S-MAX

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3」や「ZenFone 4」、「ZenFone 4 Pro」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月19日15時から順次提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 3・4・4 Pro」がAndroid 8.0 Oreoに!

ASUS JAPANは18日、同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KLおよびZE552KL)」や「ZenFone 4(型番:ZE554KL)」、「ZenFone 4 Pro(型番:ZS551KL)」(ともにASUSTeK Computer製)の4機種に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月19日(木)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はそれぞれスマホ本体のみで3Gまたは4G LTE、無線LAN(Wi-Fi)の回線によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新ファイルはZenFone 3 ZE520KLが約1.2GB、ZenFone 3 ZE552KLが約1.2GB、ZenFone 4 ZE554KLが約980MB、ZenFone 4 Proが約1.1GBとなっています。

同社では更新のためのファイルサイズが大きいため、Wi-Fiを推奨しており、更新後のビルド番号はZenFone 3 ZE520KLが「JP_15.0410.1803.52_0」、ZenFone 3 ZE552KLが「JP_15.0410.1803.52_0」、ZenFone 4 ZE554KLが「JP_ZE554KL_15.0405.1803.99」、ZenFone 4 Proが「JP_ZS551KL_15.0410.1803.51_0」とのこと。

更新によってアプリを全画面で使いながら動画やナビが見られるPIP(ピクチャー・イン・ピクチャ-)機能や通知方法の細かなカスタマイズが行える「通知チャンネル」、通知のスヌーズ機能など、多くの新機能が使えるようになるとのこと。またZenFone 3 ZE520KL・ZE552KLについてはY!mobileのVoLTEにも新たに対応するということです。主な変更点は以下の通り。

■Android 8.0で利用可能となる主な機能
1)PIP (ピクチャー・イン・ピクチャ-)機能をサポート:アプリを全画面で使いながら動画やナビを見ることが可能です。※PIP機能は対応アプリでのみ利用が可能です。
2)「Smart Text Selection」でテキスト選択が楽に:選択したテキストデータの内容を認識し、ペーストすべきアプリを提案してくれます。例えば、電話番号であればテキスト選択後に「コピー」や「切り取り」といった項目に並び「電話アプリ」を表示し、またテキストが住所であれば「マップアプリ」を表示します。アプリ選択後は、すばやく電話をかけたり、位置検索をすることが可能です。
3)アプリアイコンを長押しでサブメニューを表示可能に:アプリアイコンを長押しすることで、小さなサブウインドウが開き、アプリ内へのショートカットやアプリ情報へのアクセスが可能になりました。例えばYouTubeアプリでは、「検索」や「登録チャンネル」といった項目が表示されます。※サブメニューの表示はアプリごとに異なります。
4)「通知チャンネル」の追加:従来の通知設定はアプリ全体に適用されていましたが、アプリ内に細かなカテゴリが設定されて、カテゴリごと通知のON/OFFを選択できるようになりました。例えば、Gmailアプリでは複数のアカウントがある場合はアカウントごとの選択ができるほか、Google Playストアアプリでは「優先度の高いもの」、「更新されたアプリ」、「セキュリティとメンテナンス」などの細かい分類ごとに選択が行えます。
5)通知の「スヌーズ機能」の追加:ステータスバーを下げた時に表示される各種通知を右に少しスライドすると現れる時計マークをタップすると、後でもう一度通知してほしい場合のスヌーズを設定することができます。


続きを読む

KDDI、au向けハイエンドスマホ「Galaxy S8+ SCV35」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月19日16時から提供開始


auスマホ「Galaxy S8+ SCV35」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、au向け「2017年夏モデル」として昨年6月に発売したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+ SCV35」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月19日(木)16時より提供開始するとお知らせしています。

更新はGalaxy S8+ SCV35本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)またはパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、更新時間はOTAが約25分、PCを用いる方法が約45分、アップデートファイルサイズはOTAが約1.4GB、PCを用いる方法が約3.2GBとなっています。

なお、PCを用いる方法は事前にPCに専用アプリ「Smart Switch」をインストールしておく必要があるのでご注意ください。更新後のOSバージョンは「Android 8.0」、ビルド番号は「R16NW.SCV35KDU1BRD1」で、更新後のAndroidセキュリティパッチレベルは「2018年4月1日」となります。主な変更点は以下の通り。

◯主な機能追加・変更内容
1)ピクチャインピクチャ(PiP)機能を追加
2)通知パネルの改善
3)ホーム画面へ移動した時にマルチウィンドウで起動しているアプリの表示が分かりやすく改善
4)クイックメニュー表示機能が追加
5)バックグラウンドで実行されているアプリを通知で表示

◯主な初期化/削除項目
6)OSアップデート後に設定が初期状態にリセットされる項目があります。必要に応じ、再度設定を行ってください
 ・カレンダー画面の右上のメニューに表示される「カレンダーを管理」内の項目
 ・マイファイル画面右上のメニューに表示される「設定」内の項目
 ・Eメール画面の右上に表示されている項目 など
7)OSアップデート後に機能が削除される主な項目があります。ご注意ください
 ・「通知音」設定画面にて「カレンダーの通知」の機能が削除
 ・「例外を許可」設定画面にて「重要アプリの通知」の項目が削除
 ・「通知へのアクセス」設定画面にて「Always On Display」の項目が削除 など

◯その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(11.6MB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外により快適にSCV35をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

NTTドコモ、会員プログラム「dポイントクラブ」を5月1日にリニューアル!ポイント共有グループを新設し、会員同士でポイントを共有可能に。dショッピングも刷新


dポイントクラブのキャリアフリーがさらに加速!docomoがdポイントの共有機能を開始

NTTドコモは17日、昨年4月に掲げた中期戦略2020「beyond宣言」を推進して利用者のさらなる利便性向上を図るため、会員プログラム「dポイントクラブ」を2018年5月1日(火)にリニューアルし、携帯電話の契約者に代わって「dアカウント」をベースにした「会員基盤」を軸とした事業運営に移行すると発表しています。

具体的には同社の携帯電話回線契約の有無にかかわらず、dポイントを会員である家族間で共有できる「ポイント共有グループ」を新設します。これにより、NTTドコモの回線契約を持っていない家族にいる場合でも家族と共有グループを組むことで、dポイントをまとめて利用することが可能になります。

またリニューアルに伴うキャンペーンとして回線契約にかかわらず、dアカウント会員向けに「お誕生月ポイントUPキャンペーン!」や「新しいdポイントクラブと旅立とう!キャンペーン」、「欅坂46×dポイントキャンペーン」、「dショッピング×d fashion dポイント20倍キャンペーン」の各種施策を実施いたします。

なお、dポイントクラブの特典として2017年10月に発表した「プラチナクーポン」やNTTドコモの携帯電話を長期に渡って利用している契約者向けの料金割引またはdポイント進呈のいずれかを選べる「ずっとドコモ割プラス」の提供を同じく5月1日より開始します。

さらに同社が展開するECサイト「dショッピング」についても2018年5月23日(水)に刷新し、利便性を向上や新規出店パートナーの追加による商品の取扱いジャンルの拡充などを実施し、リニューアルに合わせて208年6月1日(金)から6月7日(木)までに商品購入時にポイント20倍を進呈するキャンペーンなどを実施します。

続きを読む

UQモバイル向けシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


UQ mobile向けスタンダードスマホ「AQUOS sense」がAndroid 8.0 Oreoに!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は17日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」における「2017年冬モデル」として昨年11月に発売したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月17日(火)より提供開始したとお知らせしています。

更新はAQUOS sense本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で実施でき、更新時間は約40分、アップデートファイルサイズは約1.1GBとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号は「02.00.00」で、主な変更点は以下の通り。

以下の事象が改善されます。

・「発着信」「電話帳」「通知」などが新しくなります
・発着履歴と着信履歴の画面が統合されます
・電話の応答/拒否方法が変更になります
・電話帳の一部デザインが変更になります
・電話帳のグループごとの着信設定が廃止されます
・アプリの通知方法をアプリごとに設定できます

※Androidセキュリティパッチの適用を実施。セキュリティパッチレベルが2018年4月となります
※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にAQUOS senseをご利用いただくための改善内容が含まれております
※アップデートの変更内容につきましては、下記のURL(AQUOS公式サイト)をご参照ください
http://k-tai.sharp.co.jp/support/u/aquos-sense-u/update/index_8.html


続きを読む

三菱地所がソフトバンクロボティクスの業務用床洗浄機を導入!丸の内エリアで最新テクノロジーによる実証実験をスタート【レポート】


丸の内エリアから先進テクノロジーで働き方改革を推進!

三菱地所は3月27日に東京・丸の内エリアにおいてロボットを活用した豊かな街づくりに向けた取り組みをスタートした。第1弾として「セグウェイ」に搭乗する街のコンシェルジュサービスを4月2日に開始している。

さらに第2弾として警備ロボット「Reborg-X(リボーグ・エックス)」の導入、第3弾として案内ロボット「ZUKKU(ズック)」の実証実験、第4弾には複数の清掃ロボットの導入することを発表した。

第4弾の清掃ロボットのひとつとして、ソフトバンクロボティクスが昨年11月に発表し、2018年夏発売予定の自律走行可能な業務用床洗浄機も含まれる。

今回はこれらの三菱地所による丸の内エリアに導入するロボットおよびその背景について紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。