S-MAX

iPhone 7用ケースはiPhone 8で使える?iPhone 7とiPhone 8の外観の違いやケース流用の可否などを実機でチェック【レポート】


iPhone 8とiPhone 7を徹底比較!保護ケースは流用可能?

既報通り、NTTドコモやau、SoftBank、Appleから9月22日に新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、および新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」が発売されました。

iPhone 8の外観は既存の「iPhone 7」から大きな変化がなく、ややインパクトに欠ける印象ですが、背面パーツがガラス素材になって無接点充電に対応したほか、CPUにはiPhone 7に搭載された「Apple A10 Fusion」と比べて20%高速で70%高効率(公称)な「Apple A11 Bionic」が搭載されるなど、性能面や機能面での進化が見られます。

今回筆者はAppleが販売するSIMフリー版のiPhone 8/256GB/ゴールドモデルを入手しましたので、昨年購入したiPhone 7/256GB/ゴールドモデルとの外観の違いや保護ケースの互換性などをレビューしたいと思います。

続きを読む

新スマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」ではフリーズした時の強制再起動の方法がさらに変更!音量上→音量下→電源ボタン10秒以上長押しとコマンドのように【ハウツー】


iPhone 8・8 Plusでは強制再起動のやり方が変更に!

昨年発売されたAppleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」では以前に紹介したようにホームボタンが新しく実際に押せるキーではなく、感圧機能「3D Touch」やMacBookのトラックパッドに採用されている「Taptic Engine」による方式に変更されたことによって操作できなくなってしまう“フリーズ”状態のときの強制再起動の方法が変更になりました。

そこで同じホームボタンの仕組みを採用し、新たに9月22日に発売されたスマホ「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」でも同じ操作で強制再起動ができるかと思いきや、できなくなっています。しかも、以前はAppleの公式Webページ「iPhone、iPad、iPod touch を再起動する - Apple サポート」にて強制再起動の方法も紹介されていましたが、現在は該当部分が削除されています。

もしかして強制再起動ができなくなった?と思っていたところでしたが、iPhone 8およびiPhone 8 Plusで強制再起動をするやり方を紹介しているところがありましたのでもしものときのために紹介しておきたいと思います。

なお、以前にAppleの公式サポートページに掲載されていたときには強制再起動は“最終手段”であって、単に再起動したいときなどに利用するものではないとしていますし、あまり強制再起動を頻繁に行うのも動作の安定性に良くなさそうなので注意したいところです。

続きを読む

アップルの新スマホ「iPhone 8」のSIMフリー版を購入したので開封してみた!ガラス素材と総務省指定マークなどがなくなり背面はすっきり【レビュー】


iPhone 8のシルバー(64GBモデル・シルバー)のSIMフリー版を購入!

Appleの新しいインチスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」がNTTドコモやau by KDDI、SoftBankといった携帯電話会社のほか、Apple直営ショップ「Apple Store」や直営Webストア「Apple Online Store」にて9月2日に発売されました。

価格(すべて税込)はすでにまとめて紹介していますが、Apple Storeなどで販売されているSIMフリー版ではiPhone 8で85,104円から、iPhone 8 Plusで96,984円から(ともに64GBモデル)、補償サービス「Apple Care+ for iPhone」を付けるならiPhone 8がプラス15,984円、iPhone 8 Plusがプラス18,144円となっています。

iPhone 8シリーズは昨年のiPhone 7シリーズと同様に2014年の「iPhone 6」シリーズから続く4.7インチと5.5インチの2つのラインナップを採用し、外観やサイズはほぼ同じながら背面がこれまでの金属素材からガラス素材になり、新たにワイヤレス充電に対応しています。

一方で、次世代モデルとして同時に発表され、日本でも11月3日に発売される「iPhone X」に人気が集まり、今年は発表直後に発売されたiPhone 8シリーズの人気はそれほどではないようで、各社の発売記念セレモニーでも行列が少なく、予約数も昨年以下となっている模様です。

とはいえ、iPhone 7シリーズから対応する防水・防塵やステレオスピーカー、そして、FeliCaによる決済サービス「Apple Pay」へもきっちり対応していますし、新開発のA11チップセットやカメラセンサーも新しくなるなど、iPhone Xがホームボタンを廃止してかなり操作面でも変更があるのに対し、従来通りの使用感を求めるなら最高スペックのiPhoneと言えるかと思われます。

そこで今回は、そんなiPhone 8のSIMフリー版(64GBモデル・シルバー)をApple Online Storeにて購入したのでまずは開封してパッケージや外観などを写真で紹介していきたいと思います。


続きを読む

日本からアクセスが容易になったインドネシア・バリ島の電脳通りを訪問!幅広い価格帯が混在し、中国勢が猛威を振るう興味深い市場だ【レポート】


LCC就航で人気が高まるバリ島の電脳通りを紹介!

日本本土から南に約4000kmの位置に所在するインドネシア・バリ島と言えば、日本人からも人気の南国リゾート地です。日本からはガルーダ・インドネシア航空が直行便を飛ばしていましたが、今年に入って格安航空会社(LCC)のインドネシア・エアアジアXが直行便を就航させ、その利便性は高まっています。

筆者は偶然、就航時に開催されたセールにて往復1.5万円のチケットを確保したのでバリ島を訪問しました。そこで今回は、バリ島の携帯電話販売店や現地の携帯電話事情については紹介したいと思います。

続きを読む

東京ゲームショウ2017:なぜこんなところに超個性派ガジェットが!?リベルテがAndroidを搭載したIoT対応のYuanMirror製大判“鏡”「スマートミラー」などを展示【レポート】


突如、TGS会場にAndroid搭載のIoTミラーが降臨!?

千葉県・幕張メッセにて2017年9月21日(木)から24日(日)の4日間に渡って国内最大のゲームやゲーム関連製品やグッズなどが出展される展示会「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催中されています。なお、9月21・22日はビジネスデイ、9月23・24日が一般公開日で、前売り券は販売終了しており、当日券は大人が1,200円、小学生以下は無料です。

ゲームとそれに関する製品やプロダクト・ソリューションの展示を主な目的とした展示会なのではありますが、今回の取材中にAmazon.co.jpなどのECサイトなどでタブレットを販売している企業「リベルテ」のブースにてAndroidを搭載した洗面台などに設置する大判サイズのIoT(Internet of Things)鏡「スマートミラー」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

スターバックス コーヒー ジャパン、ポイントプログラム「STARBUCKS REWARDS」を提供開始!Starを貯めてさまざまな特典が受けられる――スマホなど向けアプリもリニューアル


ゼロから始めるスマートフォン

スターバックス コーヒー ジャパンは19日、同社が展開する全国のコーヒーチェーン「スターバックス」初のポイントプログラム「STARBUCKS REWARDS(スターバックス リワード)」を2017年9月20日(木)より提供開始すると発表しています。

海外で先行して展開していたポイントプログラムを日本でも導入した形で、スターバックスカードで商品を購入すると「Star(スター)」と呼ばれるポイントを貯めることができ、貯めたポイントをドリンクやフード、コーヒー豆などと交換できるという仕組みです。

Starはスターバックス カードによる支払い50円(税抜)あたり1つ貯まります。一方でこれまで「ワンモアコーヒー」でおかわりした場合に100円でしたが、値上げされて150円となりますが、スターバックス リワードを利用すれば従来通りに2杯めのコーヒーが100円になります。

スターバックス リワードにはこの他にも新商品の先行購入などの特典が用意されており(一部はGold Star限定)、手持ちのスターバックス カードをWeb登録することで参加できます。すでにWeb登録済みの場合は自動的に参加となります。

続きを読む

Appleの新スマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」がiFixitによって分解!RAMは8が2GB、8 Plusが3GBと変わらず、電池容量はともに7シリーズよりも1割程度減少


Appleの新しいスマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」がiFixitによって分解!

iFixitは22日(現地時間)、日本時間では9月13日に発表され、9月15日に予約開始、そして先日9月22日に発売されたAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」を分解したレビューを掲載しています。

今回は最も早く発売されるオーストラリア・シドニーで作業が行われ、分解に用いた製品はiPhone 8がA1863、iPhone 8 PlusがA1864とどちらも日本で販売されているモデルとは異なっています。iPhone 7シリーズのときには日本の日経BPで作業されていたので日本モデルでしたが。

Appleが公開している両製品の仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

続きを読む

新スマホ「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」はNTTドコモ版だけでなく、au版やSoftBank版もMVNOロックかかっておらず!SIMロック解除しなくてもその回線の格安SIMで利用可能


iPhone 8およびiPhone 8 PlusはMVNOロックフリーに!au版とSoftBank版でも

本日9月22日に発売された新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」(Apple製)。日本ではNTTドコモおよびau、SoftBankの大手携帯電話会社(以下、MNO)に加え、Appleから直営店「Apple Store」と公式Webストアにて販売されています。

Apple StoreなどのAppleが販売する製品は購入時からSIMロックがかかっていないSIMロックフリー版ですが、NTTドコモ版やau版、SoftBank版はそれぞれ購入時にはSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応しています。

SIMロック解除は昨年10月に総務省によって策定された「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」によって3社ともにすでに購入日から101日後にSIMロック解除ができるようになっています。

なお、NTTドコモでは一括払いで購入した場合は購入日より即日解除手続きが可能、さらに以前にSIMロック解除を行った回線では前回の解除受付日から101日目以降である場合は機種購入日から100日以内の場合でもSIMロック解除の手続きができ、auとSoftBankは12月1日以降から同様の施策に対応します。

一方で、この指針では仮想移動体通信事業者(MVNO)向けのロックを廃止するようにMNOに求めており、8月1日以降に発売する製品は対応することになっています。これに伴って、auの「MARVERA KYF35」と「かんたんケータイ KYF36」ではSIMロック解除を行わなくてもau回線のMVNOが使えるようになっています。

今回、このMVNOロックフリーが以前から実施されていたNTTドコモ版だけでなく、au版やSoftBank版のiPhone 8およびiPhone 8 Plusでも実施されていることがKDDIおよびソフトバンクによって明らかになりました。

これに対し、MVNO側でもSoftBank回線のMVNOを提供する日本通信はSoftBank版のiPhone 8/iPhone 8 PlusをSIMロックされたままで「b-mobile S」が使えることを案内しており、au回線のMVNOを提供するケイ・オプティコムはau版のiPhone 8/iPhone 8 PlusをSIMロック解除せずに「mineo(Aプラン)」で使えるとしています。なお、mineo(Aプラン)の場合にはVoLTE対応SIMが必要で、LTE対応SIMでは利用できないこともお知らせされています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。