S-MAX

ファッションブランド「トム ブラウン」とコラボしたSIMフリーフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」が即日完売に


日本国内初のSIMフリー直販モデル「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」が即日完売!

既報通り、サムスン電子ジャパンが旗艦店「Galaxy Harajuku」および「Thom Browne」店舗(全国9店舗)にてSIMフリーのフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition(型番:SM-F700J)」を台数限定で2020年5月15日(金)に発売しました。

Galaxy Z Flip Thom Browne Editionは価格が価格は297,000円(金額はすべて税込)ながら5月13日の予約開始直後に初回納入分はすぐに受付を終了し、追加納入もしていましたが、同社は18日、発売日の5月15日に販売数すべてが完売したと発表しています。

なお、同社ではベースモデルのau向け「Galaxy Z Flip(型番:SCV47)」は引き続いてGalaxy Harajukuを含むau取扱店および「au Online Shop」などにて購入可能だとしています。auでの価格は本体価格が179,360円で、かえトクプログラム適用時の残価は59,760円に設定されているので実質負担額は119,600円(5,200円/月×23回)です。

続きを読む

KDDI、au向けフォルダブルスマホ「Galaxy Fold SCV44」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を5月19日10時に提供開始


auスマホ「Galaxy Fold SCV44」がAndroid 10に!

KDDIは18日、携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」として発売した折りたためる有機ELディスプレイを搭載したフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Fold(型番:SCV44)」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2020年5月19日(火)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法のほか、パソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新時間は本体のみのWi-Fiで約20分、携帯電話回線で約35分、PCで約105分となっています。

また更新ファイルサイズは本体のみで約2.1GB、PCを用いる方法で約4.5GBとなっており、ともに更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。更新後のビルド番号は「QP1A.190711.020.SCV44KDU1BTD1」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2020年4月1日」となるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)「Androidの設定」に関する通知が表示されるようになります。
2)「電話」にて機能変更・追加や名称変更が実施されます。
3)「スクリーンショット」の機能が変更されます。
4)「設定」アプリにて配置変更や名称変更が実施されます。
5)「壁紙」の機能・画面デザイン変更や機能追加が行われます。

○主な削除項目
6)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・「Office Mobile」アプリが削除されます。
 ・「クイックパネル」における「明るさ」設定画面の「明るさ調節を常に表示」ボタン、「ナビゲーションバー」アイコン、右上メニュー欄の「ボタングリッド」、「パワーモード」の「標準省電力モード」設定画面で「バックグラウンドデータを制限」機能が削除されます。
 ・ロック画面にて通知表示スタイルの「簡略」スタイルが削除されます。
 ・「接続」において「Bluetooth」の右上メニュー欄にある「詳細設定」画面にて「デュアルオーディオ」や「メディア音量の同期」や「Wi-Fiテザリング」の右上メニュー欄配下にて「許可デバイス」が削除されます。
 ・「サウンドとバイブ」画面下部の「通話応答/終了」機能が削除されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(4.9MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSCV44をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、au向け5G対応フラッグシップスマホ「Xperia 1 II SOG01」を5月22日に発売!価格は13万3600円でかえトクプログラムが利用可能


au向け5Gスマホ「Xperia 1 II SOG01」が5月22日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は18日、携帯電話サービス「au」における5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 II SOG01」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2020年5月22日(金)に発売すると発表しています。

すでに発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopなどの直営店では本体価格が133,600円です。

また残価方式で条件を満たすと最終回支払金額が免除される「かえトクプログラム」の対象で、残価が54,480円と設定されているため、実質負担額は79,120円(3,440円×23回)となります。料金プランは5G向け「データMAX 5G ALL STARパック」または「データMAX 5G Netflixパック」、「データMAX 5G」、「ピタットプラン 5G」が用意され、月額2,178円から利用可能。

さらにXperia 1 II SOG01を2020年6月30日(火)までに購入してキャンペーンWebページから応募した人全員にもれなく「au PAY 」残高に5,000円(不課税)をキャッシュバック(チャージ)するキャンペーンを実施します。au PAY残高はスマホなど向け決済サービス「au PAY」などで使えます。

その他、ソニーモバイルコミュニケーションズでは発売を記念してXperia 1 II SO-51Aを購入して応募した人全員にもれなく「Google Play Points」を1,000ポイントとゴールドステータス獲得をプレゼントする購入キャンペーンを実施します。期間は購入が発売日から2020年4月30日(金)まで、応募が発売日から2020年6月30日(火)まで。

続きを読む

東京都税の納付書が決済サービス「LINE Pay」と「PayPay」の請求書払いに6月1日より対応!ポイント還元も適用


東京都税の支払いがLINE PayとPayPayで可能に!

東京都主税局は15日、東京都税の納付書がスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「LINE Pay」および「PayPay」の請求書払いに2020年6月1日(月)より対応するとお知らせしています。

東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書に記載されているバーコードを読み取ることで支払いが可能となります。

ただし、自動車税種別割については今年の納付期限が2020年6月1日(月)となっているため、納付が出来るのは今年は1日のみとなっているのでご注意ください。なお、東京都税についても支払額に応じての還元が適用され、PayPayでは0.5~1.5%をPayPayボーナスとして還元するとしています。

続きを読む

ソニーが2019年度業績を発表!Xperiaスマホは前年比でさらに半減の販売台数320万台に。赤字幅は縮小で黒字化めざす


Xperiaスマホの販売台数は2019年度通期で320万台に!第1〜3四半期は黒字も最終赤字に

ソニーは13日、オンラインにて「2019年度 業績説明会」を開催し、2019年度(2019年4月〜2020年3月期)の決算内容を公開し、子会社のソニーモバイルコミュニケーションズが手がけるスマートフォン(スマホ)事業を含むモバイルコミュニケーション(MC)事業では△210億5,700万円の最終赤字になったことを発表しました。

またスマホ販売台数も昨年立ち上げた「Xperia 1」を中心とする新製品は商品力強化が確実に進展して従来製品と比べれば評価は高かったものの、販売台数増加にはつながらず、今年の新製品「Xperia 1 II」や「Xperia 10 II」なども2019年度内には立ち上がらなかったこともあり、前年度からおよそ半減の320万台となっています。

そのXperia 1 IIも日本国内においてこれまで販売してきたソフトバンクでは取り扱いがなくなり、マイナス要因もある一方、新たに販売台数が見込めるミッドレンジモデルの「Xperia 8」やそれに続くXperia 10 IIがサブブランドや仮想移動体通信事業者(MVNO)でも販売されてきています。

こうしたミッドレンジモデルが今後どう評価されるのかで販売台数は変化しそうで、特にXperia 10 IIは昨年の「Xperia 10」やその日本向けモデルであるXperia 8の弱点を改善してきているだけに期待したいところです。なお、ソニーでは5月19日(火)16:00から経営方針説明会が開催されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。