S-MAX

思い出のデータはスマホもPCも全部まとめて保存!いつでもどこでも視聴できる4G LTE対応フォトストレージ「Qua station」を写真で紹介【レポート】

quastation-001
写真も動画も簡単保存&簡単視聴のQua station登場!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、1TB(テラバイト)の写真や動画をひとまとめに保存して無線LAN(Wi-Fi)や4G LTE接続で手元のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどでいつでもどこでも閲覧することができる「Qua station」を発表しました。2月下旬の発売予定で本体価格は未定となっています。

Qua stationは本体価格以外に月額300円の利用料金がかかりますが、「Qua station おトク割」として契約の翌月利用分より月々300円の割引が最大36ヶ月間適用され、約3年間は実質0円で利用できます。購入にはQua stationと同一の名義で「データ定額1~30」「データ定額1~30(V)」「LTEフラット(V)」「シニアプラン(V)」「ジュニアスマートフォンプラン(V)」のいずれかに加入している4G LTEスマートフォンを利用していることが条件となります。

本機はいわゆるWAN(Wide Area Network)機能を搭載した「NAS(Network Attached Storage)」と呼ばれるネットワーク接続された外部ストレージに区分されるもので、自宅に保管したデータにWi-Fiや4G LTEなどの無線ネットワークを介して接続し、さまざまな端末から情報を閲覧するための設備です。

NASを利用した経験のある方であればその設定の面倒さやメンテナンスの手間などが頭をよぎるところですが、Qua stationではそういった面倒を極力廃し、ワンボタンでデータ保存を行ったりアクセスする端末や回線状況に応じて自動的に動画の画質を選択して送信するなどの工夫がなされています。

今回は展示会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真とともにご紹介します。

続きを読む

文字入力マシンも自分色に染めてより使いやすく!ポメラ初心者による「ポメラ DM200」体験記 第2回:メニュー項目の紹介とカスタマイズなど【レビュー】

dm200-201
設定を変更して自分好みのポメラにしよう!

前回に引き続き、キングジム製のデジタルメモ帳「ポメラ DM200」(以下、DM200)の体験記、第2回です。購入から1ヶ月ほど経過し、仕事に趣味にとさまざまに活用するほどにその使いやすさに惚れ込んでしまい、見事に「ポメラニアン(ポメラ愛好家)」として育ちつつある今日この頃です。

DM200にはシンプルなインターフェイスとは裏腹に非常に豊富で便利な設定が用意されており、それらの設定を自分の使い方や用途に合わせてカスタマイズすることでより快適な文章入力が可能になります。今回はそういった細かな設定項目と設定時の注意点などを中心にレビューしたいと思います。

続きを読む

KDDI、au向け4G LTE対応1TBストレージ搭載NAS「Qua station」を発表!写真や動画などをひとまとめに保存でき、将来的にIoT機器を制御するコントロールセンターに


au向け4G LTE対応1TB搭載NAS「Qua station」が2月下旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、高速通信サービス「4G LTE」(FDD-LTE方式)に対応した1TBの大容量ストレージを搭載したNAS「Qua station」を発表しています。

スマートフォン(スマホ)やパソコン(PC)、タブレット、デジタルカメラなどに保存している大切なデータを写真なら約27万枚、動画なら約130時間、音楽なら約31万曲を保存でき、自分専用ストレージとして使うことが可能です。また、USBストレージやmicroSDカードも接続可能。

4G LTEを利用しているため、家に固定回線のインターネット環境がなくても自宅のPC内に保存している動画や音楽、過去に使用していたスマホなどにある写真などをQua stationにコピーしておけば、外出先からいつでもどこでも閲覧することができます。また、手元のスマホなどのデータをQua stationに保存することで、スマホの容量不足も解消可能とのこと。

外から接続できるスマホなどはauの対象機種のみで、最大5台まで登録でき、登録時にau回線が必要になるとのこと。同時接続は1台までで、接続には専用アプリ「au Gallery」が必要。テザリング(ルーター)機能にも対応しており、PCなどをWi-FiでQua stationに接続して4G LTEによるデータ通信もできるということです。

発売似合わせて、Qua station向け料金プラン「Qua stationプラン ds」をISP接続料含み月額300円(税別)で提供。加入条件は、Qua stationと同一名義で4G LTEスマホを「データ定額1~30」または「データ定額1~30(V)」、「LTEフラット」、「LTEフラット(V)」、「シニアプラン(V)」、「ジュニアスマートフォンプラン(V)」のいずれかに加入していることが必要とのこと。

さらにQua stationを購入した場合に「Qua stationおトク割」として契約の翌月から月額300円が最大36か月間を割り引くキャンペーンも実施。なお、Qua stationを新規契約した場合は、通常3,000円の新規事務手数料が無料になるとのこと。発売時期は2017年2月下旬を予定。

続きを読む

KDDI、au向け「Xperia XZ SOV34」と「Xperia X Performance SOV33」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月18日18時から提供開始


auのXperia XZ SOV34とXperia X Performance SOV33がAndroid 7.0 Nougatに!

KDDIは13日、同社が販売中の製品において新たに2016年冬モデルの「Xperia XZ SOV34」および2016年夏モデルの「Xperia X Performance SOV33」のスマートフォン(スマホ)2機種に対して「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」のOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2017年1月18日(水)18時より提供開始するとお知らせしています。

同社ではすでにAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップ提供予定機種一覧をNTTドコモでは案内していますが、NTTドコモのXperia XZやXperia X Performanceに続いてAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップが提供開始されます。

ソフトウェア更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるOTAと、パソコンにUSBケーブルで接続して実施する方法の2通りが用意されており、更新にかかる時間はどちらの方法でもXperia XZ SOV34とXperia X Performance SOV33でともに約40分。なお、回線環境やバックアップするデータ量によって更新時間は異なる場合があります。

その他、Xperia XZ SOV34向けに2016年12月13日から提供されていたソフトェア更新は、不具合があったとして2017年1月11日から提供が一時停止されていましたが、問題が修正されたとして2017年1月13日から提供が再開されています。

続きを読む

コミックマーケット91:スマホを便利に使うお役立ちグッズ紹介や気になるあのキャラの機種特定本など!入手した濃すぎるモバイル関連本を紹介(後編)【レポート】


これぞ同人!バラエティ豊かな個性的過ぎるモバイル系薄い本を続けて紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってゲームやアニメ、その他のあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

本記事では前回に引き続き筆者が会場にて入手したモバイル(今回はそうでないのもありますが)関連同人誌や関連グッズ紹介の後編をお送りします。なお、サークル出展者に配慮し、誌面の内容についてはおおまかな掲載までとさせていただいておりますので、ご了承ください。


続きを読む

下り最大440Mbpsの高速通信にも対応したau向けスティック型モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」を写真でチェック【レポート】


au向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」を写真で紹介!

既報通り、KDDIは1月11日にau発表会 2017 Springを開催し、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、下り最大440Mbpsに対応したHuawei Technologies製モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04(型番:HWD35)」(以下、W04)を2017年2月中旬以降に発売すると発表しています。

W04はUQコミュニケーションズ(以下、UQ)が2016年12月からスタートした高速通信サービス「WiMAX 2+」における4×4 MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsに対応した「Speed Wi-Fi NEXT」シリーズの最新機種です。

今回、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてW04を試すことができましたので、本体外観や専用クレードル、主な特長について写真を交えてレポートしたいと思います。

続きを読む

88年の歴史を誇るも惜しまれつつ閉館した「マリンピア松島水族館」がVR動画で蘇る!オープン間もない旗艦店「au SENDAI」で体験イベントが開催【レポート】

vr01
オープン間も無いau SENDAIでマリンピア松島水族館が復活!

昨年末の2016年12月28日に宮城県仙台市のアーケード商店街ぶらんど~む一番町にオープンしたKDDI直営フラッグシップストア「au SENDAI」。オープン時のメディア向けお披露目会にて紹介していますが、カフェスペースや東北の物産・工芸品が置かれるなど、auユーザー以外にも楽しめる場として賑わいを見せています。

そんなau SENDAIにてさっそく1月14日(土)と15日(日)の12時~18時に「復活!マリンピア水族館 VR体験イベント」が開催されています。既報通り、au SENDAIの2階には常設のVR体験コーナーがあり、そこで公開されているコンテンツの一つ「マリンピア松島水族館」。

日本で2番目に長い88年の歴史を誇る水族館で、東日本大震災も乗り越え営業を続けてきましたが、老朽化のため2015年5月10日に惜しまれつつ閉館しました。そのマリンピア松島水族館を360°VR動画で体験できるようになっています。

今回のイベントではVR体験コーナーにマリンピア松島水族館関係者から集められた当時の展示物やグッズなどを展示し、当時の思い出に浸ってもらいながら、VR動画を楽しんでもらおうという企画です。

続きを読む

アップルの次期スマホ「iPhone 8」の防水性能はIP68に向上か?ライバルのGalaxyやXperiaなどに追いつく模様――ただし、iPhone 7は浸水による故障対象外


iPhone 8の防水性能はIP68に向上へ!?写真はiPhone 7

Appleが今年に発売すると見られる次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」(仮称)シリーズについて新たに韓国のThe Investorが防水・防塵性能が現在の「iPhone 7」シリーズよりも向上すると報じています。

iPhoneシリーズでは初の防水・防塵仕様となったiPhone 7シリーズですが、規格としては国際電気標準会議(IEC)が定めた「IP67」に準拠しており、あくまで匿名の情報筋からの情報としてですが、iPhone 8シリーズはより高い「IP68」に対応するとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。