S-MAX

KDDI、au向け折りたたみ型Androidケータイ「AQUOS K SHF34」を12月15日に発売!ワンプッシュオープンに対応したタフネスモデル――気になる価格をチェック


au向けAndroidケータイ「AQUOS K SHF34」が12月15日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、携帯電話サービス「au」において今秋および今冬に発売する「2017年秋冬モデル」のうちの約3.4インチQHD(540×960ドット)TFT液晶を搭載したAndroidベースの折りたたみ型ケータイ(フィーチャーフォン)「AQUOS K(型番:SHF34)」(シャープ製)を2017年12月15日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格も案内されているのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

AmazonサイバーマンデーセールでSIMフリースマホなどが特価中!本日12月11日限定でarrows M04やZenFone AR、BlackBerry Priv・KEYone、Moto Z・Z Playなど


アマゾンのサイバーマンデーで最終日もSIMフリースマホが割引!

アマゾン ジャパンが同社が運営するWebストア「Amazon.co.jp」にて12月8日18時から開催している大特価セール「サイバーマンデー」で最終日となる本日12月11日限定のSIMフリースマートフォン(スマホ)を割り引き販売する「【2017年最安】BIGLOBE SIMと人気スマホのセットが本日限定でお得」が実施されています。

割り引かれているスマホは「HUAWEI P10 lite」や「HUAWEI GR5」、「Moto G5 Plus」、「Moto Z」、「Moto Z Play」、「ZenFone AR」、「ZenFone 3 Deluxe」、「arrows M04」、「BlackBerry Priv」、「BlackBerry KEYone」の合計11機種(リンクはS-MAX内関連記事)。

どちらもKDDI傘下のビッグローブが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBEモバイル」のエントリーパッケージとセットとなっているものの、購入後にBIGLOBEモバイルに申し込まなければ契約する必要はないのでスマホのみが欲しい場合でもOKとなっています。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製スマホ「AQUOS R SH-03J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!4CAによる下り最大644Mbpsにも対応


docomoのAQUOS R SH-03JにAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは7日、同社が「2017年夏モデル」として発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年12月7日(木)より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約30分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PIP)機能
 アプリを全画面で使いながら動画の閲覧が可能なので、そんな「ながら」の利用方法を実現できます。
2)スマートなテキスト選択
 電話番号を含むテキストをダブルタップするだけで選択することができるようになりました。誰でも簡単にコピーできます。さらに、電話番号の場合は電話アプリ、住所の場合は地図アプリのショートカット表示されるので、次の動作もスムーズです。
3)ログイン情報の入力が容易に(オートフィル)
 「自動入力」機能でアプリのログインで使う情報を記憶させ、素早くアクセスすることができます。
4)ロックフォトシャッフル機能
 ロック画面を表示するたびに壁紙を次々に切り替えることができます。「設定」→「ディスプレイ」 →「壁紙」 →「ロックフォトシャッフル」での設定が必要です。
5)カメラの機能追加
 タイマー機能を使ったインカメラ撮影時に、カメラに目線が合いやすくなるアニメーションを表示します。
6)高速通信(4CA)
 4つの周波数を束ねるキャリアアグリゲーションに対応し、より広域で快適な通信を実現します。

◯改善される事象
7)Bluetooth接続中に着信があると、まれに着信音が正常に鳴動しない場合があります。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

秋吉 健のArcaic Singurality:AIと人の邂逅点。AIは人をどこまで導けるのか?「提案」をキーワードにAIの未来を考える【コラム】


AIは人に何をもたらすのか。お互いの関係やあるべき姿に思いを巡らせてみた

みなさん、こんにちは。秋吉 健(あきよし たけし)と申します。これまで「あるかでぃあ」のペンネームで本媒体へ寄稿しておりましたが、そろそろ本名で仕事をしてみようかと表記を改めることとなりました。以後、宜しくお願い致します。

さて、かしこまった挨拶はこのくらいにしまして。突然始まった謎の連載企画ですが、まずはその連載に至る経緯や本連載のタイトル「Arcaic Singurality」に込めた想いなどを簡単にお話しておきたいと思います。

ここ数年モバイル関連やIT関連のメディア界隈では、AI技術の発達とともに「Technological Singurality(技術的特異点、単に「シンギュラリティー」とも呼ばれる)」などという言葉を度々見かけるようになりました。

この「技術的特異点」については後述するとして、筆者にはそのような大層な技術の裏側を語れるほどの知識も見識もなく、いつも無知なままに最新のテクノロジーに触れてきました。

そんな筆者であるだけに「Arcaic(古拙な)」の言葉が指すような人の感性の原点的なところから、テクノロジーが持つ美しさや素晴らしさを探ってみたり、道具本来の存在意義のようなものを考察してみてはどうだろうかと思い至った次第です。

また「原初」や「古風」といった意味も含む「Arcaic」と、物事の最終到達点、終着点を意味する「Singurality」を並べ、筆者のような古臭い感性を持つ人間の視点で遥か遠くの未来を俯瞰している、という雰囲気を表現したかったというのもあります。

それでは、最初のArcaic Singuralityの旅にご招待しましょう。今回はコラムタイトルを発想した原点でもある「AI」について考えてみたいと思います。

続きを読む

JR東日本が新幹線の自由席に事前に乗車券を買わなくてもSuicaなどの交通系ICカードで乗れるサービスを2018年4月に開始!指定席も2020年3月末に導入を検討中


JR東日本が新幹線にSuicaで手軽に乗れるように!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は5日、交通系ICカード「Suica」などで新幹線の普通車自由席を利用できるサービス「タッチでGo!新幹線」を2018年4月1日(日)に提供開始する予定だと発表しています。

自動改札機にICカードをタッチするするだけで、事前に乗車券や特急券の購入の必要がなく、新幹線の新幹線の普通車自由席に乗車できるようになります。

またキャンペーンで通常の金額(乗車券・自由席特急券)より安く利用できるとのことで、例えば、東京〜宇都宮間が通常4,410円(運賃1,940円+料金2,470円)のところタッチでGo!新幹線なら4,210円となるとのこと。

なお、同社では2019年度末(2020年3月末)をめどにSuicaなどのICカードで指定席についてもシームレスに利用できるサービスを導入する検討をしているということです。詳細は別途、今後案内するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。