S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア

乗り換える?乗り換えない?携帯電話とPHSの番号ポータビリティー(MNP)が10月1日に開始


携帯電話とPHSのMNPが開始!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、ワイモバイルの携帯電話・PHS事業者各社は25日、これまで携帯電話のみで利用できた電話番号をそのままで他社に乗り換える「番号ポータビリティー(MNP)」制度において2014年10月1日(水)より携帯電話とPHSの間でも利用できるようになるとお知らせしています。すでに提供されることが決まっていましたが、あらためて正式に案内が出ています。

また、携帯電話とPHS間のショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続も同日より開始されます。

さらに、PHSサービスを提供するワイモバイルでは圏外・電源OFFなどの通話不能時の着信を通話が可能となった後にSMSで通知する「着信お知らせ機能」の提供を同時に開始するとしています。

続きを読む

ソフトバンク、Xperia Z3専用アクセサリーを「SoftBank SELECTION」で発売!Android Wear搭載スマートウォッチ「SmartWatch 3 SWR50」のホワイトを独占販売


SoftBank SELECTIONでマートウォッチ「SmartWatch 3 SWR50」のホワイトが独占販売!

ソフトバンク コマース&サービスは1日、ソフトバンクグループの公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」においてソフトバンクモバイルから発売されるスマートフォン「Xperia Z3」に合わせ、Android 4.3(開発コード名:JellyBean)以上を搭載したスマートフォンと連携できるGoogleが開発を進めるウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を搭載したスマートウォッチ「SmartWatch 3」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)のホワイト(型番:SWR50/WH)を独占で取り扱い、ソフトバンクショップおよび公式Webストア「SoftBank SELECTION オンラインショップ」のみで2014年11月下旬以降に販売開始すると発表しています。

なお、SoftBank SELECTION オンラインショップではSmartWatch 3のホワイトの事前予約受付を2014年10月2日(木)より開始するとのこと。価格はSoftBank SELECTION オンラインショップで27,000円(税込)。さらに、Xperia Z3用のケースや液晶保護フィルムなど専用アクセサリーを順次発売する予定だとのことです。

続きを読む

実に3年ぶりの新機種!NTTドコモの大人気ケータイ「らくらくホンベーシック4 F-01G」の気になる価格は?


らくらくホンベーシック4 F-01Gの価格を紹介!

既報通り、NTTドコモは30日、2014-2015冬春モデル新商品を発表し、シニアなど向けの簡単に操作できるiモードケータイ「らくらくホンベーシック4 F-01G」を2014年10月4日(土)に発売します。

すでに発表直後の9月30日正午からドコモショップなどにて事前予約を受け付けており、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも価格が案内されていましたので紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ版はおサイフケータイやフルセグ、NOTTVなどに対応!最新エクスペリアスマホ「Xperia Z3 SO-01G」を写真と動画でチェック【レポート】


ドコモスマートフォン「Xperia Z3 SO-01G」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、ソニーモバイルコミュニケーションズ製Androidスマートフォン「Xperia Z3 SO-01G」(以下、SO-01G)を発表した。

発売時期は10月下旬を予定しており、すでに昨日9月30日(火)正午12時からドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されている。価格は正確には公開されていないが、実質負担額が新規契約・機種変更で4万円後半、MNPで1万円程度とのことだ。

SO-01Gは今年9月にドイツで発表されたグローバルモデル「Xperia Z3」のNTTドコモ版で、今夏モデル「Xperia Z2 SO-03F」(以下、SO-03F)の後継機種だ。新たにISO12800に対応したカメラや本体のみでハイレゾ再生が可能になったほか、側面のアルミフレームが一新され、丸みのあるラウンドフォルムで持ちやすくなっている。また、NTTドコモ版では国内向けサービスのワンセグやフルセグ、NOTTV、おサイフケータイ(Felica)など対応している。

今回はこのSO-01Gについて実際に発表会後の展示会場にてタッチ&トライすることができたので写真と動画を交えて紹介する。

続きを読む

シャープ、秋冬スマホに搭載の人工知能「emopa(エモパー)」についての説明会を開催【レポート】


シャープが新スマホ向け情報通知機能「emopa」についての説明会を開催!

シャープは1日、同社の秋冬モデルのスマートフォン(スマホ)に搭載する人工知能”ココロエンジン“の技術をもとに開発した情報通知機能「emopa(エモバー)」の機能と技術についての説明会を開催した。

すでに発表されている機種ではNTTドコモ向け「AQUOS ZETA SH-01G」およびソフトバンクモバイル向け「AQUOS CRYSTAL X」に搭載される。

続きを読む

NTTドコモ、docomo IDにおいて「パスワードリスト攻撃」による不正アクセス被害があったと発表!情報流出は確認できず

shimajiro@mobiler

NTTドコモは30日、同社が提供する認証(ID)サービス「docomo ID」に対して、他社サービスで流出したパスワードを元にした「パスワードリスト攻撃」が行われ、約6000ユーザのアカウントについて不正ログインが確認されたと発表した。

不正ログインによって閲覧された可能性のある情報は、携帯電話番号および契約者氏名、自宅住所、電話番号、DCMXカードの利用履歴、契約内容など。今回の不正ログインでは、クレジットカード番号などの流出は発生していない。

続きを読む

ソニー、8インチコンパクトタブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-Fiモデルを日本国内で11月7日に発売!価格は4万4000円程度から


ソニーが8インチタブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-Fiモデルを発売!

ソニーは1日、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の8インチ液晶搭載Androidタブレット「Xperia Z3 Tablet Compact」のWi-Fiモデルを日本国内にて2014年11月7日(金)に発売すると発表しています。

Wi-Fiモデルは内蔵ストレージが16GBの「SGP611JP/W・B」と32GBの「SGP612JP/W・B」でそれぞれカラーバリエーションがホワイトおよびブラックの2色が販売されます。価格(税抜)はオープンながら16GB版が44,000円前後、32GB版が50,000円前後で、公式Webストア「ソニーストア」では16GB版が43,500円(税抜)および32GB版が49,500円(税抜)となっており、すでに予約販売を開始しています。

また、周辺機器としてスタンド機能付きカバー「SCR28/W・B」(11月下旬発売予定、4,500円前後)やスクリーンプロテクター「ET988」(11月下旬発売予定、1,500円前後)も販売されます。

さらに、Xperia Z3 Tablet CompactのWi-Fiモデルを明日10月2日(木)から銀座・ソニーショールーム、ソニーストア 大阪、ソニーストア 名古屋にて先行展示を実施するということです。

続きを読む

コンパクトボディーながら高性能!4.6インチ液晶搭載のドコモスマートフォン「Xperia Z3 Compact SO-02G」を写真と動画でチェック【レポート】

so02gtop
Xperia Z3 Compact SO-02Gが発売!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製Androidスマートフォン「Xperia Z3 Compact SO-02G」(以下、SO-02G)を発表しました。11月中旬発売予定です。

SO-02Gは同時に発表されたソニーモバイルのフラッグシップスマートフォン「Xperia Z3 SO-01G」(以下、SO-01G)の小型版という位置付けながら、ディスプレイやストレージ、フルセグ・NOTTV対応可否などを除いては、SO-01Gの高性能をそのままコンパクトボディーで体感できるのが特長です。

今回、新商品発表会で実際に触ってきましたので、写真と動画で紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。