S-MAX

SonyがIFA 2019に合わせてプレスカンファレンスを開催!日本時間では9月5日20時からライブ中継も実施。次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」などを発表か


Sony Press Conferenceが9月5日に開催!次期フラッグシップスマホ「Xperia 2」が発表か

Sonyがドイツ・ベルリンにて2019年9月6日(金)〜9月11日(水)に開催される「IFA 2019」に合わせて現地時間(CEST)の9月5日(木)13:00〜13:45に発表会「Sony Press Conference and exclusive booth unveiling」を開催することが明らかになりました。また発表会の模様は公式Webサイトにてライブ中継も実施される予定です。

日本時間(JST)では9月5日20:00から。毎年さまざまな製品が発表されるIFAですが、今年もSony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)によるスマートフォン(スマホ)「Xperia」シリーズを含めて多数の製品が発表されると見られます。Xperiaシリーズでは次期フラッグシップモデル「Xperia 2」やミッドレンジモデル「Xperia 20」(ともに仮称)などが発表されると噂されています。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」になると発表!お菓子の名前の開発コード名は廃止に。ロゴも見やすく変更


スマホなど向け次期プラットフォームの正式名はバージョン番号だけの「Android 10」に!

Googleは22日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の次期バージョンは「Android 10」が正式名になると発表しています。これまでは開発コード名としてアルファベット順の頭文字によるお菓子の名前が付けられていましたが、Android 10からは廃止されてバージョンの数字だけとなるとのこと。

現在、ベータ版「Android Q」として提供していますが、正式版以降はAndroid 10となります。同社ではお菓子の名前の開発コード名を廃止する理由として全員がそれらの名前を常に理解しているわけではなく、特にグローバルでは一部の言語ではLとRの区別はできず、命名規則を把握していない人にとってはそれが新しいバージョンかどうかを理解するのが困難だとしています。

さらにAndroidのブランドについても時間とともに進化しており、2014年にロゴとブランドカラーを更新していますが、今年はよりモダンでアクセスしやすい外観を導入し、ロゴを新しくしました。Androidロボットはそのまま緑ですが、文字が緑から黒(または白)に変更され、背景の色によって視覚障害のある人でもコントラストを改善して見やすくしているということです。

続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G04」を8月30日に発売!価格は7万9920円で実質4万9320円から。キャンペーンで赤い限定カラーの電池パックをプレゼント


auスマホ「TORQUE G04」が8月30日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」のうちのタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G04(型番:KYV46)」(京セラ製)を2019年8月30日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体価格79,920円(分割1,665円/月×48回)でアップグレードプログラムEX(月額390円)に加入して25ヶ月目以降に返却して機種変更した場合なら残りの残債が免除されて実質負担額49,320円(分割2,055円×24回)からとなります。

また発売を記念して発売日から2019年9月30日(月)までの期間中に「TORQUE G04」を購入して応募した人全員に限定カラー(赤)のTORQUE G04電池パックをプレゼントするキャンペーンを実施します。賞品発送時期は2019年10月中旬以降を予定。さらに登山アプリ「YAMAP」とのコラボレーション企画を実施して専用アクセサリーを開発中だとのこと。詳細は「TORQUE スペシャルサイト」をご参照ください。

続きを読む

ソフトバンクとワイモバイルが中古のスマホなどのSIMロック解除に8月21日より対応!店頭のみ受付で費用は税込3240円/台。1人1日2台まで


SoftBankとY!mobileでも中古スマホなどのSIMロック解除が可能に!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は21日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」において2015年5月以降に発売した携帯電話端末のSIMロック解除条件を一部変更し、知人・友人などから譲り受けたり、販売店などで中古で購入した製品などのSIMロック解除などに対応したとお知らせしています。

譲渡・中古製品のSIMロック解除はSoftBank製品はソフトバンクショップ、Y!mobile製品はワイモバイルショップにて実施でき、解除にかかる費用は既存の製品と同様に1台あたり税抜3,000円(税込3,240円)で、解除する製品の他に本人確認書類が必要となるとのこと。また解除できるのは1人当たり2台/日まで。

その他、自分で購入したものの、すでに解約済みの製品についてもこれまでは解約日から90日以内のみ解除できましたが、日数制限が撤廃されました。なお、購入日から101日以上経過している必要がある(購入日から解除できる特定の割引施策を利用していない一括購入時などは除く)など、その他の条件は2017年12月1日の改訂時と同じとなっています。

続きを読む

ワイモバイルオンラインストアにてiPhone 7がMNPで9月2日まで2万円OFFに!実質負担額は32GBが1万3696円、128GBが2万7196円に


Y!mobileオンライストアで「iPhone 7」がMNPで2万円割引中!

ソフトバンクは21日、携帯電話サービス「Y!mobile」における公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて人気スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」が他社から乗り換え(MNP)だと最大20,000円OFFになるキャンペーンを実施するとお知らせしています。

期間は2019年9月2日(月)までで、通常は32GBが本体価格73,116円で実質負担額33,696円、128GBが本体価格86,076円で実質負担額47,196円ですが、さらに特別割引で20,000円が割り引かれ、32GBは実質負担額13,696円、128GBは実質負担額27,196円となるとのこと(金額はすべて税込)。

特別割引は契約の当月以降の請求額から最大20,000円を割り引くようになっており、割引額が割引対象料金を超えた場合は超過分は翌請求月に繰り越します。また割引対象料金は基本使用料および通話料/通信料、オプションサービスの定額料/月額使用料、手数料で、解約した場合は利用料金の未払いが確認された場合は割引が終了となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。