップにふさわしい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶「Super LCD5」ディスプレイやSnapdragon 835プロセッサー、64GB内部ストレージ、4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、IP67等級の防水・防塵や国内向けにはおサイフケータイ(FeliCa)を搭載します。

また日本市場では今回展示された「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」のほか、「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色展開の予定で、海外向けにはこれらに加えさらにソーラーレッド(Solor Red)が販売されます。

今回はメディア向けの製品体験会で紹介されたHTC U11の特長や、タッチ&トライで体験した印象などを紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。