S-MAX

Googleの新スマホ「Pixel 4a」がauの相互接続性試験(IOT)完了製品に追加!楽天モバイルは現時点で動きなし


新スタンダードスマホ「Google Pixel 4a」がauの相互接続性試験(IOT)完了製品に追加!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は4日、新しい価格を抑えたスタンダードスマートフォン(スマホ)「Pixel 4a(型番:G025M)」を2020年8月20日(木)に発売すると発表しています。またソフトバンクは同じく携帯電話サービス「SoftBank」からPixel 4aを8月20日に発売します。

これにより、日本における販路はGoogleの公式Webショップ「Google ストア」およびソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」となっており、それぞれ8月14日(金)より事前予約受付を開始します。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは42,900円、ソフトバンクオンラインショップでは49,680円で、SoftBankでは「トクするサポート+」の対象機種となっており、48回払いで購入して各種条件を満たすと24回分の割賦金が免除されます。

ソフトバンクでは日本国内の通信事業者でPixel 4aを取り扱うのはSoftBankのみとしており、過去に「Pixel」シリーズを販売してきたNTTドコモは「Pixel 4」シリーズに続いて取り扱わず、またKDDIおよび沖縄セルラー電話でも携帯電話サービス「au」や楽天モバイルでも従来通りににてPixel 4aを取り扱わないことが明らかとなりました。

ただし、auではすでにPixel 4aについてau回線で利用できる相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に追加しています。これにより、Google ストアで販売されるSIMフリー版およびSoftBankで販売される製品をSIMロック解除した場合にPixel 4aをauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)を公式に利用可能となっています。

なお、NTTドコモでは現時点でPixel 4aをIOT完了製品に追加していませんが、これまで通り、問題なく利用できると思われます。一方、楽天モバイルはPixel 4シリーズを「楽天回線対応製品」に追加していますが、現時点ではPixel 4aについては記載がない状態となっています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けGoogleスマホ「Pixel 4a」を発表!8月20日発売、8月14日予約開始。価格は本体代4万9680円の実質2万4840円から


SoftBankからグーグルの廉価スマホ「Pixel 4a」が発売!

ソフトバンクは4日、携帯電話サービス「SoftBank」向け新商品としてGoogleのスマートフォン(スマホ)「Pixel 4a(型番:G025M)」を2020年8月20日(木)10時に発売すると発表しています。なお、時差の関係から同社では「世界に先駆けて」発売するとし、日本国内の通信事業者でPixel 4aを取り扱うのはSoftBankのみとなっています。

また発売に先立って8月14日(金)10時にソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付を開始し、ソフトバンクショップやSoftBank SELECTION オンラインショップではPixel 4a向けアクセサリー11アイテムや完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds(第2世代)」も販売します。

Pixel 4aのSoftBankにおける価格(金額はすべて税込)は本体価格49,680円で、トクするサポート+の特典を適用した場合の実質負担額は24,840円(1,035円/月×24回)となっています。なお、Pixel 4aは日本ではSoftBank以外にもGoogle ストアでも販売され、Google ストアでは42,900円となっています。

またGoogle ストアで販売されるPixel 4aはSIMフリー製品ですが、SoftBankでは購入時にSIMロックがかかっており、購入後に条件を満たしていればSIMロック解除が可能です。さらに、Google ストアおよびSoftBankともにPixel 4aを購入すると「Google One」の100GBプランと「YouTube Premium」をそれぞれ3カ月間無料で使える特典が付いています。

その他、Googleでは8月14日からオンラインプログラム「Google Pixel Lounge」( https://pixel-lounge.jp/ )にてPixel 4aの紹介が開始され、機能の詳細や使用方法などについて、ビデオ通話などによる丁寧な説明が受けられるということです。

続きを読む

シャープ、SIMフリースマホ「AQUOS sense3 SH-M12」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「SHARP AQUOS sense3 SH-M12」がAndroid 10に!

シャープは4日、スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3」のSIMフリー版「AQUOS sense3 SH-M12」に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年8月4日(火)に提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワークによるネットワーク経由(OTA)で実施します。なお、更新ファイルサイズは環境によって若干異なるかもしれませんが、約1.3GBとなっており、かなり大きいと思われるため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。主な変更点は以下の通り。

◯OSアップデートの変更内容
1)ダークテーマの追加
2)ジェスチャーナビゲーションの追加
3)ファミリーリンクの追加
など


続きを読む

UQモバイル向けスタンダードスマホ「Galaxy A20 SCV46」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


UQ mobileスマホ「Galaxy A20 SCV46」がAndroid 10に!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は4日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けスタンダードスマートフォン(スマホ)「Galaxy A20(型番:SCV46)」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年8月4日(火)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)回線または携帯電話回線(LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)のほか、パソコン(PC)を用いた方法が用意されており、更新時間は本体のみで約30分、PCを用いた方法で約75分で、アップデートファイルサイズは本体にのみで約1.6GB、PCを用いた方法で約3.5GBとなっています。

なお、アップデートファイルサイズが大きいため、Wi-Fiの更新が推奨されており、携帯電話回線を用いた場合はパケット通信料は有料となる(月当たりの高速データ通信容量が減る)のでご注意ください。。更新後のビルド番号は「QPIA.190711.020.SCV46KDU1BTG1」、Androidセキュリティパッチレベルは「2020年7月」になるとのこと。主な変更点は以下の通り。

・「Androidの設定」に関する通知
・「電話」の機能変更・追加/名称変更
・「スクリーンショット」の機能変更
・「カメラ」の配置変更
・「壁紙」の機能・画面デザイン変更/機能追加
・「セキュリティ」機能の改善


続きを読む

ワイモバイル向けエントリースマホ「Libero S10」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


Y!mobileスマホ「Libero S10」がAndroid 10に!

ソフトバンクは29日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」のうちのエントリースマートフォン(スマホ)「Libero S10(型番:901ZT)」(ZTE製)に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年7月29日(水)から提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)回線および携帯電話回線(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新にかかる通信料は無料ですが、更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。更新後のビルド番号は「901ZT Candidate 7.0_U」。主な変更点は以下の通り。

・Android 10 アップデート


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。