S-MAX

ドコモスマホ「Xperia XZs SO-03J」を写真と動画で紹介!メモリーが4GBに増量され、Motion Eyeカメラ搭載でスーパースロー動画撮影が楽しい【レポート】


XZから着実なパワーアップを遂げたXperia XZs SO-03Jをチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を開催し、約5.2インチのフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileを備えた、64bit対応クアッドコアCPU、約1920万画素Motion Eyeカメラなどを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs SO-03J(以下、SO-03J)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。

すでに5月26日にドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて発売されており、価格(税込)は本体代85,536円、実質負担額で新規契約および機種変更で32,400円〜、他社から乗り換え(MNP)で15,552円~となっています。

SO-03Jは「Xperia XZ SO-01J(以下、SO-01J)」のマイナーチェンジモデルで、Xperia XZとの違いとしては新開発のMotion Eyeカメラ搭載、スーパースロー動画撮影機能の搭載、内蔵メモリー(RAM)が3GBから4GBへ増量など、auやソフトバンクでも発売されているモデルと同等の進化を遂げています。

今回は発表会における展示会場でSO-03Jの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真と動画でチェックしていきます。


続きを読む

KDDIの旗艦店「au SHINJUKU」で最新スマホ「Xperia XZs SOV35」や「Galaxy S8 SCV36」、「Galaxy S8+ SCV35」の実機展示を開始!さっそく訪問して新製品を写真で紹介【レポート】


新宿でau向け「2017年夏モデル」のXperia XZsとGalaxy S8・S8+を先行展示!

既報通り、KDDIが5月24日より東京・新宿に展開する旗艦店「au SHINJUKU」など5店舗にて「2017年夏モデル」のスマートフォン(スマホ)を先行展示しています。au SHINJUKU以外では「au SENDAI」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」。

展示されている機種は取材時においてはサムスン電子製「Galaxy S8(型番:SCV36)」「Galaxy S8+(型番:SCV35)」とソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZs(型番:SOV35)」の計3機種。さっそく、au SHINJUKUを訪れて実機を触ってきたので各機種のファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む

HTC NIPPON、握って操作するAI搭載の最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の体験会を開催!国内ではauとSoftBankから発売予定【レポート】


握って操作が可能な美しい最新スマホ「HTC U11」を一足先に体験!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONは24日、都内にてメディア向けの製品体験会を開催し、日本でも発売予定のHTCのフラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」をお披露目しました。

HTC U11は5月16日に台湾にて発表され、日本国内でもすでにブロガーなどのファン向けに「HTC サポーター キックオフイベント」にて初お披露目されていましたが、改めてメディア向け体験会が実施されました。

主な仕様はフラグシップにふさわしい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶「Super LCD5」ディスプレイやSnapdragon 835プロセッサー、64GB内部ストレージ、4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、IP67等級の防水・防塵や国内向けにはおサイフケータイ(FeliCa)を搭載します。

また日本市場では今回展示された「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」のほか、「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色展開の予定で、海外向けにはこれらに加えさらにソーラーレッド(Solor Red)が販売されます。

今回はメディア向けの製品体験会で紹介されたHTC U11の特長や、タッチ&トライで体験した印象などを紹介したいと思います。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2017:ナビタイム、交通規制情報など大型車向け機能に特化したカーナビアプリ「NAVITIME トラックカーナビ」を展示【レポート】


大型車ドライバーの仕事にとっても便利な大型車向け機能充実のNAVITIMEのトラックカーナビアプリを紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2017年5月24日(水)から5月26日(金)の3日間に渡ってネットワークやモバイルインフラ、IoTビジネスなどの無線・モバイルに関連する技術や製品、サービスの展示会イベント「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

同展示会はリックテレコムおよび日本イージェイケイが主催し、併催展示会イベントとして「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」や「ワイヤレスIoT EXPO2017」、「運輸・交通システムエキスポ2017」、「ドローンソリューション&技術展2017」が同時に実施されました。

モバイルに関する技術展示やソリューションなどが展示されるということで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」も毎年取材していますが、今年もさっそく行ってまいりましたので、会場内のブースレポートを数回に分けてお送りいたします。

本記事ではスマートフォン(スマホ)や携帯電話向けのナビゲーションアプリなどでお馴染みの「NAVITIME(ナビタイム)」のブースにて展示されていました運送用トラックなどの大型車両向けに特化したカーナビゲーションアプリ「NAVITIME トラックカーナビ」を紹介します。

続きを読む

難しい設定や下準備不要で画像や動画を簡単にやりとりできて便利!PhotoFastの4-in-1なmicroSDカードリーダー「iType-C Reader」を使ってみた【レビュー】


写真や動画が簡単にやりとりOK!マルチOS対応のお手軽microSDカードリーダーを紹介

ここ最近はスマートフォン(スマホ)やケータイのカメラも高性能・高画素なものになり、撮影した写真や動画のファイルサイズは非常に大きいものとなっています。みなさんは、そんな写真や動画をどうやって友人・知人と共有しているでしょうか?

TwitterやFacebook、LINEなどといったSNSアプリでは一部そのまま共有できますが、場合によって画像や動画の画像サイズが縮小されたり、圧縮されるなど、オリジナルのままでやりとりするには向きません。

一方、DropboxやOneDriveなどのクラウドストレージサービスで公開フォルダを設定している場合なら、オリジナルの画像や動画を共有することもできますが、ライトユーザーにはクラウドストレージアプリの設定は難しいですし、何よりWi-Fiを使わないと携帯電話サービスの高速パケット通信量も大きく使用してしまいます。

また、Wi-Fi DirectやAirDropなどを使ってのファイル転送は便利ですが、使っている製品間で対応していない場合は送れませんし、Bluetoothだと転送に時間かかってしまったりします。

そんな場合にあらゆるOSと接続端子に対応し、スマホやタブレットなどに差し込むだけでファイルのやりとりを簡単に行うことのできるとっても便利な周辺機器「i-Type-C Reader」を紹介します。


続きを読む

トリニティ、SIMフリーのAndroidスマホ「NuAns NEO [Reloaded]」が公式にモバイルSuica対応と案内!5月下旬発売予定で、出荷日は別途発表に


モバイルSuicaに対応したSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」はまもなく発売に!

トリニティは25日、今年2月に発表して5月下旬に発売を予定している新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」が公式におサイフケータイ(FeliCa)のうちの「モバイルSuica」に対応したことをお知らせしています。

NuAns NEO [Reloaded]は発表時からおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているものの、具体的なサービス名については案内を控えてきましたが、今回、モバイルSuicaを提供する東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)にて動作確認されたことで正式に対応を表明したものとなります。

また発売日については別途案内するとしており、同社代表取締役社長の星川 哲史氏のTwitterでの投稿を見る限りこの段階でも5月下旬発売を延期するというような感じではないため、発売=出荷開始も含めて5月中に出荷されそうな感じではあります。

続きを読む

DSDSやVoLTEに対応し、アルミ削り出しボディーながら2万円台半ばのSIMフリースマホ「VAIO Phone A」の使い心地は?1ヶ月使ってのカメラや総評をまとめて紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」のレビュー!最終回はカメラや全体的な使い勝手をチェック

VAIO(バイオ)から4月に発売されたSIMフリースマートフォン(スマホ)「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」ですが、購入から約1ヶ月が経過し、途中、不具合が発生して修理に旅立ったりもしましたが、筆者が普段持ち歩く複数台のスマホのうちの1台として活躍中です。

そんなVAIO Phone Aのレビューも今回で第3回目となり、第1回目の開封レポート、第2回目のデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やVoLTEなど気になる点の紹介に続いて、よく使う「カメラ」をはじめとする全体的な使用感をご紹介していきたいと思います。

続きを読む

ソニーが「Xperia X」や「Xperia X Compact」といったミッドハイレンジシリーズを廃止へ!2017年後半にフラッグシップスマホ2機種も投入予定、再びコンパクトハイエンド復活か


ソニーが2017年度経営方針説明会を実施!スマホ事業は黒字化

ソニーは23日、都内にて「2017年度 経営方針説明会 - 中期経営計画の着実な達成と持続的な高収益・価値創出を目指して-」を開催し、モバイル・コミュニケーション分野およびスマートフォン(スマホ)事業ともに2016年度は黒字化を達成したものの、スマホの販売台数は当初見通しより大幅に減少し、中でも「Xperia X」や「Xperia X Compact」といったミッドハイレンジクラス「プレミアム・スタンダード」の達成率が悪いため、2017年度以降は投入しないことを明らかにしています。

また2017年度以降の取り組みとしてソニーらしい技術で商品を差別化し、強みを持つ市場への一層の集中を行うとし、すでに発表している「Xperia XZs」や「Xperia XZ Premium」に加え、2017年下期に新たなフラッグシップモデルを2機種投入するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。