S-MAX

ドコモの光学3倍ズーム搭載タッチパネルケータイ「SH-05C」を写真&動画で紹介!

96b3a62f.jpg

スマートフォンにスポットが当たる中で際立つPROシリーズ

8日、NTTドコモから2010年冬~2011年春モデルが発表された。各社とも本腰をいれてきた感が垣間見えるスマートフォンラインナップであり、世間の注目も今冬、来春のスマートフォンに焦点がとられている中、特徴際立つ「まね出来ない」PROシリーズがその存在感をしめしていた。

今回は「カメラ」に焦点をあてたPROシリーズが多かった中、スリムなボディに光学3倍ズームを実現した「SH-05C」を写真、動画でチェックしていこう!

続きを読む

通話するのは恥ずかしい!?完全デジカメスタイルのデジカメケータイ「L-03C」を試す


見た目はレンズも飛び出す完全デジカメスタイル!

NTTドコモが8日に2010年冬から2011年春にかけて発売する新商品を発表しました。その中で、通常音声機種であるiモード対応機としてこれまで以上にカメラ機能に注力した“完全デジカメスタイル”の「docomo PRO series L-03C」がラインナップされていました。今回は、L-03Cを発表会で試してきたので写真を中心に紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンクスマートフォン「HTC Desire X06HT/X06HTII」がOSバージョンアップ後に不具合


HTC製のDesire(X06HT/X06HTII)に不具合事象が確認された

ソフトバンクは11/8(月)、HTC製のスマートフォン「Desire(X06HT/X06HTII)」に不具合が発生するケースがある事を発表した。今回発表された不具合の事象は、X06HTおよびX06HTIIでAndroid OSのバージョンを2.2へアップデートした後、Androidマーケットのアイコン表示がされなくなるというもの。

全ての端末が対象ではなく、事象が発生した端末のみが対象となっており、11/8以降にAndroid 2.2へアップデートした場合も対象外となる。同事象が発生した端末は、端末内の必要なデータをユーザー自身でバックアップした後、工場出荷時の状態にリセットを行うことで解消される。工場出荷時の状態に戻すための操作方法は以下の通り。

続きを読む

いつもと違うネクタイの結び方をマスターしよう!「Knot Tie」【iPhoneアプリ】

新しいネクタイの結び方をマスターしよう!

毎日同じネクタイの結び方をしていませんか?たまには違った結び方をしてみるのも新鮮でいいと思いますよ♪

シャツとのカラーコーディネートもできるので持ってるシャツにどのカラーのネクタイが合うのかも、ネクタイに何色のシャツが合うのかもカラーコーディネートすることができます。

イラストで結び方を見ることができるので毎日ネクタイをする方も、たまにネクタイをする方も挑戦してみてください♪

旦那様にネクタイを結んであげてる奥様も必見です♪では、ネクタイの結び方がマスターできる「Knot Tie」の紹介をしてみたいと思います!

続きを読む

迫力の3D動画やFlash動画も!ドコモマーケットが動画コンテンツを大幅拡充

movie_top
ドコモマーケットの動画がさらに充実!

NTTドコモは11月8日は新商品発表会において、ドコモマーケットのスマートフォン向け動画コンテンツ拡充を発表しました。

「スマートフォン動画」では、LYNX 3Dで見られる3D動画「横峯さくらの迫力ショット3D」や、GALAXY S・GALAXY Tabで見られる「テレ朝動画」・「TBS NEWSi」などFlashを使った動画など、動画コンテンツが大幅拡充となります。また、ピエール瀧扮する「アプリエール瀧」が活躍するアプリ紹介動画が「世界のアプリ方」と題し、装い新たになります。ドコモのスマートフォンユーザーのみが見られる動画が一気に増加することになります。続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。