S-MAX

Sony Mobile、2月24日にMWC Barcelona 2020でプレスカンファレンスを開催!Xperiaの次期フラッグシップスマホを発表へ。ライブ中継も実施


ソニーモバイルが2月24日にプレスカンファレンスを開催!次期Xperiaを発表か

Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は15日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2020年2月24日(月)から2月27日(木)まで開催される「MWC Barcelona 2020」にて現地時間(CET)の2020年2月24日8:30よりプレスカンファレンスを開催すると報道関係者向けに招待状を送っています。

GSMArenaなどの海外メディアが伝えており、赤いシルエットが描かれています。毎年、MWCでは同社の「Xperia」シリーズの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)が発表されているだけに今年も同様に次期Xperiaが発表されるものと予想されるので期待したいところです。

なお、プレスカンファレンスの模様は同社の公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/user/sonyxperia )にてライブ中継も実施されるとのこと。日本時間(JST)では2月24日16:30から。ソニーではソニーモバイルが「Hall 3 Stand 3M10」にて出展するほか、Sony Europeも「Hall 4 Stand 4E2Ex」や「Hall Congress Square Stand CS136」などにて展示を行う予定です。

続きを読む

山形新幹線(奥羽本線)「赤岩駅~板谷駅」のトンネル内でNTTドコモとau、ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話が1月24日より利用可能!残り区間も対策中


山形新幹線(奥羽本線)の赤岩駅~板谷駅のトンネル内で携帯電話が使えるように!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは14日、東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が運行する「山形新幹線」(奥羽本線)の「赤岩駅~板谷駅」間におけるトンネル内での携帯電話サービスの提供を2020年1月24日(金)始発より開始すると発表しています。なお、ワイモバイルや各社の仮想移動体通信事業者(MVNO)も同様に利用可能です。

これにより、山形新幹線(奥羽本線)は「福島駅~庭坂駅」および「赤岩駅~峠駅」間で携帯電話が使えるようになります。各社では共同でトンネル内における携帯電話サービスエリア拡大や品質改善を目的にエリア整備を進めており、今後もサービスエリア拡大や品質向上ならびに利用者がより使いやすい環境の整備を進めていくとしています。

続きを読む

KDDI、au初のシャープ製モバイルルーターとなる法人向け「Speed Wi-Fi NEXT W07」を発表!下り最大958Mbpsや大容量4000mAhバッテリー搭載。3月発売予定


au向けモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W07」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、携帯電話サービス「au」における法人向け新商品として大容量4000mAhバッテリーを搭載したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W07」(シャープ製)を発表しています。発売時期は2020年3月以降を予定。

au 4G LTEおよびWiMAX 2+に対応して下り最大958Mbpsおよび上り最大75Mbpsで利用でき、大容量バッテリーによって長時間通信可能なため、外出時でも電池持ちを気にせず使えるためビジネスシーンに最適な製品となっています。なお、auでシャープ製のモバイルWi-Fiルーターを発売するのは初めて。

続きを読む

NTTドコモ、軽量141gで6.4型有機EL搭載の最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」を1月17日に予約開始!今冬発売で価格は8万2080円を見込む


docomoスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」が1月17日予約開始!

NTTドコモは16日、昨年10月に発表した「2019-2020年冬春モデル」のうちの新開発の4倍速の高速表示を実現した約6.4インチFHD+有機ELディスプレイを搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」(シャープ製)の事前予約受付を2020年1月17日(金)10時に開始するとお知らせしています。

発売時期は今冬を予定しており、1月下旬以降となる見込み。予約は販路となるドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて行われ、価格(税込)は未定ながら直営店では本体価格が82,080円程度となる見込みで、スマホおかえしプログラムの対象となる予定です。

続きを読む

Google Smart LockアプリがバージョンアップしてiPhoneを2段階認証のセキュリティキーにできるように!高度な保護機能プログラムも提供開始


iPhoneをGoogleアカウントのセキュリティキーに設定可能に!高度な保護機能プログラムも

Googleは15日(現地時間)、Googleアカウントにログインする際に2要素(段階)認証(2FA)としてセキュリティーキーを用いる方法として新たにiPhoneをセキュリティーキーとして利用できるようにしたと発表しています。利用するにはiOS向けアプリ「Google Smart Lock」をダウンロード・インストールし、セキュリティキーを有効にすれば、Bluetoothを搭載した機器におけるGoogleアカウントのログインにおいてiPhoneをセキュリティーキーとして使えるようになります。

iPhoneをセキュリティーキーとして使えるGoogle Smart LockアプリのVersion 1.6はアプリ配信マーケット「App Store」にて現地時間1月13日より配信されています。なお、すでにAndroidでは昨年4月から同様にセキュリティーキーとして使えるようになっていますが、Androidでは特にアプリをインストールすつ必要はありません。対応OSはAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)以降およびiOS 10.0以降。

また同社は政治家やジャーナリスト、起業家などのより高いレベルの保護を必要とする利用者のためにGoogleの最も強固なセキュリティーサービス「高度な保護機能プログラム(Advanced Protection Program)」( http://g.co/advancedprotection )を提供開始しています。高度な保護機能プログラムは該当ページで登録することで利用できます。ただし、iPhoneの場合は事前にGoogle Smart Lockアプリを有効化しておく必要があるとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。