S-MAX(エスマックス) - スマートフォンとモバイルを活用するブログメディア

東京ゲームショウ2014:展示会イベント恒例!おねいさんやキャラクターたち写真を撮ってきたよ!【前編】

6c3fcff1.jpg
イベント恒例のおねいさん写真を久しぶりにお送りしますよ!その1


千葉・幕張メッセにおいて2014年9月18日(木)から21日(日)まで、世界最大級のゲーム関連イベント「東京ゲームショウ 2014(TGS 2014)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催されました。

TGS2014記事関連の記事の最後を飾るネタは、展示会イベント取材恒例のおねいさん(とその他キャラクターなど)のお写真を撮ってきましたので、ご覧ください!

それでは、さっそくいってみましょう!

続きを読む

iPhone 6などで使えるiOS 8のホームボタン2回押しのアプリ切替画面からの通話履歴&お気に入り連絡先を使ってみよう【ハウツー】


iOS 8ではマルチタスク画面に連絡先履歴などが表示される!

Apple(アップル)の新しいスマートフォン「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」が発売され、すでに購入して利用しているという人も多いかと思います。これらの機種では購入時から最新プラットフォーム「iOS 8」が搭載されており、新機能が使えるようになっています。

前回はそんな新機能の1つのアプリ連携機能「App Extension」を紹介しましたが、今回はホームボタンを2回素早く押すと表示されるアプリ切替画面(マルチタスク画面)の上部に表示されるようになった連絡先履歴およびお気に入りの連絡先について紹介します。

なお、iPhone 6など以外でもiPhone 4S以降やiPad 2以降、第5世代iPod touchでiOS 8にアップデートすれば利用できます。では、さっそくアプリ切替画面に表示される連絡先にお気に入りを追加したり、これらを表示しないようにしたりする方法を紹介していきたいと思います。

続きを読む

KDDI、新しいスマホ「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」をauスマートパス加入時に故障時修理代金をサポートするサービスに追加


auスマートパスの端末故障時の修理代金サポートにiPhone 6とiPhone 6 Plusが追加!

KDDIおよび沖縄セルラーは19日、iPhone向け「auスマートパス」で提供する端末故障(自損・水没)時の修理代金を最大7,800円(税込、2年間で2回まで)サポートするサービスに新たに「iPhone6」および「iPhone 6 Plus」を2014年9月19日(金)より対象機種に加えるとお知らせしています。

サポート代金は「Apple Care +」のiPhone修理代金に相当するため、加入中の場合は実質負担なしで修理が行えます。なお、2014年9月19日以降にiPhone向けauスマートパスに加入した場合も対象となります。

続きを読む

Amazon、Android 4.4 KitKatベースの最新「Fire OS 4」を搭載し、より高性能で軽量になったタブレット「Fire HDX 8.9」を発表!国内でも11月4日に発売予定


Amazonが新しいタブレット「Fire HDX 8.9」を国内で11月4日に発売!

アマゾンジャパンは18日、同社が運営するオンラインストア「Amazon.co.jp」などにおいてタブレット「Fire HDX」シリーズの新しいモデルとして最新プラットフォーム「Fire OS 4(Sangria)」を搭載した8.9インチモデル「Fire HDX 8.9タブレット(ニューモデル)」を日本国内で販売すると発表しています。

すでに予約が開始されており、価格は16GBモデルが40,980円(税込)、32GBモデルが47,180円(税込)、64GBモデルが53,280円(税込)。発売日は2014年11月4日(火)を予定しています。

続きを読む

Amazon、5色のカラバリが用意された低価格タブレット「New Fire HD」シリーズを発表!新たに7インチに加え、6インチモデルも追加――価格はキャンペーンで9980円から

m

Amazonが「Fire HD」シリーズの新しいタブレットを発表!小型の6インチも追加で、10月に日本でも発売

アマゾンジャパンは18日、同社が運営するオンラインストア「Amazon.co.jp」などにおいてタブレット「Fire HD」シリーズの新しいモデルとして最新プラットフォーム「Fire OS 4(Sangria)」を搭載した6インチモデル「Fire HD 6タブレット」と7インチモデル「Fire HD 7タブレット(ニューモデル)」を日本国内で販売すると発表しています。

すでに予約が開始されており、価格は6インチの8GBモデルが11,800円(税込)、16GBモデルが13,800円(税込)、7インチの8GBモデルが16,280円(税込)、16GBモデルが18,280円(税込)となっており、発売開始を記念してキャンペーンにより、6インチの8GBモデルが9,980円(税込)、7インチモデルがAmazonプライム会員なら3,000円OFF、7インチモデルを購入してAmazonプライムに登録すると3,000円分のAmazonギフト券をプレゼントされます。

キャンペーン期間は2014年10月12日(日)まで。なお、出荷次期は2014年10月中旬となっており、現時点では10月16日を予定しています。

続きを読む

Appleの新しいスマホ「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」がiFixitによって分解!内蔵メモリーはともに1GBに


Appleの新しいスマホ「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」がiFixitによって分解!

iFixitは19日(現地時間)、同日に発表されたAppleの新しいスマートフォン「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」を分解したレビューを掲載しています。

Appleが公開しているiPhone 6やiPhone 6 Plusの仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

続きを読む

Amazon.co.jpにてパソコンで「Kindleストア」のコミックや雑誌が読めるWebブラウザー版電子書籍ビューアーアプリ「Kindle Cloud Reader」を提供開始


コミックと雑誌のみだけど、ようやく国内でもパソコンでKindleの電子書籍が閲覧可能に!

大手Webストア「Amazon.co.jp」を運営するアマゾンジャパンは19日、電子書籍配信サービス「Kindleストア」におけるコミックと雑誌をパソコン(PC)などのWebブラウザーで読むことができるブラウザ専用アプリケーション「Kindle Cloud Reader」を提供開始したとお知らせしています。利用料は無料(ただし、コミックや雑誌は一部無料コンテンツを除き、購入する必要があります)。

対応するWebブラウザーはInternet Explorer 10以上およびSafari 5以上、Google Chrome 20以上、Firefox 10以上を利用したパソコン、さらに、iPadにおけるSafari(iOS 5以上)となっています。

なお、コミックおよび雑誌以外の通常の書籍などについては「今後についてはコメントできない」としつつ、「今後もさらなる利便性を追求し、サービスの強化を努めていく」としています。

続きを読む

これは秀逸!使える「LINEのクリエイターズスタンプ」紹介します(第一回)


ITライフハック

開始から3か月が経過したLINEクリエーターズマーケット。一般のクリエイターが自作のLINEスタンプを作って販売できるということで、すでに1万3000件以上のスタンプが公開されている。動物をはじめとしたオリジナルキャラクター、お母さん、子供、忍者におじさんと取り上げている題材は多種多様だ。中にはアニメ作品や企業キャラ、漫画家のイラストといった公式的な意味を持つスタンプなども増えてきており、大盛況といったところだ。

特に驚かされた話題が、先月LINEが公開した本スタンプの販売データだ。売上トップ10の平均販売額は3か月で実に2000万円を超えるという。およそ月額で700万円弱ということだ。上位100名に広げても平均で月に650万円の売上があるという。実に素晴らしい。一般の人たちでも、実力や着眼点次第で、巨額のお金を手に入れることができるということが判明したわけだ。

しかも、半数以上の人がデザインの経験もなく、またPCのペイント系ソフトを使うのではなく、手描きでスタンプを描いている猛者もいるというのだから驚きだ。アイデア次第で一攫千金が狙える夢のようなマーケットが登場したのはうれしい限りだ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。