S-MAX

OPPO、最新プレミアムスマホ「Find X」を発表!飛び出すカメラでノッチのないほぼ全画面デザインの縦長6.4インチFHD+有機ELやS845、8GB RAMなど。ランボルギーニモデルも


最新プレミアムスマホ「OPPO Find X」を発表!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は19日(現地時間)、フランス・パリにあるルーブル美術館にて発表会「Global Launch Event」を開催し、アスペクト比9:19.5の縦長な約6.42インチフルHD+(1080×2340ドット)有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X」を発表しています。

発売時期は1次販売国・地域で2018年8月を予定しており、価格は発表会が行われたフランスなどのヨーロッパでは999ユーロ(約127,000円)。またイタリアの自動車メーカー「Automobili Lamborghini(以下、ランボルギーニ)」とコラボレーションした上位モデルもラインナップされ、価格は1699ユーロ(約216,000円)となっています。

販売国・地域はこれまで同社が参入している中国などのアジアや新たに参入するフランスやイタリア、オランダ、スペインなどのヨーロッパを中心に初の北米でも販売されるとのこと。なお、現時点において日本での発売については明らかにされていませんが、OPPOは今年2月に日本市場に参入しているため、販売される可能性はありそうです。

続きを読む

KDDI,au発表会 2018 Summerで披露されたテレイグジスタンス技術を用いた遠隔旅行イベントを紹介!夏の小笠原諸島旅行を遠隔操作ロボット「MODEL H」で体験しよう【レポート】


auが量産型テレイグジスタンスロボットを使った旅行体験イベントを発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は5月29日、都内にて「au発表会 2018 Summer」を開催し、Telexistence(以下、TX Inc.)が開発した量産型プロトタイプの遠隔操作ロボット「MODEL H」を使ったロボット旅行体験イベントを実施すると発表しました。

遠隔地の映像をただ遠隔操作で見るだけではなく、人間の動きをトレースし物に触れた感覚などもフィードバックするロボットの遠隔操作技術は社名にもなっているテレイグジスタンス(Telexistence)と呼びますが(技術解説はこちらの記事を参照)、本イベントはその量産型プロトタイプロボットを用いた新たな試みとなるものです。

テレイグジスタンスによる旅行体験は人々にどのような感動を与えてくれるのでしょうか。発表会に併設された実演会場の様子などとともにご紹介します。

続きを読む

NTTドコモ、docomo withスマホ「LG style L-03K」を6月22日に発売!価格は一括4万176円で、トレンドの縦長5.5型FHD+液晶やS450、4GB RAM、おサイフケータイ、防水・防塵など


docomo withスマホ「LG style L-03K」が6月22日発売!

NTTドコモは20日、今夏に発売する「2018年夏モデル」のうちのアスペクト比9:18の縦長な約5.5インチフルHD+(1080×2160ドット)TFT液晶「FullVision Display」を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用のエントリースマートフォン(スマホ)「LG style L-03K」(LG Electronics製)を2018年6月22日(金)に発売すると発表しています。

すでに予約受付をドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて実施しており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って2018年6月20日(水)10時より購入手続きが実施されていて、お届けは発売日以降となっていますが、大阪府北部を震源とする地震の影響によって商品到着までに遅延する可能性があるとしています。

価格はは新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が40,176円(1,674円/月×24回)で、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円(税抜)が割り引かれる料金プラン「docomo with」の対象機種です。

また「ドコモ スマートフォン LG style L-03K」購入キャンペーンも実施され、LG style L-03Kを購入してキャンペーンWebサイト( https://www.lgstyle.jp/ )から応募した場合に抽選で Electronics製品(43インチ液晶テレビ:3人、UHD BDプレイヤー:30人)もしくはBTS(防弾少年団)グッズ「LG限定フォトセット(パネルサイズ&カードサイズ)」(3000人)をプレゼントするということです。

期間は購入が2018年6月22日(金)~2018年7月31日(火)、応募が2018年6月22日(金)~2018年8月7日(火)、当選発表は商品の発送(2018年8月中を予定)をもってとなります。なお、購入期間はドコモオンラインショップでは購入テウ続きが開始される6月20日から。法人名義は対象外。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」と「AQUOS EVER SH-02J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoのSHARP製スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」と「AQUOS EVER SH-02J」がAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは20日、シャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」および「AQUOS EVER SH-02J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間はAQUOS ZETA SH-04Hが約70分、AQUOS EVER SH-02Jが約59分、更新後のビルド番号は両機種ともに「03.00.01」。

主な変更点は以下の通りとなっています。なお、変更点はシャープの公式Webサイト「OSバージョンアップ|AQUOS ZETA SH-04Hサポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」および「OSバージョンアップ|AQUOS EVER SH-02Jサポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー機能
2)スマートなテキスト選択
3)ログイン情報の入力が容易に
4)ロックフォトシャッフル機能
5)カメラの機能追加

○改善される事象
6)特定の条件下でGPSのアイコンが点灯したままになる場合があります。
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年5月になります)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

2018年夏スマホでカメラ性能を比較!HUAWEI P20 ProやXperia XZ2 Premium、Galaxy S9+、AQUOS R2、ZenFone 5、OPPO R11s、iPhone Xの注目7機種(UI・風景編)【レビュー】


最新機種のカメラ性能を徹底比較!まずはUIと風景写真をチェック

携帯電話にカメラが搭載されて以降、スマートフォン(スマホ)のカメラ機能は今ではすっかり最も重要な要素として各社がしのぎを削り、日進月歩の勢いで進化し続けている。

特に最近はセンサーやレンズを複数使うことで、“スマホカメラ”ならではの進化を遂げており、今夏モデルでも飛躍的にデュアルレンズカメラの機種が増え、画質の進化もまだまだ向上しているのだ。

そこで今回は今夏モデルの注目機種であるシャープの「AQUOS R2」およびソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)「Xperia XZ2 Premium」、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 5 ZE620KL」、サムスン電子の「Galaxy S9+」、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の「HUAWEI P20 Pro」に加え、アップルの「iPhone X」、OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)の「OPPO R11s」の7機種のカメラテストをしてみた。

まず1回目として、各機種の紹介とカメラアプリ機動画面を紹介しつつ、日中の風景画像を比較していく。なお、Xperia XZ2 Premiumについては発売時期がまだ少し先で開発機を使用しているため、製品版とは異なる場合があるとのことだ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。