S-MAX

au向け5Gスマホ「AQUOS zero5G basic DX SHG02」をファーストインプレッション!外観や基本機能などを紹介【レビュー】


auスマホ「QUOS zero5G basic DX SHG02」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け4倍速の高速表示に対応した有機ELディスプレイを搭載したことによって動画やゲームなどのエンタメコンテンツが快適に楽しめる5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS zero5G basic DX(型番:SHG02)」(シャープ製)を9月19日に発売しました。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「au Online Shop」などの直営店では本体価格が81,315円で、かえトクプログラム適用時には残価が33,360円と設定されているため、実質負担額2,085円/月×23回(総額47,955円)となっています。

また機種変更ではau Online Shopや各店舗ともに「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引、au Online Shopでは「au Online Shop お得割」によって新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引されます。そんなAQUOS zero5G basic DX SHG02の実機を試用する機会がありましたので、外観や基本機能を写真やスクリーンショットを交えて紹介したいと思います。

続きを読む

携帯電話サービス「J:COM MOBILE」が人気スマホ「iPhone SE(第2世代)」を販売開始!価格は実質0円から。誰でも公式Webストアで購入可能に


J:COM MOBILEにてiPhone SE(第2世代)が販売開始!価格は実質負担額0円から

既報通り、ジュピターテレコム(以下、J:COM)は17日、NTTドコモやauから回線を借り入れてMVNOとして提供している携帯電話サービス「J:COM MOBILE」( https://www.jcom.co.jp/service/mobile/ )においてiPhone SE(第2世代)を2020年9月17日(木)に発売しています。

販売拠点は公式Webストアおよびジェイコムショップで、取り扱うモデルはフルラインナップの64GBおよび128GB、256GBにおけるブラック、ホワイト、(PRODUCT) REDの本体カラー3色となっており、本体価格は64GBが税抜50,400円(税込55,440円)、128GBが税抜57,600円(税込63,360円)、256GBが税抜67,200円(税込73,920円)。

また新規契約および他社から乗り換え(MNP)の場合に「J:COM MOBILE 端末代割引」が適用され、Aプランの長期タイプSにおける基本データ通信容量が10GBと20GBの料金プランを契約すると、各容量ともに毎月1,050円(税抜)をJ:COM MOBILEの月額基本料金から48カ月間割引され、64GBなら実質負担額0円となります。

さらにAプランの長期タイプSを契約した場合には「J:COM MOBILE スタート割」も適用され、基本データ通信容量が5GBと10GB、20GBの料金プランでは12ヶ月間は毎月1,000円(税抜)がJ:COM MOBILEの月額基本料金から割り引かれます。なお、J:COM MOBILEは9月17日より各料金プランの内容を刷新しているほか、9月24日(木)からはJ:COM TVやJ:COM NETを契約していなくても誰でも公式Webストアで契約できるようになります。

続きを読む

Y!mobileにて口座振替の請求が3千円未満の場合に10月請求分から翌月合算支払いに!割賦代金があるなどは対象外。SoftBankでは5千円未満に変更


ワイモバイルでも口座振替が3,000円未満だと翌月合算支払いに!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は17日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において2020年10月の請求分(2020年10月1日~2020年10月31日に利用され、2020年11月26日の引き落としされる分)より当月の請求金額が3,000円未満(税込)であった場合に翌月の請求分に合算して引き落としをする運用を開始するとお知らせしています。

またソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」ではすでに同様の当月の請求金額が3,000円未満(税込)であった場合に翌月の請求分に合算して引き落としをする運用を行っていますが、2020年10月の請求分から翌月合算引き落としの対象となる当月の請求金額を3,000円未満(税込)から5,000円未満(税込)に変更すると案内しています。

続きを読む

地図サービス「Google マップ」が日本でも自転車ルートに対応!東京や神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡、静岡で利用可能


Google マップの自転車ルートが日本の10都道府県でも利用可能に!

グーグル(以下、Google Japan)は18日、地図サービス「Google マップ」において日本国内の10都道府県(東京、神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡、静岡)で「自転車ルート」機能に2020年9月18日(金)より対応したとお知らせしています。

自転車ルートはルート検索において状況を考慮してできる限り急坂・トンネル・悪路などを避けたコースや自転車レーンを優先的に表示してくれるとのこと。利用するにはGoogle マップでルート検索して「自転車」タブ(ボタン)を押すだけとなっています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:嗚呼、黄昏と哀愁のADSL。サービス終了を控えたADSLが担ってきた役割や価値を振り返り、通信の未来を考える【コラム】


ADSLサービスの終了について考えてみた!

みなさんは初めてインターネットを利用した回線を覚えているでしょうか。筆者は56Kbpsのアナログ回線が初めてでした。あれから20余年、時代とともにISDNやADSL、CATVと徐々に高速な回線へと切り替えながら、現在は1Gbps契約の光回線(FTTH)を利用しています。

この中でも、ADSLを使っていた人はかなり多いのではないでしょうか。NTT東日本およびNTT西日本は、2023年1月31日をもってフレッツ光提供エリア内でのADSLサービスを終了すると発表し、ソフトバンクもまた2024年3月31日にサービスを終了するとしています(Yahoo! BB ADSLなどは、2020年3月より一部地域から順次終了を開始している)。

ADSLとは何だったのか、そしてこれからの時代の通信回線はどうあるべきなのか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はADSLのサービス終了の話題を中心に、通信回線の今と未来を考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。