S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:巨大災害への備え、万全ですか?今こそ確認しておきたいモバイル機器の省電力設定や災害時に役立つモバイルアイテムを紹介!【コラム】


災害による停電時に便利なモバイルグッズとお役立ちTIPSを紹介!

6日午前3時6分頃、北海道胆振地方付近を震源とする地震が発生しました。震度は厚真町で震度7、むかわ町と安平町で震度6強を観測するなど非常に激しい揺れに見舞われ、各地で壊滅的な被害が発生しました。この地震の影響で道内の電力供給がストップし一時的に道内全域で停電状態に陥るなどライフラインの致命的な途絶が発生しましたが現在は徐々に回復傾向にあり、最悪の状況だけは回避した様相です。

通信関連においても電源の途絶や土砂崩れおよび地面の液状化現象による通信基地局の故障と停止が相次ぎ、かろうじて非常用電源で可動していた基地局においてもバッテリー切れによる機能停止に追い込まれました。NTTドコモでは大ゾーン基地局が史上初めて稼働するなど一時は非常に厳しい通信環境へ陥りましたが、こちらも電力の回復とともに徐々に復旧が進み始めています。

今年は地震や台風による大災害が日本全国で立て続けに発生し、改めて日本が天災の多い国であることを痛感させられた気分です。このような大災害に見舞われた時、人は改めて「連絡が取れる」ことのありがたさを思い出し、そして平時に当たり前のように通信ができていることの素晴らしさを実感します。

通信会社各社が地道な努力によって通信というライフラインを保つ中、私たち一般人は災害時の連絡手段に対してどのような対策と備えができるでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は災害などで電力供給や通信回線が途絶する事態に備え、私たちにできることや用意しておくと便利なグッズなどをTIPSとしていくつかご紹介します。

続きを読む

一眼カメラに迫る作例で「HTC U12+」のカメラ機能をアピール!HTCファン向けイベントでのカメラ機能プレゼンテーションを写真と動画で紹介【レポート】

HTC U12+のカメラ機能を台湾の写真家 李正揚氏が紹介

既報通り、HTC NIPPONは7月20日、防水・防塵に対応したハイエンドのSIMフリースマートフォン「HTC U12+」(以下、U12+)を発売した。

主なスペックとしてアスペクト比9:18の約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)ISP液晶「Super LCD 6」(約537ppi)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 845(SDM845)」、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージを搭載し、日本市場でニーズの高い防水・防塵(IP68等級)に加え、日本向け仕様としておサイフケータイ(FeliCa)にも対応する。

さらに側面を握ることで様々な機能を呼び出すことができる「エッジセンス」という、HTCらしい独自機能を搭載する。U12+では「エッジセンス 2」に進化し、握るだけではなくタップして操作できるなど、より便利に使えるようになっている。

家電量販店などでは102,600円(税込)、MVNOとの回線契約とセット購入の場合は多少の割引があり10万円を切る価格で購入可能である。

今回は、6月27日に開催されたファン向けのタッチ&トライイベントの中からカメラ機能について紹介していく。


続きを読む

UQモバイルを15日間無料で試せる「Try UQ mobile」がより手軽に申し込めるように!申込パッケージがアマゾンで無料注文したり、期間限定で店舗配布に


Try UQ mobileが期間限定で店舗配布!Amazon.co.jpでは無料注文が可能

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は9日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )における「Try UQ mobile」の申し込みを全国のUQ mobile取扱店でも2018年9月7日(金)から2018年11月30日(金)まで受け付けると発表しています。

Try UQ mobileはUQ mobileを契約前に通信速度やエリア環境、手持ちのスマートフォン(スマホ)などの機器における動作確認などを15日間無料で試せるトライアルサービスで、UQ mobileのSIMカードだけでなく、対象のスマホなどの機種を同時にレンタルすることもでき、新しいスマホのチェックにも使えます。

従来は公式Webページ( https://www.uqwimax.jp/beginner/mobile/tryuqmobile/ )のほか、Amazon.co.jpで無料で「Try UQ mobile お申し込みパッケージを注文することで利用できましたが、新たに店舗にて申し込むことができるようになります。

なお、Amazon.co.jpの製品ページでは1円と表記されているものの、実際に注文時点では0円となって無料で取り寄せることが可能。また同社では手持ちのスマホなどを試す場合には対応するSIMカードを確認するよう案内しています。

続きを読む

KDDIが16台のカメラでスポーツクライミングの自由視点映像を配信!auが取り組むVRなどを含めた次世代のライブ中継の裏側を写真と動画で解説【レポート】


自由視点映像で新たなスポーツ観戦の楽しみ方を提案!

KDDIがスポーツクライミングの祭典「ADIDAS ROCKSTARS TOKYO 2018」を「auサービスTOP」および運動通信社と共同運営する「スポーツブル」にて8月5日にライブ配信を行った。

今回の配信において「ROCKSTARS 決勝」と「ROCKSTARS SUPER FINAL」では、通常のライブ中継の映像のほかに会場に設置した16台のカメラの映像を切り替えて視聴可能な自由視点リプレイ映像の配信も実施。

自由視点映像は、視聴者がカメラの向きを変えているかのような体験ができるもので、カメラ間の映像を合成しながら、選手が挑む壁を様々な角度から視聴することができる。

正面からの映像だけではただの壁に見えるが、カメラの角度を変えると壁が手前に反り返っており、選手は手や足を乗せただけでは挑めない難易度が高いコースであることがわかる。

今回は、KDDIがVRなどを含めて取り組む自由視点による映像配信について紹介していく。

続きを読む

持ち運べるテレビ市場にシャープが再参入!防水対応でお風呂でも使えるタッチパネル搭載TV「AQUOSポータブル」を写真と動画で紹介【レポート】


防水仕様の軽量テレビ「AQUOSポータブル」を9月20日に発売!

シャープが都内にて「AQUOSポータブル新製品発表会」を8月27日に開催し、片手で持ち運べるテレビ(TV)の新製品「AQUOSポータブル」を発表した。発売日は各モデルともに2018年9月20日(木)となっている。

発表されたAQUOSポータブルは3モデルあり、市場想定価格はタッチパネル搭載のAPライン16型「2T-C16AP」が80,000円前後、12型「2T-C12AP」は65,000円前後、タッチパネル非搭載で防水リモコンが付属するAFライン12型「2T-C12AF」は45,000円前後とのことだ。

製品の構成はディスプレイ部分とチューナー部分が分離しており、APラインには500GBのHDDを内蔵、AFラインは外付けのUSB HDDを取り付けることで地上波デジタル/BS/110度CSを録画することが可能となる。

特長としてはシャープのAIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に対応し、レシピを決めて同社の調理家電「ヘルシオ」や「ヘルシオホットクック」へ転送すると簡単に設定ができるなど独自機能を盛り込んでいる。

また3モデルともに防水に対応し、TVチューナーとはワイヤレス接続ができるため、キッチンやお風呂に持ち出せるのも特長となる。今回はそんなAQUOSポータブルの機能やその背景について紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。