S-MAX

【全方位でネクストステージに進むNTTドコモ新商品発表会をまとめて振り返る】


スマフォからケータイまですべてで前進!

先週の月曜日、8日にNTTドコモが2010年冬から2011年春に発売される新商品を発表しました。auおよびソフトバンクモバイルは、良くも悪くもともに「Android」を強くアピールした発表会となっていましたが、一方で、ドコモはスマートフォンに注力するということは同じでしたが、同時に従来のケータイも、そして、次世代高速通信LTEを採用した「Xi」もと全方面で“ネクストステージ”に向かうことが強調されていました。

auが23機種、ソフトバンクモバイルが24機種とラインナップを揃えてきましたが、さすがに最大手のドコモはこれまでで史上最大の28機種72色を揃えてきました。サービスでも、Evernoteとの連携やドコモマーケットの動画コンテンツを拡充などをアピールしていましたが、もう一度、各記事で発表内容を振り返ってみましょう。

続きを読む

観たい番組を逃さない!?カスタマイズできる「テレビ番組欄」【iPhoneアプリ】

約150ものチャンネルがチェックできる!

「テレビ番組欄」はCS放送の番組がチェックできます。11月末までには地上波、BS放送にも対応予定の無料アプリです。
既にCS放送を視聴されている方はもちろん、これから検討される方、11月末には地上波、BS放送にも対応予定とのことなので、ダウンロード候補にいががでしょうか?

では、早速「テレビ番組欄」の紹介をしてみたいと思います。

続きを読む

ドコモスマートフォン「GALAXY S」のカメラ機能をチェック【レビュー】


GALAXY Sのカメラの使い勝手は如何程?

発売から10日以上経ったものの、多くの店で売り切れている状態のAndroid 2.2(Froyo)を搭載したドコモスマートフォン「GALAXY S SC-02B」。

今回はGALAXY Sに内蔵しているカメラのレビューをお送りします。続きを読む

KDDI、Android向け「Skype au」の利用料金を発表!IS03でSkypeを試した【写真&動画で紹介】


Skype auはSkype同士なら2011年11月末まで無料!

KDDIは8日、au向けAndroid搭載スマートフォンにおいて通話やインスタントメッセージ(チャット)が利用できる「Skype au」サービスを「IS03」の発売と同時に開始することを発表しました。IS03が11月下旬発売予定で、まだ発売か発表されていませんので、具体的にいつからかはこれからですね。利用料金についても発表されました。

また、IS03でSkypeを試す機会がありましたので、写真と動画で紹介しておきます。

続きを読む

【今週のオススメ「iPhoneアプリ」特集:2010年11月7~13日編】


2010年11月7~13日に紹介したオススメ「iPhoneアプリ」!

今週は、ソフトバンクモバイルから「HTC Desire HD 001HT」が発売になったり、各種Android搭載デバイスの予約がはじまったりと、Androidがかなり盛り上がってきていますね。一方で、iPhoneは、先々週の10月27日に「iPhone 4」のホワイトモデルの発売を2011年春以降に再々延期することを発表していました。

実は、iPhone 4のホワイトモデル狙いで、現状、iPhone 4を見送っている編集長はかなり発売されて買うのだろうかと悩んでいるそうです。ここまで伸びるとは……。本当に発売されるんだろうか……。

そんな状況とは関係なく、ブラックモデルを購入した多数のエスマックスライター陣によるオススメiPhoneアプリ紹介を一気に見ていきましょう!!!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。