S-MAX

サムスン電子ジャパン、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」の日本語ページを公式Webサイトにて公開!日本でも発売の可能性高そう


Galaxy S8とGalaxy S8+は日本投入あるか!?日本語ページはすでに掲載中

サムスン電子ジャパンは30日、サムスン電子から発表されたばかりの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」において日本語ページを公式Webサイトにて公開しています。

過去の製品では日本語ページが掲載された場合は日本で発売されていることが多く、Galaxy S8およびGalaxy S8+についても投入される可能性は高そうです。

最近の流れからすると、NTTドコモやauからとなりそうで、NTTドコモ向けと見られる「SGH-N206(メーカー型番)」が各種認証を通過しているほか、au向けのリークとされる画像も出ていたりします。

続きを読む

Samsung、5.8インチ「Galaxy S8」と6.2インチ「Galaxy S8+」のフラッグシップスマホ2機種を発表!防水やmicroSDは継続し、18.5:9の縦長両端湾曲有機ELでホームボタンは画面表示に


フラッグシップスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」が発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は29日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて発表会「Galaxy Unpacked 2017」( http://www.samsung.com/global/galaxy/events/unpacked/ )を開催し、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を採用したQuad HD+(1440×2960ドット)左右両端湾曲「デュアルエッジスクリーン」有機EL(Super AMOLED)ディスプレイ搭載フラッグシップスマートフォン(スマホ)として約5.8インチの「Galaxy S8」および6.2インチの「Galaxy S8+」、そして新しい全天球カメラ「Gear 360(型番:SM-R210)」を発表しています。

Galaxy S8およびS8+ともに発表会が行われたアメリカでは2017年4月21日(金)に発売。価格はイギリスではGalaxy S8が689ポンド(約96,000円)、Galaxy S8+が779ポンド(約108,000円)。サムスン電子が買収したHarman傘下のAKGブランドのイヤホンが付属されるとのこと。

なお、日本での発売については明らかにされていませんが、前機種「Galaxy S7 edge」はNTTドコモおよびau(KDDIおよび沖縄セルラー)から販売されていますし、すでにGalaxy S8シリーズについても日本語ページ( http://www.samsung.com/jp/product/galaxy-s8/ )もあることからGalaxy S8およびS8+が何らかの形で販売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

iPhoneでもNTTドコモ回線のMVNOでIPv6が利用可能に!iOS 10.3でAPN構成プロファイルによるIPv6の指定できるように――IIJmio タイプDではIPv6用プロファイルを提供


IPv6サービスを提供しているMVNOではiPhoneでも利用できるように!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は28日、日本時間では3月28日未明よりAppleから配信開始されているiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 10.3」においてAPN構成プロファイルでIPv6を設定できるようになったとお知らせしています。

Appleの公式Webページ「Configuration Profile Reference」でもIPv4やIPv6を指定できる「DefaultProtocolMask」や「AllowedProtocolMask」などがiOS 10.3以降で利用可能となっていることが「Available in iOS 10.3 and later」と示されています。

これにより、携帯電話サービス側がIPv6を提供している場合にはAPN構成プロファイルにDefaultProtocolMaskなどを記述することで、iPhoneやiPadでもIPv6で通信できるようになりました。

また合わせてIIJでは、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio(タイプD)」におけるIPv6用APN構成プロファイルを暫定配布しています。

なお、同社ではまだiPhoneなどにおけるIPv6でのサービスで十分な実績がないため、何かしらの副作用があり、トラブルが起きる可能性があるのである程度対応できる場合のみお試しするよう案内しています。

続きを読む

KDDI、au向け4G LTE対応1TBストレージ搭載NAS「Qua station」を4月7日に発売!写真や動画などをひとまとめに保存でき、価格は3万2400円に


au向けストレージデバイス「Qua station」が4月7日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は29日、au向け高速通信サービス「4G LTE」(FDD-LTE方式)に対応した1TBの大容量ストレージを搭載したNAS「Qua station」を2017年4月7日(金)に発売すると発表しています。

価格は税別30,000円(税込32,400円)または分割で税込900円/月×36回。発売に合わせて専用料金プラン「Qua stationプラン ds」が提供され、基本利用料はISP接続料含み税別300円(税込324円)で利用可能。

auの4G LTE対応スマートフォン(スマホ)でデータ定額などの対象データ通信オプションを契約している場合に申し込め、Qua stationのデータ通信量がスマホとシェアするようになっています。

また発売を記念して「Qua station おトク割」も実施され、購入の翌月から36ヶ月(3年間)は基本利用料税別300円が無料になるほか、Qua stationの新規契約事務手数料が無料になるということです。

続きを読む

NTTドコモがハイスペックスマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」に対するAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開!すでに更新した場合への不具合修正も提供


docomo Galaxy S7 edge SC-02HへのAndroid 7.0 Nougatが再開!

NTTドコモは29日、一時中断していたスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)に対する最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年3月29日(水)13時より再開するとお知らせしています。

Galaxy S7 edge SC-02HのAndroid 7.0 Nougatへのソフトウェア更新は今月3月16日より提供開始され、その後、確認事項が発生したためとして3月24日に配信を一時中断していました。

すでに案内していたように調査(確認)した結果として「省電力モード」および「緊急時長持ちモード」の設定をしている場合にまれに正常に動作しない場合があったとし、事象が解消したため再開したということです。

なお、すでにAndroid 7.0 Nougatへ更新している場合にも該当不具合を修正するソフトウェア更新が提供開始されており、本体のみでWi-FiおよびFOMA、Xi回線でネットワーク経由で行う場合には約6分、パソコンにUSBケーブルで接続して行う場合には約54分かかります。

変更点は『「省電力モード」「緊急時長持ちモード」の設定をしている場合に、一部機能が正常に動作しない場合があります。』のみ、最新ビルド番号は「NRD90M.SC02HOMU1BQC5」。またau向け「Galaxy S7 edge SCV33」については同様の不具合は起きていないとのことです。

続きを読む

マイナンバーの本人確認をiPhoneでも可能に!Androidに続いて2019年実用化に向けて総務省によって実証実験を実施、技術的・運用的めどーー東京オリンピックなどのイベント入場も簡易化


iPhoneやAndroidでマイナンバーカードを読み取って本人確認へ!

総務省は28日、個人番号カード・公的個人認証サービス等の利活用推進の在り方に関する懇談会にて検討しているスマートフォン(スマホ)を使ったマイナンバー(個人番号)カードの読み取りによって本人確認できる利用者証明機能導入に向けた実証実験においてiPhoneへの対応ができる見通しになったと明らかにしたと産経新聞などが報じています。

マイナンバーカードの読み取り・利用者証明機能導入についてはすでにAndroidでは実用化に向けて仕組みが策定されており、NTTドコモ向け「AQUOS EVER SH-02J」では読み取りに対応し、au向け「AQUOS U SHV37」でも対応予定となっています。

今回、iPhoneなどのiOSについても実証実験で対応できる見通しが付いたことからAndroidとともに2019年の実用化をめざすとしています。産経新聞では実験公開に伴って太田直樹大臣補佐官が「日本で普及しているアイフォーンについて、道が開けた」と述べたと伝えています。

続きを読む

3倍目立つのは間違いなし!iPhone 7の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」を購入したので開封して外観や同梱物を紹介【レビュー】


iPhone 7の新色レッドを購入!パッケージや外観をチェック

Appleから日本時間の3月21日に発表され、3月25日より各社より販売が開始された「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」。

昨年9月に発表・発売になったiPhone 7・7 Plusの新しいカラーバリエーションのひとつで、赤だけに“3倍速い”を期待したいところですが、基本仕様・スペックには変更はありません。

カラー以外の違いとして、過去に発売されたApple製品の(PRODUCT)RED Special EditionのiPodなどと同様に、売り上げの一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金へ寄付、貢献するといった取り組みも行われているモデルとなっています。

今回は「ドコモオンラインショップ」にて機種変更でiPhone 7(PRODUCT)RED Special Editonの128GBモデルを購入しました。そこで今回は開封レポートとしてパッケージや同梱物、そして注目の赤い外観について紹介したいと思います。

続きを読む

Samsungが爆発スマホ「Galaxy Note7」を安全な形で再生品として一部販売へ!部品や材料のリサイクルなども行い、環境にやさしい処理を行うと発表


Galaxy Note7の一部が再生品として販売へ!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は27日(現地時間)、昨年8月に発売してその後に発火・発煙などの爆発問題でリコール・回収となったスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note7」についてのリサイクルおよび廃棄について発表しています。

同社ではGalaxy Note7における爆発問題の調査として最終的にバッテリーに問題があったと結論付けており、当初は廃棄する予定だったものの、環境団体などからの抗議によって対応を検討していました。

今回発表された内容では3つの環境にやさしい処理でリサイクルおよび廃棄するとし、1)メーカー再生品(リファービッシュ)として販売またはレンタル品として活用、2)再利用可能な部品を取り出して販売または活用、3)金属物質を抽出するなどのリサイクルによって活用するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。