S-MAX

iPhoneなどのiOSやAndroid向けアプリ「Google フォト」から充電中のみにバックアップするオプションがひっそりと消える!電池消費を抑えるための対策方法は?


Google フォトアプリから充電中のみにバックアップするオプションがひっそりと消えた!

Googleが提供している画像・動画向けクラウドストレージサービス「Google フォト」ではAndroidやiPhoneなどのiOSで使える便利なアプリが提供されています。

アップロードサイズを元のサイズではなく、品質を保ちながらファイルサイズを削減する、「高画質」を設定すれば、無料で容量無制限でバックアップできる優れものです。

そんな優れもののGoogle フォトのAndroidやiOSを搭載したスマートフォン(スマホ)など向けアプリですが、少なくともバージョン「2.17」以降では「2.16」まではあった便利な機能が1つ消えていました。

従来のGoogle フォトアプリのバージョンでは、バッテリーの消耗を抑えるために充電されているときのみバックアップするオプションが存在していましたが、いつの間にかそのオプションがなくなってしまいました。

続きを読む

Apple、次期プラットフォームのiPhoneなど向け「iOS 11」のパブリックベータ版を提供開始!パソコン向け「OS X High Sierrra」はまもなく配信予定


AppleがiOS 11の一般向けベータ版を提供開始!

Apple(アップル)は26日(現地時間)、iPhoneやiPadなどのスマートフォン(スマホ)およびタブレット向け「iOS」の次期バージョン「iOS 11」の一般向けベータ版(パブリックベータ版)を提供開始したとお知らせしています。

なお、MacBookなどのパソコン向け「OS X」の次期バージョン「OS X High Sierra」パブリックベータは近日中に提供予定とのこと。それぞれ今年6月5日に行われた開発者向けイベント「[[WWDC 2017]]」にて[http://s-max.jp/archives/1720650.html[発表]]され、今秋にも正式版がリリース予定です。

すでにWWDC 2017の基調講演終了後から開発者向けベータ版(デベロッパーベータ版)が提供されていましたが、今回新たにiOS 11については一般向けベータ版が提供開始されました。

一般向けベータ版を利用するには「Apple Beta Software Program」( https://beta.apple.com/sp/betaprogram/ )にApple IDで登録し、同意した後、利用したいOSを選び、それぞれ手順に従って導入します。例えば、iOSにおける流れは https://support.apple.com/HT203282 のようになります。

続きを読む

利用料が毎月1500円割引になる「docomo with」対象のエントリースマホ「arrows Be F-05J」は旧世代の同スペック機と比べて結構違う!性能をベンチマークでチェック【レビュー】


実は結構頑張ってる!カタログスペックだけではわからないarrows Be F-05Jの本当の姿を見よ

NTTドコモの「2017年夏モデル」の目玉となる割引施策「docomo with」対象モデルの第1弾として6月1日に発売された新しいスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

前回は同梱品紹介として、開封レポートをお送りしましたが、今回はarrows Be F-05Jをベンチマークアプリで性能をチェックしつつ、ほぼ同等のスペックとして販売されている他のスマホと比較してみました。ほぼ同じのスペックでもメーカーや世代が違うと、どういった結果が出てくるのかに注目してご覧ください。

続きを読む

しゃべってコンシェルで培った日本語対話性能が強みの人工知能技術「ドコモAIエージェント」が各種APIを提供!メインとエキスパート、2つのシステムで人々の生活を支援へ【レポート】


NTTドコモがAIエージェントを用いたオープンパートナー・プログラムをスタート!

NTTドコモは23日、同社の人工知能(AI)技術の基幹となる「AIエージェントAPI」を開発を発表し、その普及促進のスタートとして「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ発表会」を都内にて開催しました。

現在のAI技術分野は音声認識やIoT機器を活用した生活支援がトレンドとなり、すでにGoogleやAmazonなど海外企業による製品化も進みつつあります。日本国内でもLINEが音声認識を活用した端末を発表するなど早くも競争激化の様相を呈していますが、後発となるNTTドコモがこれらの技術や製品に対抗しアドバンテージを勝ち取ることは可能なのでしょうか。

NTTドコモが打ち出すAIエージェントAPIの仕組みやその活用例、そして将来の展望について解説します。


続きを読む

メモアプリ「Evernote for Android」が指紋認証をサポートへ!すでにベータバージョン7.12で利用可能に、正式版は次のアップデートか


Evernote for Androidのベータバージョンで指紋認証をサポートへ!

指紋センサーがスマートフォン(スマホ)に搭載されてからしばらく経ちました。指紋認証などの生体認証は、従来のパスワード認証と違ってより手軽にセキュアな環境を導入できます。

昨今、スマホを狙ったサイバー攻撃が増える中、生体認証への関心は非常に大きくなってきており、指紋認証だけでなく、虹彩認証や顔認証などと対応する認証方式も広がってきています。

そんな中、Evernoteが提供するAndroidなど向けメモアプリ「Evernote for Android」を指紋認証機能に対応するベータ版(Version 7.12)を公開しています。iOhoneなどのiOS向けアプリではすでにTouch IDに対応していただけにようやくといったことろ。

現在、アプリ配信マーケット「Google Playストア」では「Evernote for Android」の最新バージョンはまだ7.11ですが、ベータプログラム「Evernote for Android App Beta Test」に参加すればベータ版の最新バージョンで指紋認証に対応した7.12を利用できます。

続きを読む

ソフトバンクがSoftBank向けスマホ「HTC U11」の事前予約受付をスタート!5.5型WQHD液晶やS835、4GB RAM、おサイフケータイ、防水・防塵などの高性能機種の気になる価格をチェック


SoftBank向け最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の価格を紹介!

ソフトバンクは23日、携帯電話サービス「SoftBank」において今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:601HT)」(HTC製)の予約を開始したとお知らせしています。

予約はソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて行われており、発売時期は2017年6月下旬以降を予定。今回は価格も案内されていたので合わせて紹介します。

続きを読む

PANTONE監修のフレッシュなカラーが目を惹く!ファーウェイのSIMフリーハイエンドスマホ「HUAWEI P10 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


ファーウェイの最新SIMフリーハイエンドスマホ「P10 Plus」をチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)の最新モデルとなる「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」(以下、P10 Plus)を6月9日に発売すると発表しました。価格はオープンながら希望小売価格が78,624円(税込)、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では73,224円(税込)で販売されています。

P10 PlusはOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)、CPUにオクタコアのHisillicon製「Kirin 960」、4GBの内蔵メモリー(RAM)、64GBの内臓ストレージを搭載したハイエンドモデル。新たに2枚のSIMカードを利用できる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応し、また先代の「HUAWEI P9」シリーズで好評だったライカ製レンズを採用したカラー・モノクロからなる2つのカメラを搭載したダブルカメラも引き続き搭載されています。

今回、発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、実際にタッチ&トライした模様を外観を中心に写真や動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

KDDI、堅牢性に磨きをかけてスペックもアップしたau向け超タフネススマホ「TORQUE G03」を6月30日に発売!予約受付中なので、気になる価格をチェック


auのタフネススマホ「TORQUE G03」が6月30日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は26日、今夏以降に発売するau向け「2017年夏モデル」のうちの約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)を2017年6月30日(金)に発売すると発表しています。

また合わせてau公式アクセサリー「au +1 collection」から「TORQUE」シリーズでも好評となっている確実にホールドできるTORQUE G03用純正ホルダー「Hard Holder」を販売し、同梱のベルトとフックでぶら下げられるので、山登りなどの場面でスマートかつアクティブに利用できます。

なお、HELLY HANSENとのコラボレーションモデル「TORQUE G03 HELLY HANSEN LIMITED」の発売日については後日案内するとのことで、7月下旬発売を予定しています。こちらは公式Webストア「au Online Shop」にて限定300台で販売されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。