S-MAX

せうの「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」珍道中:日本の道路の“起点”日本橋でWiMAXと速度を比べてみよう【レビュー】


日本橋でもWiMAX 2+!

原付スクーターが壊れて以来、色々とはかどらなくなってしまった感があるせうです。スクーターで移動しなくなってから、“駆け抜ける喜び”が感じられないことがとりわけ残念であります。

前回は、自宅でファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14」(以下、HWD14)を使ってWiMAX 2+WiMAXの通信速度を比較してみたわけですが、タイトルに「珍道中」と書いてあるにも関わらず、自宅から出ていない、実質“ひきこもり”状態であることに愕然としてしまった次第です。

何とかして外出しないと――そんなことに悩んでいたところ、WiMAX 2+の使えるランドマークにふらりと立ち寄って、WiMAX 2+とWiMAXの通信速度を比較しつつ、HWD14を使う上での“まめちしき”も披露していく、というグッドアイディアがひらめいてしまいました!

今回は、日本の道路の起点となっている東京・日本橋でWiMAX 2+とWiMAXを使い比べてみました。自宅では、受信(下り)はWiMAX 2+優位、送信(上り)はWiMAX優位というある意味“アンバランス”な結果に終わりましたが、今度はどうでしょうか……?

続きを読む

NTTドコモ、疑わしいメールを自動検知でブロックする「迷惑メールおまかせブロック」をドコモメールのIMAP対応などに合わせて12月17日から提供開始


NTTドコモが「迷惑メールおまかせブロック」を提供!

NTTドコモは16日、安心・安全に利用するためのセキュリティーサービス「あんしんネットセキュリティ」(税抜月額200円)の1メニューとして、迷惑メールの疑いのあるメールを自動で検知しブロックする「迷惑メールおまかせブロック」を2013年12月17日(火)より提供開始すると発表しています。

迷惑メールおまかせブロックは、iモードメールと同じ@docomo.ne.jpドメインのメールアドレスを利用できる「ドコモメール」で受信したメールを解析(初期設定値は迷惑メール自動判定機能を利用)し、迷惑メールと判定したものを自動で専用のフォルダに格納するサービスです。迷惑メール対策エンジン「Symantec Message Filter」を採用。

ユーザー自身で難しい設定をする必要がなく、申し込み後すぐに利用することが可能で、クラウド型連絡帳サービス「ドコモ電話帳」との連携機能を装備し、ドコモ電話帳のデータを利用して電話帳に登録されているアドレスからのメールのみ受信する機能や当該アドレスからのメールを迷惑メールと判定しないようにする機能を利用できます。

なお、従来から提供している「迷惑メール対策設定」についても、従来通り、利用できるので、併せて利用することで、よりきめ細かな迷惑メール対策が可能となるということです。

続きを読む

NTTドコモ、@docomo.ne.jpドメインのクラウド型メールサービス「ドコモメール」のWebサービスやIMAP4の対応を12月17日から開始


ドコモメールのWebメールとIMAP対応を12月17日に提供!

NTTドコモは16日、iモードメールと同じ「@docomo.ne.jp」ドメインが使えるクラウド型メールサービス「ドコモメール」を2013年12月17日(火)からパソコンなどのWebブラウザーから利用できるサービスや、IMAP4対応のメールソフトから利用できる機能拡充すると発表しています。

ドコモメールのWebブラウザー版およびIMAP4メールソフト対応は、NTTドコモのサービスを便利に使いこなす鍵となる「docomo ID」を利用して実現します。そのため、利用するには事前にdocomo IDを取得しておく必要があります。

なお、NTTドコモでは同日に「iPhone 5s」および「iPhone 5c」といったドコモ版「iPhoneシリーズ」にもドコモメールを対応させる予定となっています。

続きを読む

ラナ、人気漫画「夏目友人帳」のニャンコ先生をモチーフにしたモバイルバッテリー「ENERGY Pocket」や「Xperia Z1」カスタムカバーを発売


夏目友人帳のにゃんこ先生仕様なモバイルバッテリーとXperia Z1カバーが発売!

ラナは13日、緑川ゆき作の人気漫画「夏目友人帳」のキャラクターであるニャンコ先生をモチーフにしたモバイルバッテリー「ENERGY Pocket(ケータイ充電器)夏目友人帳ニャンコ先生」および「Xperia Z1」用のカスタムカバー2種類を2014年1月より順次発売すると発表しています。

同社直営Webストア「RUN'A TOWN」にて販売され、価格はENERGY Pocketが5,000円(税抜)、Xperia Z1用カスタムカバーがそれぞれ1,800円(税抜)となっています。

続きを読む

Microsoft、開発者向けイベント「Build 2014」を2013年4月2~4日に米国・サンフランシスコにて開催と発表!Windows RTとWindows Phoneの統合はあるのか!?


Microsoftが「Build 2014」を2013年4月2~4日に開催!

Microsoft(マイクロソフト)は13日(現地時間)、毎年開催されている開発者向けイベント「Build」を来年も「Build 2014」として2014年4月2日(水)~4日(金)の2日間に渡って米国・カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターで開催すると発表しています。

参加受付は太平洋時間の2014年1月14日(火)午前9時(日本時間で15日2時)から専用Webページ「Microsoft Build Developer Conference | April 2 – 4, 2014」で開始し、チケットは2095ドル(約21万6,00円)。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。