S-MAX

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3 SO-01L」を発表!エクスペリア初の有機ELで、縦長6インチ画面搭載。価格は本体代9万8496円の実質4万176円から、11月上旬発売


docomoからもソニーの新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」が登場!

NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、アスペクト比9:18の縦長なHDR対応の約6.0インチQHD+(1440×2880ドット)有機EL「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載したAndroid 9.0(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3 SO-01L」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

同機はSonyの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ3」のNTTドコモ版で、日本ではすでにau向け「Xperia XZ3 SOV39」およびSoftBank向け「Xperia XZ3」が発表されており、NTTドコモ向けを含めて各機種ともに発売時期は2018年11月上旬を予定しています。また発売に先立ってすでに本日10月17日13時00分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

価格(税込)はドコモオンラインショップでは、本体価格98,496円(分割4,104円/月×24回)で、月々サポートが新規契約および機種変更(契約変更含む)で-1,728円/月×24回(総額-41,472円)、他社から乗り換え(MNP)で-2,430円/月×24回(総額-58,320円)の実質負担額が新規契約および機種変更(契約変更含む)で57,024円(分割2,376円/月×24回)、MNPで40,176円(分割1,674円/月×24回)となっています。

続きを読む

NTTドコモ、シニアなど向けdocomo withスマホ「らくらくスマートフォン me F-01L」を発表!洗えてより使いやすく。価格は4万3416円で、2019年3月発売予定


docomo with対象の「らくらくスマートフォン me F-01L」を発表!

NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、背景だけを綺麗にボカすポートレート機能などカメラ機能を強化し、約4.7インチのディスプレイを搭載、Android 8.1(開発コード名:Oreo)を採用したスマートフォン(スマホ)「らくらくスマートフォン me F-01L」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表した。

発売時期は2019年3月を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格(税込)は月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに、毎月の利用料から1,500円が割り引かれる「docomo with」対象の機種となり、ドコモオンラインショップでは43,416円となっている。

続きを読む

NTTドコモ、docomo withスマホ「Galaxy Feel2 SC-02L」を発表!縦長5.6インチHD+有機ELや4GB RAMなど、基本性能が大幅アップ。価格は4万2120円で、11月上旬発売


docomo with対象の「Galaxy Feel2 SC-02L」を発表!

NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、3000mAhの大容量バッテリーの搭載をはじめ、約5.6インチのSuper AMOLED(有機EL)、オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、Android 8.1(開発コード名:Oreo)を採用したスマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel2 SC-02L」(サムスン電子製)を発表した。

発売時期は2018年11月上旬を予定し、すでに本日10月17日13時00分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに、毎月の利用料から1,500円が割り引かれる「docomo with」対象の機種となり、ドコモオンラインショップでは42,120円となっている。

続きを読む

NTTドコモ、約2年ぶりの新ガラケー「AQUOS ケータイ SH-02L」を発表!使いやすさがさらにアップ。価格は本体代3万456円の実質1万368円で、2019年春発売予定


2年ぶりにケータイの新機種が登場!AQUOS ケータイ SH-02K

NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、VoLTEにおけるEVS-WBに対応するなどより通話時の音声が聞き取りやすくなった新しいAndroidベースの従来型携帯電話(フィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」)「AQUOS ケータイ SH-02L」(シャープ製)を発表した。

NTTドコモからケータイの新機種が発表されたのは2016年10月の「2016-2017冬春モデル新商品発表会」で、「らくらくホン F-02J」および「キッズケータイ F-03J」、「AQUOS ケータイ SH-01J」、「P-smart ケータイ P-01J」の4機種を発表して以来、およそ2年ぶり。

なお、今回の発表における「ケータイ」カテゴリの製品は、SH-02Lのほかに「カードケータイ KY-01L」が発表されている。AQUOS ケータイ SH-02Lの発売時期は2019年春を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される予定。

価格(税込)はドコモオンラインショップでは、本体価格30,456円(分割1,269円/月×24回)で、月々サポートが新規契約および機種変更(契約変更含む)、他社から乗り換えで-837円/月×24回(総額-20,088円)の実質負担額が全オーダーで10,368円(分割432円/月×24回)となる見込み。

続きを読む

NTTドコモ、docomo withスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を発表!縦長5.5インチFHD+ IGZO液晶になり、シャープならではの電池持ちなどを追及。価格は3万1752円、12月以降発売予定


docomo with対象の「AQUOS sense2 SH-01L」を発表!

NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、約5.5インチのIGZOディスプレイ搭載などの省エネ設計や「かんたんモード」などの使いやすさを追及したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)を発表した。

発売時期は2018年12月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される見込みで、価格(税込)は月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに、毎月の利用料から1,500円が割り引かれる「docomo with」対象の機種となり、ドコモオンラインショップでは31,752円となっている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。