S-MAX

台湾製品を気軽に試せるイベントが東京KITTEで開催中!近日発売予定のAR・VR両対応スマホ「ZenFone AR」やGTX 1080を2基搭載した本気仕様のゲーミングノートPCの展示も【レポート】


台湾製品を気軽に試せるイベントを東京駅チカで開催!

台湾貿易センター(TAITRA)が2017年6月16日(金)から18日(日)までの3日間の日程で、台湾を代表するブランド製品をアピールするイベント「2017 TAIWAN EXCELLENCE in Tokyo」を東京駅丸の内口から徒歩1分の場所に所在する商業施設「KITTE」にて開催しています。

具体的な開催概要は以下の通りです。イベントでは、パソコン(PC)やスマートフォン(スマホ)などといった情報通信機器のみではなく、交通分野やヘルスケアなど、台湾が強みを持った数多くの分野の製品を展示しており、筆者も同イベントに足を運んだみたので、特に気になった製品を中心にご紹介します。

時期:2017年6月16日から2017年6月18日まで
場所:東京 KITTE 1F アトリウム
主催:経済部国際貿易局
実行:台湾貿易センター


続きを読む

KDDI、au向け4G LTE&VoLTE対応折りたたみ型フィーチャーフォン「かんたんケータイ KYF36」を発表!防水・防塵・耐衝撃対応で、新たに「テレビde写真」が利用可能に


au向け洗える新スマホ「Qua phone QX」が7月中旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は30日、今夏以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Summer」を都内にて開催し、約3.4インチFWVGA(480×854ドット)TFT液晶やクアッドコアCPU、1GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した折りたたみ型フィーチャーフォン(従来型携帯電話)「かんたんケータイ KYF36」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2017年7月中旬を予定し、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される予定。

au向けの「簡単ケータイ」および「かんたんケータイ」シリーズとしては京セラ製では11製品目で、前機種で昨夏モデル「かんたんケータイ KYF32」に続いて4G LTEやVoLTEに対応し、OSにはAndroidをベースにした製品となっています。新たにauの新サービス「テレビde写真」などに対応しています。

続きを読む

お客さまが安心・納得してサービスを受けられる拠点を!UQ mobileやWiMAXの手続きができる山形県初の専門ショップ「UQスポットイオンモール天童」をオープン【レポート】


山形県初のUQ専門店「UQスポット イオンモール天童」がオープン!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)が全国で71店舗目となる「UQ mobile」および「UQ WiMAX」商品を対面で販売する専門ショップ「UQスポット イオンモール天童」(山形県天童市)を2017年6月16日(金)にオープンしました。

東北地方では先日紹介した宮城県初出店の「UQスポット 仙台一番町(宮城)」に続く、「UQスポット イオンタウン弘前樋の口(青森)」や「UQスポット イオンモール盛岡(岩手)」に次ぐ4店舗目で、かつ山形県内では初出店となります。

オープン初日朝には、開店前にオープンセレモニーも実施されましたので、今回はこのオープンセレモニー、そして店舗の様子を取材してきたのでそれらを写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

自動ペアリングが快適なSoundPEATSのBluetoothヘッドセット「D4」を徹底チェック!実売2千円台のハイコストパフォーマンスモデル【レビュー】


自動ペアリングが使いやすいハンズフリーヘッドセット「D4」を徹底レビュー!

Bluetoothヘッドセットと言えば、Bluetooth機器の中でも非常に歴史が古く、携帯電話の周辺機器としては10年以上前から存在しています。当時は1万円~2万円前後もしたBluetoothヘッドセットですが、今やその価格は5,000円以下が主流となり、運転中の通話手段として広く普及するまでになりました(条件や条例により利用できない場合があります)。

今回、SoundPEATSより提供いただいた「D4」もそういった安価なBluetoothヘッドセットの1つです。Amazon.co.jpなどオンラインショップでは実売2,000円台で販売されており、Bluetoothヘッドセットの中でも低価格帯の製品ですが、その実力はどの程度のものなのでしょうか。実際の使用感を写真とともに徹底レビューします。

続きを読む

Interop Tokyo 2017:日本ソルテック、スマホアプリで制御可能なソニー製高精細レンズ採用のネットワークカメラ「Aurora」を展示【レポート】


スマホから簡単に制御できる高性能で高精細なネットワークカメラ登場!

千葉県・幕張メッセにて2017年6月7日(水)から6月9日(金)の3日間に渡ってネットワークテクノロジーとそれに関連するビジネスソリューションなどを扱う企業が集結した展示会「Interop Tokyo 2017」が併催イベントとして「Connected media Tokyo 2017」、「デジタルサイネージジャパン2017」、「Location Business Japan 2017」、「アプリジャパン2017」と合わせて開催されました。

本イベントの3回目となるブースレポートでは「日本ソルテック」のブースにてスマートフォン(スマホ)やタブレットのアプリから制御・モニタリングが行えるネットワークカメラ「Aurora」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

LINEがマイナンバーを利用したオンライン行政サービス「マイナポータル」と年内に連携へ!内閣府と協定締結を発表


LINEとマイナポータルの連携が正式発表!

LINE Corp.は15日、ベルサール渋谷ガーデンにて事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」を開催し、内閣府が運営するマイナンバーを利用して行政サービスなどを利用できるオンラインサービス「マイナポータル」( https://myna.go.jp )とコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )を連携させると発表しました。

発表会には総務大臣の高市早苗氏も登場し、今回の連携について合意し、協定を締結したことに加え、LINEからマイナポータルを利用する流れなども説明していました。なお、マイナポータルは今秋より本格運用が開始される予定です。

続きを読む

限定カラーのラベンダ-にも注目!防水・防塵やおサイフケータイに対応したUQ mobile向けシャープ製低価格スマホ「AQUOS L2」を写真で紹介【レポート】


UQ mobile向けスマホ「AQUOS L2」を写真でチェック!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は1日、都内にて「2017夏UQ発表会」を開催し、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けスマートフォン(スマホ)「AQUOS L2」を2017年6月2日(金)に発売すると発表しました。

価格(税込)は公式Webストア「UQオンラインショップ 」では本体代が頭金100円+「端末購入アシスト」による分割1,200円/月×24回または一括28,900円で、おしゃべりプランおよびぴったりプランで契約を行った場合にマンスリー割が-1,200円/月×24回の実質負担額100円となっています。

公式Webストア以外にもUQスポットや家電量販店などのUQ mobile取扱店店頭でも購入することが可能です。すでに店頭でも展示が始まっているところもありますが、今回は発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、写真を交えながらAQUOS L2についてレポートしていきます。

続きを読む

ソフトバンク、旧イー・モバイル向け「災害用伝言板」や「Webアクセス制限」、「emobileメール」などを終了!ワイモバイルのスマホやケータイでは災害用伝言板・フィルタリングを継続


旧イー・モバイル向け「災害用伝言板」や「Webアクセス制限」、「emobileメール」などが終了に!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は15日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」において提供している旧イー・モバイルのサービスのうちの「災害用伝言板」および「Webアクセス制限」、「emobileメール(@emobile.ne.jpドメイン)」、「メールサービス(@bb.emobile.jpドメイン)」を終了するとお知らせしています。

終了日は災害用伝言板およびWebアクセス制限が2018年1月31日(水)、2つのメールサービスが2018年7月31日(火)とのこと。対象機種は旧イー・モバイルのデータ通信端末。

なお、ワイモバイルのスマートフォン(スマホ)やケータイ向けの「災害用伝言板」およびフィルタリングサービスは継続して提供するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。