S-MAX

いつでもどこでもiPhoneで曲作り!「グルーヴシンセサイザーXENON」【iPhoneアプリ】

XENON GROOVE SYNTHESIZER

充実のiPhone・iPod touch用の音楽制作アプリ、app storeを覗いてもとにかく数が多すぎて自分の求めているアプリに出会うのは中々大変です。
今回は、比較的新しい音楽制作アプリ「XENON」を実際に使って、サンプルのパターンを組んだそのサウンドもお届けします。
続きを読む

ウィルコム、「だれとでも定額」の提供地域を拡大!他社携帯電話や固定電話にも通話無料

1f6e233e.jpg

「だれとでも定額」がウィルコム起死回生の施策となるか!?

ウィルコムは、070番号以外の他社携帯電話や固定電話への通話料も定額で利用できる「だれとでも定額」の試験サービスのエリアを9月10日(金)から拡大したことが判明しました。「だれとでも定額」は、1回あたり10分間までの070以外の国内通話の料金が無料になるというサービス。続きを読む

シャープ、中国向けAndroidスマートフォン2機種を発表!国内向けのベース!?

ac34b5fe.jpg

シャープ製フルタッチスマートフォン「SH8128U」(左)および「SH8118U」(右)

シャープは、中国市場向けに3Gに対応したAndroid OSをベースにした「点心(Tapas)」を採用したスマートフォン「SH8128U」「SH8118U」の2機種を発表しています。2010年10月より順次発売開始するとのことです。今後、中国市場向けにスマートフォンを積極的に展開していくとのこと。国内市場にも多くのスマートフォンを出しそうですね。続きを読む

魚偏(さかなへん)の漢字をどれだけ知ってる?「Kanji-さかなへん-」【Androidアプリ】

44c8f506.jpg

合コンや呑み会でも使える魚偏(さかなへん)の漢字当てゲーム「Kanji-さかなへん-」

「Kanji-さかなへん-」は、漢字の魚偏の読みを当てるクイズアプリだ。用意された魚偏の漢字は37問。制限時間は90秒、四択形式で出題される。正しい読みを当て制限時間内に何問正解できるかを競えば合コンや呑み会などで盛り上がること間違いなし!もちろん漢字のお勉強としても役立つアプリだ。
続きを読む

ストレスが溜まったらドカンと一発!「自爆ボタンDX」【iPhoneアプリ】

自爆は男の浪漫だ!(?)

世の中にそんなものは無いはずなのに、そして別にあったとしても使うわけが無いのに、何故か憧れてしまう「自爆ボタン」。そんな自爆ボタンをアナタも持てます!

今回は、iPhone向け“自爆ボタン”アプリ「自爆ボタンDX」を紹介します。続きを読む

ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」にソフトウェア更新が提供開始!キーロガー対策

b2755538.jpg

シャープ製Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」

NTTドコモは、Androidを搭載したシャープ製ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」において9月9日(木)に発表したソフトウェアの脆弱性を修正するバージョンアップサービス「ソフトウェア更新」の提供を13日(月)に開始したことをお知らせしています。続きを読む

初心者から名人級まで楽しめる!「すくえそうですくえない 少しすくえる 金魚すくい」【Androidアプリ】


お祭り気分を味わえる簡単お手軽な金魚すくいアプリ「すくえそうですくえない 少しすくえる 金魚すくい」

「すくえそうですくえない 少しすくえる 金魚すくい」は、スマートフォンを金魚すくいのポイに見立てて金魚すくいをするシンプルなゲームアプリだ。水槽の金魚を全てをすくい切ったら終了するゲームではなく、可能な限りすくい続けるエンドレスゲームとなっているため、空いた時間の暇潰しはもちろん、高得点を目指して本格的にチャレンジすることもできるミニゲームだ。
続きを読む

動画をとことん楽しむ!ソフトバンクモバイル「選べるかんたん動画」【iPhoneアプリ】

dfe60239.jpg
ソフトバンク携帯電話でおなじみの「選べるかんたん動画」がiPhoneでも楽しめる

ソフトバンクモバイルは、スポーツや芸能などの動画を無料で楽しめるiPhoneアプリ「選べるかんたん動画2010」を8月31日から提供開始しました。ソフトバンク携帯電話向けに提供されている「選べるかんたん動画」を、iPhoneでも楽しむことができるようになりました。どんな動画を楽しめるのかは続きをご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。