S-MAX

決済サービス「PayPay」にて最大50%還元キャンペーンが2月1〜29日に実施!サンマルクカフェやサーティワン、すき家、𠮷野家、松屋、Coke ONなどの飲食が対象


PayPayで全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン!

ソフトバンクグループおよびソフトバンク、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)の共同出資会社であるPayPayは17日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「PayPay」において全国6500以上の対象飲食店や21万台以上の自動販売機での支払いで決済額の最大50%分がPayPayボーナスで還元される「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」を実施すると発表しています。

期間は2020年2月1日(土)0:00から2月29日(土)23:59まで。対象店舗・自動販売機はサンマルクカフェやサーティワン アイスクリーム、すき家、𠮷野家、松屋、松のや、松乃家、チキン亭、マイカリー食堂、ヽ松(てんまつ)、松そば、ステーキ屋松、はなまるうどん、うまげな、さぬき麺屋、つるさく、日高屋(一部券売機店舗を除く)、中華一番、来来軒、らーめん日高、ちゃんぽん 菜ノ宮、Coke ON。

付与予定キャンペーンはPayPay残高での支払いが対象で、クレジットカード(ヤフーカード含む)での支払いは対象外。ただし、ヤフーカードはPayPay残高へのチャージができ、チャージしたPayPay残高での支払いは対象。還元率はSoftBankおよびY!mobileのスマホユーザー、Yahoo!プレミアム会員が50%、それ以外が40%。

還元上限は1回の決済当たり500円分まで、期間中全体で1,500円分までとなっています。付与予定日は支払日の翌日から起算して30日後。なお、このキャンペーンは毎月実施しているキャンペーン「いつもどこかでワクワクペイペイ」(2020年2月)として開催され、3月は対象のスーパーマーケットでお得に買い物ができるキャンペーンを実施する予定だということです。

続きを読む

KDDI、データ容量上限なしのau向け料金プラン「auデータMAXプランPro」を1500円値下げして月額4480円からに!テザリング時の制限も30GBまでに緩和


auデータMAXプランProが2月利用分から値下げ!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、携帯電話サービス「au」における月間データ容量上限のないスマートフォン(スマホ)など向け「auデータMAXプランPro」の利用料金を2020年2月1日(土)より月額1,500円値下げすると発表しています(金額はすべて税別)。

これにより、通常9,150円/月だったauデータMAXプランProが通常7,650円/月となり、2年契約Nで月額170円OFF、家族割プラスで2人なら月額500円OFF、3人なら月額1,000円OFF、auスマートバリューで月額1,000円OFF、スマホ応援割プラスで月額1,000円OFF(申込翌月から6カ月間)によって4,480円/月からとなります。

また「auの学割」をauデータMAXプランProで加入すれば、さらに月額1,000円OFFとなって3,480円/月から使えます。さらにauデータMAXプランProにおける「テザリング」や「データシェア」、「国際ローミング通信」を利用する場合の月間データ容量上限を10GB増量して30GBとするとのこと。

なお、また月間データ容量に上限がなく動画配信サービス「Netflix」の「ベーシックプラン(通常800円/月)」がセットで月額4,880円から利用できる「auデータMAXプラン Netflixパック」も引き続き提供するということです。

続きを読む

Unihertz、QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「Titan」の一般販売を公式Webストアにて開始!2月18日より順次発送で、予約受付中。価格は約3.5万円


QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「Unihertz Titan」の一般販売の予約がスタート!

Unihertz(ユニハーツ)は16日(現地時間)、同社のQWERTYキーボードを搭載した最新スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」を2020年2月18日(金)より公式Webサイトにて一般販売するとお知らせしています。また発売に先立って一般販売の予約受付を1月17日(金)より実施するとのこと。

価格は通常339.99ドル(約37,000円)のところ予約販売分は20ドルOFFの319.99ドル(約35,000円)となっています。クラウドファンディングサイト「KickStarter」では199ドル(約22,000円)から、早期支援による割引のない数量が限定されていない支援では259ドル(約29,000円)でしたのでさすがに若干高くなっています。

なお、同社の製品は日本ではこれまで総合オンラインストア「Amazon.co.jp」などで販売されていますが、現時点では公式Webサイト以外での販売開始時期は未定とのこと。その他、Unihertz Titan向けに初のソフトウェア更新も配信開始されています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「Xperia 1」と「Xperia 5」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「Xperia 1」と「Xperia 5」がAndroid 10に!

ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに販売しているソニーモバイルコミュニケーションズ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1(型番:802SO)」および「Xperia 5(型番:901SO)」に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年1月16日(木)より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新の完了までに最大40分程度かかる場合があり、内蔵ストレージの空き容量が約1.5GB以上必要とのこと。なお、更新にかかる通信料は無料ですが、更新ファイルサイズが大きいのでWi-Fiが推奨されています。

更新後のビルド番号は両機種ともに「55.1.B.0.167」。主な更新内容は以下の通りですが、より詳細な内容はソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webページ『ソフトバンク Android(アンドロイド)10 対応 OSバージョンアップ | ソニーモバイル公式サイト』を参照するよう案内されています。

・Android 10へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。


続きを読む

Sony Mobile、2月24日にMWC Barcelona 2020でプレスカンファレンスを開催!Xperiaの次期フラッグシップスマホを発表へ。ライブ中継も実施


ソニーモバイルが2月24日にプレスカンファレンスを開催!次期Xperiaを発表か

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は15日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2020年2月24日(月)から2月27日(木)まで開催される「MWC Barcelona 2020」にて現地時間(CET)の2020年2月24日8:30よりプレスカンファレンスを開催すると報道関係者向けに招待状を送っています。

GSMArenaなどの海外メディアが伝えており、赤いシルエットが描かれています。毎年、MWCでは同社の「Xperia」シリーズの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)が発表されているだけに今年も同様に次期Xperiaが発表されるものと予想されるので期待したいところです。

なお、プレスカンファレンスの模様は同社の公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/user/sonyxperia )にてライブ中継も実施されるとのこと。日本時間(JST)では2月24日16:30から。ソニーではソニーモバイルが「Hall 3 Stand 3M10」にて出展するほか、Sony Europeも「Hall 4 Stand 4E2Ex」や「Hall Congress Square Stand CS136」などにて展示を行う予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。