S-MAX

Sony Mobile、Xperia XZやXperia X PerformanceにAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を順次配信開始


Xperia XZ(=写真)とXperia X PerformanceのグローバルモデルがAndroid 7.0 Nougatに!

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は1日(現地時間)、同社のグローバル向け公式Twitterアカウントにて「Xperia XZ」および「Xperia X Performance」に最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を順次配信開始したとお知らせしています。

なお、日本向けについてもすでにNTTドコモやauではXperia XZとXperia X PerformanceにAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを提供することを案内しているため、それぞれ準備が整い次第、提供される予定です。

Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)のときには、Xperia Z5などについてグローバル向けよりもNTTドコモ向けのほうが早くOSバージョンアップが提供開始されたこともあり、日本向けのAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップもそう遠くない時期に提供されることが期待されます。

続きを読む

スマホを最強のムービーカメラにする!高性能なDJI製コンパクト3軸ジンバル「OSMO mobile」を写真と動画で紹介【レビュー】

OSMO mobileでスマホを最強のムービーカメラにする!

スマートフォン(スマホ)のカメラ機能の高性能化は留まるところを知らず、昨今では光学式のズーム機能や手ブレ補正機能が搭載されたスマホや4K動画を撮影できる機種も珍しくなくなりました。

しかし、それほどの性能になっても実際に撮影してみると抑えきれなかった手ブレで映像がガタガタと揺れてしまい、とても観づらい映像になってしまったことはみなさんも経験があると思います。

そこで、今回ご紹介するDJI製の「OSMO mobile」は、そんなスマホ撮影時の手ブレを強力に補正し、プロ並みの撮影環境を提供してくれる画期的なガジェットです。

続きを読む

楽天モバイルで6.8インチSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra ZU680KL」がいきなり半額近い3万2800円で販売予定!楽天スーパーSALEに合わせた特別企画で12月3日19時から1000台限定


楽天モバイルで6.8インチSIMフリースマホ「ZenFone 3 Ultra」が約51%OFFの割引に!

楽天がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )にて「楽天スーパーSALE」に合わせて期間限定の特別企画を実施します。

中でも注目なのが発表されたばかりで12月9日(金)に発売されるSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」が2016年12月3日(土)19時〜12月8日(木)1時59分までの期間中に限定計1000台(シルバー・ローズゴールド・グレー)がメーカー希望小売価格でASUS JAPANの公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」での販売価格64,584円の半額に近い32,800円になるとのこと。

楽天モバイルの通話SIMの契約とセットで、事務手数料が無料になるほか、1ヶ月目の利用料金が無料となっています。なお、通話SIMは最低利用期間が12ヶ月に設定されており、その期間に解約をすると契約解除料9,800円がかかります。

続きを読む

電子マネー「iD」を使うとdポイントが2倍、Apple Payならdポイント5倍になるキャンペーンが2017年3月末まで開催中!毎月エントリーが必要なのでお忘れなく


shimajiro@mobiler

NTTドコモが電子マネー「iD」を使うと「dポイント」が通常の2倍付与される「dカード×iD dポイント2倍 | キャンペーン」を2016年11月25日(金)から2017年3月31日(金)まで開催している。

キャンペーンにはエントリーが必要なものの、スマートフォン(スマホ)などの「おサイフケータイ」で使ったiDもポイント2倍の対象となる。

また、類似のキャンペーンとして「Apple Pay」を利用するとdポイントが通常の5倍付与される「dカードならApple Payのご利用でもれなくdポイント5倍キャンペーン」が同じく2016年11月25日(金)から2017年3月31日(金)までの間に開催されている。なお、別々のキャンペーンなので、個別にエントリーが必要だ。

続きを読む

約3万円の高コスパなSIMフリースマホ「ASUS ZenFone 3 Laser ZC551KL」の快適性をベンチマークと動画でチェック!指紋認証のロック解除速度などはどう?【レビュー】


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Laser ZC551KL」

ASUS JAPANから11月26日に発売されたSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」。昨年にASUSTeK Computer(以下、エイスース)の人気モデルとなった「ZenFone 2 Laser(型番:ZE500KL)」と同じ"Laser"モデルの後継機種で、同じくコストパフォーマンスの高い製品となっています。

価格はASUS JAPANの公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」や各家電量販店などでは27,800円(税別)。税込でもほぼ3万円ながら約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や4GB内蔵メモリー(RAM)、指紋センサーなどを搭載し、強化ガラス「Gorilla Glass 3」とメタルボディーによる質感が良い製品です。

前回は購入して外観や同梱品などを紹介しましたが、今回は若干スペックが抑えられたチップセット「Snapdragon 430(MSM8937)」(Qualcomm製)を搭載しているということで、どの程度快適に動作するのかをベンチマークと実際に操作している動画で紹介していきたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、iPhone SEを端末購入サポートで新規・機変・MNPともに一括で16GBが1万5552円、64GBが2万2680円に値下げ!FOMAからの乗り換えやiPhone 5sの下取りなどで一括0円も


ドコモの「iPhone SE」が一括5552円からと値下げ!

NTTドコモは1日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて今年3月に発売した4インチの小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」(Apple製)について新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)ともに12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

これにより、iPhone SEの価格(税込)が16GBモデルなら本体価格57,024円から端末購入サポートで41,472円割り引きされた一括15,552円(分割648円/月×24回)、64GBモデルなら本体価格69,984円から端末購入サポートで47,304円割り引きされた一括22,680円(分割945円/月×24回)となっています。

また、FOMAからの機種変更の場合に端末購入サポートをそれぞれさらに9,720円割引が増額され、16GBなら一括5,832円、64GBモデルなら12,960円になるとのこと。

その他、iPhone SEと同じサイズの「iPhone 5s」の「下取りプログラム」を12月1日より10,000円から15,000円に増額するなどしており、複数台をまとめて購入する「家族まとめて割」なども含めて各種キャンペーンを併用すると一括0円にすることも可能です。

続きを読む

レノボ、Googleの3Dマッピングカメラ「Project Tango」に初対応したSIMフリーの6.4インチスマホ「PHAB2 Pro」を12月2日に発売!価格は4万9800円に


レノボが初のTango対応スマホ「PHAB2 Pro」を12月2日を発売!

レノボ・ジャパンは2日、Googleが開発を進める奥行きを含めた3Dセンシング(測定)できるカメラを搭載することで3Dマッピングが可能な「Project Tango」に対応する世界初のスマートフォン(スマホ)「PHAB2 Pro」を2016年12月2日(金)に発売すると発表しています。

SIMフリーで、価格はオープンながら直販販売価格が49,800円(税抜)。今年9月に日本で発売することが発表されたときには、11月下旬に予約販売開始予定とされていましたが、若干遅れた12月2日に正式に決定しました。

続きを読む

今年、日本で人気を集めたAndroid向けアプリやゲームがわかる!Google Playの「ベスト オブ 2016」が発表


ゼロから始めるスマートフォン

Googleが今年、日本のコンテンツ配信マーケット「Google Play」で人気を集めたアプリやゲームを紹介する「ベスト オブ 2016」を発表しました。

このベスト オブ企画はGoogle Playで毎年行われているのですが、今年はアプリとゲームのカテゴリーにおいて「ベストトレンド」や「ベストイノベーティブ」というように細かい部門が設けられています。

これにより、見応えのある内容になりました。なお、12月8日には各部門の受賞作品からさらに大賞とベストアプリ、ベストゲームが発表される予定となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。