S-MAX

NTTドコモ向け“描けるスマホ”の最新プレミアムモデル「Galaxy Not9 SC-01L」を写真と動画で紹介!先代Note8やS9+、S9とも比較【レポート】


docomo向けプレミアムスマホ「Galaxy Note9 SC-01L」を写真と動画でチェック!Note8との比較も

既報通り、NTTドコモが「2018-2019冬春モデル」を発表し、Androidスマートフォン「Galaxy Note9 SC-01L」(サムスン電子製)を10月25日に発売した。価格(税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では本体代が126,360円、月々サポートを適用した2年間の実質負担額は他社から乗り換え(MNP)の場合で68,688円、新規契約や機種変更(契約変更含む)の場合は85,536円となる。

Galaxy Note9 SC-01LはOSにAndroid 8.1(開発コードネーム:Oreo)を採用した高性能なプレミアムモデル「Galaxy Note9」のNTTドコモ版で、基本仕様はチップセット(SoC)がQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 845」、内蔵メモリー(RAM)が6GB、内蔵ストレージが128GB、外部ストレージがmicroSDXCカード(最大512GBまで)、電池容量が4000mAhバッテリーだ。

またディスプレイも「Galaxy」シリーズとしては最大サイズの6.4インチで、お馴染みの発色豊かなSuper AMOLED(有機EL)に縦に長い9:18.5の比率の“Infinity Display”を搭載し、今夏スマホ「Galaxy S9+」と同様に可変絞り+デュアルピクセルセンサーによる暗所に強い広角レンズと、広角カメラの2倍ズーム相当となる望遠レンズのデュアルリアカメラに加え、Galaxy Note9とBluetooth接続することでカメラのシャッターが切れるようになった専用スタイラスペン「Sペン」に新たに対応している。

日本国内向けにはNTTドコモと同様にau向け「Galaxy Note9 SCV40」も同日に発売されており、au版についてはすでに外観や製品概要についてレポートを掲載しているが、今回はNTTドコモ向けのGalaxy Note9の外観に加え、筆者の手持ちであり、先代モデルである「Galaxy Note8 SC-01K」との比較を含めて写真や動画でじっくりと紹介していく。

続きを読む

東京メトロ、スマホなど向けモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」の開始!まずは実証実験で後楽園駅と溜池山王駅で実施。災害時には無償提供も


駅でモバイルバッテリーが借りられる「充レン」がスタート!

東京地下鉄(以下、東京メトロ)は20日、東京電力エナジーパートナーと共同でスマートフォン(スマホ)などの利用者向けにモバイルバッテリーのレンタルサービス「充レン」( https://ju-ren.jp )の実証実験を2018年11月20日(火)から2019年2月28日(木)まで提供すると発表しています。

充レンは外出時における「今、充電したい」というニーズに対して街中に設置したレンタルスタンドにてモバイルバッテリーを手軽にレンタル・返却できるサービスで、実証実験では同社が運行する「東京メトロ」の後楽園駅および溜池山王駅の2駅にレンタルスタンドを試験設置し、駅での利用ニーズや利便性について検証します。

利用は専用アプリなどのダウンロード・インストールは不要で、料金は当日〜2日目24時までが300円、4日目24時までが600円、6日目24時までが900円(ともに税別)。各レンタルスタンドには30個のモバイルバッテリーが配置されており、Lightning・USB micro-B・USB Type-C端子に対応したモバイルバッテリーが用意されています。

また災害等発生時にはレンタルスタンドで保有しているモバイルバッテリーを無償で提供する機能も備えているとのこと。同社では今後、実証実験の結果を踏まえながら、事業化に向けて検討を進めていくとしています。

続きを読む

全日本空輸、マイルが貯まる「ANA Phone」第4弾スマホ「Xperia XZ3」を11月29日に発売!ウルトラギガモンスター+やミニモンスターに対応。各種キャンペーンも


ANA Phone第4弾スマホ「Xperia XZ3」が11月29日発売!

全日本空輸(以下、ANA)とソフトバンクグループのSBパートナーズは19日、ソフトバンクの携帯電話網を利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「ANA Phone」( https://www.ana.co.jp/amc/anaphone/ )に新しいスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を追加すると発表しています。

発売日は2018年11月29日(木)で、価格(税込)は本体代119,040円とSoftBank版と同じ。また新機種の発売に合わせて料金プランを刷新し、SoftBankと同様に対象サービスの通信量がカウントフリーとなる「ウルトラギガモンスター+」や4段階定額の「ミニモンスター」を提供します。

さらに新機種発売を記念し、2019年3月31日までのキャンペーン期間中の契約事務手数料および機種変更手数料を無料とし、ANA Phoneの既存の契約者が機種変更すると2年間毎月200マイルが貯まる「機種変更月々マイル」や、ウルトラギガモンスター+のすべてのデータ通信が2019年4月7日までカウントフリーで使い放題となる「ギガ使い放題キャンペーン」を実施します。

加えて、ANA Phone誕生2周年を記念し、新規契約すると抽選で3万円相当のANA SKYコインプレゼントやANAグループ便の搭乗で1,000マイルをプレゼントするほか、店舗限定でのANAカードマイルプラスダブルマイルプレゼントなどのお得なキャンペーンが行われます。

続きを読む

UQ mobile向け高コスパスマホ「AQUOS sense2」が11月22日に発売!防水やFeliCaなどに対応し、SIMフリーで価格は本体代3万6396円の実質2万6028円


UQモバイル向けにスタンダードスマホ「AQUOS sense2」が11月22日発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は19日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向け「2018年冬モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2(型番:SHV43)」(シャープ製)を2018年11月22日(木)に発売すると発表しています。

販路はUQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」で、UQ mobile取扱店では11月22日より順次、UQモバイルオンラインショップでは11月22日10時から販売開始され、AQUOS sense2はauやNTTドコモも取り扱いますが、UQ mobile版はSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となっています。

価格(税込)はUQモバイルオンラインショップでは本体代36,396円(分割初回1,620円+1,512円/月×23回)で、おしゃべりプランおよびぴったりプランにおけるマンスリー割が-432円/月×24回(総額-10,368円)なので実質負担額では26,028円(分割初回1,188円+1,080円/月×23回)となっています。

続きを読む

KDDI、au向けストレート型ケータイ「INFOBAR xv」を11月29日に発売!価格は本体代5万1840円の実質3万5640円に。深澤氏デザインの卓上ホルダやSIMピンが同梱


auケータイ「INFOBAR xv」が11月29日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は19日、au向け「2018年秋冬モデル」のうちの2003年10月に発売された初代「INFOBAR」発売から15周年を記念したアニバーサリーモデルで、コミュニケーションサービス「LINE」や「+メッセージ」などが利用できるストレート型4G LTEケータイ「INFOBAR xv」(京セラ製)を2018年11月29日(木)に発売すると発表しています。

すでに9月4日よりauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体代が51,840円(分割1,440円/月×36回)の毎月割が-450円/月×36回(総額16,200円)の実質負担額35,640円(分割990円/月×36回)となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。