S-MAX

本日開始!NTTドコモのボイスメール「声の宅配便」をXperia arcで試してみた

3dd3358b.jpg

ボイスメール「声の宅配便」を試してみた!

NTTドコモが本日22日から開始したボイスメールサービス「声の宅配便」。携帯電話のみならず、スマートフォンを含むすべてのFOMA音声機種で利用でき、通話料はかかるが手軽な操作によって声で相手に用件を伝えられるというメリットがある。

もちろん、これまでも留守番電話サービスを利用すればよかったが、声の宅配便は通話料のみで利用料や申し込みは不要で利用できるのだ(ただし、「ファミ割MAX50」に加入している場合に、同一ファミリー割引グループ内へのメッセージの録音は無料となる)。

今回、スマートフォンでも利用できるということなので、実際に「Xperia arc SO-01C」で試してみた。なお、スマートフォン向けにはAndroid用アプリが4月下旬に提供予定となっているので、アプリが配信されたら再度試してみたい。

続きを読む

ハマルとやばいぞケロケロ!簡単そうで意外と難しいコインゲーム「Frog Toss!」【iPhoneアプリ】

5fbee722.jpg
狙いを定めて!

今回紹介する「Frog Toss!」は5つの的(蓮でしょうか)がぐるぐる回っているので狙いを定め、カエルを着地させるゲームになっています。コインゲームのカエルバージョンです。
的、カエルをジャンプさせる方向の2つのタイミングを上手く狙ってアイテムをゲットしていくルールになっています。

いざやってみると、これがまたなかなか苦戦します。カエルの数にも制限があるのでよく考えてジャンプさせないと大変です。

では、早速紹介してみたいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、Android用「海外パケットし放題」の設定アプリを提供開始!対象国も追加

0063fb7f.jpg

海外パケットし放題のサービスが拡充!

ソフトバンクモバイルは、21日、海外でも快適にパケットデータ通信を行うために提供している海外でのパケット定額サービス「海外パケットし放題」をAndroid搭載スマートフォンやタブレットで利用する場合において、各種設定が簡単にできるアプリケーションを本日2011年4月21日(木)からAndroidマーケットにて配布開始したことを発表しています。

また、海外パケットし放題の利用可能エリアに、新しくカンボジア、ベトナム、イスラエル、ポーランド、ルクセンブルク、ガーナ、南アフリカの7か国を追加するとのことです。これで60の国・地域で利用可能となっています。

さらに、エイチ・アイ・エスが海外で展開する60支店でソフトバンクモバイル携帯電話向け無料充電サービスを提供していますが、同じく本日からハワイの11箇所のホテルでも無料充電サービスを提供開始するとのことです。

続きを読む

基板好きにはたまらない!バイナリ時計で時間も分かる「サーキットボードのライブ壁紙(Free)」【Androidアプリ】

6eef51c0.jpg

サーキットボードのライブ壁紙

サーキットボードとは、トランジスタや抵抗器、コンデンサーといった電子部品を集積・配線するための基板で、いわゆるプリント基板と呼ばれているものだ。今回はそのサーキットボードをテーマにした「サーキットボードのライブ壁紙(Free)」を紹介する。

続きを読む

東芝、Android 3.0 Honeycomb搭載10.1インチ「レグザタブレット AT300」を発表!6月下旬発売

c2b90b69.jpg

レグザタブレット AT300が発表!

東芝は、20日、最新プラットフォーム「Android 3.0(開発コード名:Honeycomb)」とグラフィック処理性能に優れたプロセッサ「NVIDIA Tegra 2 1GHz」を搭載した10.1インチタブレット「レグザタブレット AT300」を2011年6月下旬に発売することを発表しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。