S-MAX

NTTドコモ、シャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R2 SH-03K」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「AQUOS R2 SH-03K」がAndroid 9 Pieに!

NTTドコモは16日、昨年6月に発売した「2018年夏モデル」のうちのシャープ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 SH-03K」に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を含むソフトウェア更新を2019年1月16日(水)より提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新にかかる時間は約36分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。

更新後のビルド番号は「02.00.03」、過去のビルド番号は「01.00.02」または「01.00.03」、「01.00.04」、「01.00.05」、「01.00.07」。主な更新内容は以下の通り。

○主なアップデート内容
1)自動調整バッテリー
 自動調整バッテリーを設定すると、使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池が長持ちします。アプリの使用状況は時間の経過とともに、スマートフォンが学習します。

2)ワンタッチ固定
 縦画面に固定中、横画面の表示に変更したいシーンはありませんか?画面に表示されるボタンをタップすることで、ワンタッチで横画面に固定することができます。
 ※本機能に対応したアプリを利用する必要があります。

3)通話音声メモ・伝言メモのSDカード保存
 録音した通話音声メモ・伝言メモのデータを、SDカードに保存することができるようになりました。

4)エモパーの進化
 外出中に端末を耳にあてることで、役立つ情報をお話してくれるようになります。

○改善される事象
5)正常にBluetooth接続ができない場合があります。
6)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年10月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」を1月18日に発売!価格は本体代8万2080円で、ダブルノッチ採用で片手操作しやすく


SoftBankスマホ「AQUOS R2 compact」が1月18日発売!

ソフトバンクは15日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018-2019 冬春モデル」のうちの約5.2インチFHD+(1080×2280ドット)ハイスピードIGZO液晶を搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 compact(型番:803SH)」(シャープ製)を2019年1月18日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体代が一括82,080円、分割なら3,420円/月×24回または1,710円/月×48回となっています。

また月月割が付く場合には-2,140円/月×24回(総額-51,360円)の実質30,720円(分割1,280円/月×24回)となっているほか、48回払いでは「半額サポート」の対象で実質41,040円(分割1,710円/月×24回)となります。

続きを読む

2in1 PCのキーボードを膝上利用する時の問題が決着!?12.5インチFHD液晶搭載の軽量モバイルWindowsタブレット「VAIO A12」を写真と動画で紹介【レポート】


2in1 PCの問題を技術で解決したモバイルノートPC「VAIO A12」を写真と動画でチェック!

バイオが都内にて「経営方針説明会 及び 新製品発表会」を11月13日に開催し、Windows 10搭載のキーボード脱着式2in1パソコン(PC)として個人向け「VAIO A12」および法人向け「VAIO Pro PA」を発表した。

VAIO A12は12.5インチFHD(1920×1080ドット)液晶の2in1モバイルノートPCで、液晶部分を取り外すとタブレットPCとなるほか、取り外したキーボードがワイヤレスキーボードとして利用できる。特に法人向けの利用では、対面での接客業務などに利用できるなど利便性を考慮したものとしている。

主なスペックとして最上位モデルがIntel製チップセット(SoC)「Core i7-8500Y」プロセッサー、16GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、1TB内蔵ストレージ(NVMe SSD)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、3GおよびLTEに対応した無線WAN 、Bluetooth 4.1などだ。

また個人向けの標準仕様モデルではCore i5-8200Y、8GB LPDDR3 RAM、256GB SATA SSDとなっており、価格はソニーマーケティングの運営する「ソニーストア」においてSoCにCeleron-3965Yを搭載し、キーボードがセットになった最小構成モデルが132,800円(税抜)からとなっている。

なお、キーボードユニットにはUSB 3.0×1、USB 2.0×2、1000BAST-Tネットワーク、HDMI×1、D-Sub 15ピン×1、SDXC対応カードスロットが搭載されている。今回はバイオが作る“快”をめざしたデタッチャブルPCのVAIO A12を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

SoftBank向けプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」が予約受付開始!価格は本体代8万2080円で、1月中旬以降に発売予定。ダブルノッチ採用で片手操作しやすく


SoftBankスマホ「AQUOS R2 compact」の気になる価格を紹介!

既報通り、ソフトバンクは11日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018-2019 冬春モデル」のうちの約5.2インチFHD+(1080×2280ドット)ハイスピードIGZO液晶を搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 compact(型番:803SH)」(シャープ製)の予約受付を開始しました。

予約はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて行われ、価格(税込)は本体代が一括82,080円、分割なら3,420円/月×24回または1,710円/月×48回となっています。

月月割が付く場合には-2,140円/月×24回(総額-51,360円)の実質30,720円(分割1,280円/月×24回)となっているほか、48回払いでは「半額サポート」の対象で実質41,040円(分割1,710円/月×24回)となります。なお、発売時期は2019年1月中旬以降を予定しています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:いざ、パスワード管理の要らない世界へ!?生体認証によるオンライン認証システムの現在と未来を考える【コラム】


オンライン認証システムの現在と未来について考えてみた!

みなさんはスマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)でオンラインショッピングをしたことがあるでしょうか。何をいまさら、と思われそうな問いかけですが、それだけ今の世界は日本のみならずオンラインショッピングが当たり前となっています。

オンラインショッピングの世界もインターネット黎明期からずいぶんと進化したもので、今では指紋認証や顔認証といった、いわゆる「生体認証」だけで決済が可能になりつつあります。

とは言え、生体認証による決済が可能なサイトはまだまだ少なく、App StoreやGoogle PlayといったOSプラットフォーマーによるサービスや、一部の大手通信会社の決済程度に留まっています。しかしこの生体認証によるオンライン認証システムや決済システムは確実に裾野を広げつつあり、今後数年で大手ショッピングサイトなどでの採用が増える可能性があります。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はオンライン認証システムの現在とその未来について解説します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。