S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:時代を先取りしすぎた製品たち。テクノロジーの普及に必要なものを過去の“失敗”を振り返りつつ考察する【コラム】


テクノロジー普及にまつわる問題について考えてみた!

6月も後半に差し掛かった頃、筆者が海外のニュースサイトを巡っていると、懐かしい製品の「訃報」を目にしました。「セグウェイ」(Segway PTシリーズ)が7月15日をもって生産終了するというものです。

セグウェイと言えば、2001年に颯爽と登場し、その未来的なフォルムや操縦方法も相まって「これが21世紀の乗り物だ!」とばかりに大きな話題となりました。

今でもその動作原理は素晴らしい発想だと感嘆するばかりですが、世界中で持て囃される一方で交通事情や法律的な問題から公道を自由に走れる国は少なく、特に日本では道交法による規制が厳しかったため、ショッピングモールの警備やイベントアトラクションなどの限定された利用以外ではあまり普及しませんでした。

テクノロジーの世界を振り返ると、セグウェイのように革新的な技術と画期的なアイデアだったにもかかわらず、世界を変えるどころかブームすら生み出せずに終わったデバイスやガジェットは多数あります。その理由は実に複雑で、後世で「10年早すぎた製品」などと呼ばれることもしばしばです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はそんな「10年早すぎた製品」たちの姿を思い出しつつ、テクノロジーの発展や普及に関連する諸問題について考察します。

続きを読む

楽天回線対応のSIMフリースマホが7月11日まで最大40%ポイント還元!さらにSPUで最大+15倍。OPPO Reno AやGalaxy S10・Note10+など5機種


楽天回線対応スマホが最大40%ポイント還元になるスーパーDEALが実施中!単体購入可能

総合Webモール「楽天市場」( https://www.rakuten.co.jp )にて携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応した対象のスマートフォン(スマホ)が最大40%ポイント還元となる「スーパーDEAL」が2020年7月4日(土)10:00から7月11日(日)09:59まで開催されます。

スーパーDEALの楽天回線対応の対象製品は「OPPO Reno A 128GB(型番:CPH1983)」および「AQUOS sense3 plus(型番:SH-RM11)」、「Xperia Ace(型番:J3173)」、「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」、「Galaxy Note10+(型番:SM-N975C)」の5機種。これまでと同じように製品単体での購入も可能となっており、楽天モバイルの販売する製品は購入時からSIMロックがかかっていないSIMフリーとなっています。

単体のみでの購入なので楽天モバイル以外で使うという人も検討してみてはいかがでしょうか。なお、スーパーDEALで購入した場合には楽天モバイルの正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」の契約とセットで最大15,000ポイントが還元される「Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン」は対象外です。

Rakuten UN-LIMITに申し込むのであれば本体価格が18,700円に値下げされてRakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンで15,000ポイント還元される「Galaxy A7」がお得ではありますが、Rakuten Miniは納期がかなり先になっていたり、OPPO Reno Aなどはおサイフケータイ(FeliCa)や防水などに対応していて人気なのでこちらが良いという人には良さそうです。

続きを読む

UQモバイルがSIMフリーの最新スタンダードスマホ「OPPO Reno3 A CPH2013」を発売キャンペーンで実質2万760円に!オトク割と3千円還元で


UQ mobileがSIMフリースマホ「OPPO Reno3 A 」の発売キャンペーンを実施!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は1日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において「OPPO Reno3 A 発売キャンペーン」( https://oppojapan.com/opporeno3a_campaign/ )をオッポジャパンが実施するとお知らせしています。

キャンペーンは期間内に最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を購入し、キャンペーンWebサイトから応募した場合にau PAY残高を3,000円分キャッシュバックします。購入期間は2020年6月25日(木)〜8月30日(日)まで、応募期間は2020年7月1日(水)〜8月30日(日)まで。

UQ mobileからOPPO Reno3 Aを購入すれば、販売拠点はUQスポットや量販店などのUQ取扱店および公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」などのどこでも良いとのこと。なお、応募時にはSIMスロット1の製品製造番号(IMEI)を入力する必要があります。

UQ mobileではすでに紹介しているようにOPPO Reno3 Aを本体価格35,640円から新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)ともに「オトク割」によって11,880円割引の23,760円で販売しており、さらに3,000円分が還元されることで実質20,760円で購入できるようになっています。

これまでもNTTコミュニケーションの携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とのセットでNTTレゾナントが「goo Simseller」にて7月15日(水)11:00までは発売記念特価で24,860円で販売しており、さらに対象オプション同時加入で1,000円割引、MNPで5,000円割引で販売していますが、UQ mobileも同等レベルでお得となっています。

続きを読む

横スライド式QWERTYキーボード搭載のAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」が日本で7月11日に発売!価格はSIMフリーで9万8890円


横スライド式QWERTYキーボード搭載スマホ「F(x)tec Pro1」が7月11日発売!

リンクスインターナショナルは3日、横にスライドさせて収納できるQWERTYキーボードを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「F(x)tec Pro1(型番:QX1000)」(FX Technology製)を日本市場にて2020年7月11日(土)に発売すると発表しています。

FX TechnologyはMotorola Mobilityの「Moto Z」シリーズにおける「Moto Mods」のキーボードModを開発していたLivermoriumのメンバーがイギリスで立ち上げたスタートアップ企業で、その後、F(x)tec Pro1を開発して海外では昨年より出荷が開始されていました。

そんなF(x)tec Pro1が日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得などして日本市場にて正式販売が開始されます。価格はオープンながら市場想定価格は税抜89,900円(税込98,890円)で、SIMフリーとして販売されます。

続きを読む

ジェネシス、Android 10 (Go edition)搭載の小型な5インチSIMフリースマホ「ADP-503G」を発表!7月9日発売で、価格は1万780円


Android 10 (Go edition)搭載スマホ「Jenesis ADP-503G」が登場!

ジェネシスホールディングス(以下、ジェネシス)は3日、OSに「Android 10 (Go edition)」を採用したSIMフリーの5インチスマートフォン(スマホ)「ADP-503G」を発表しています。2020年7月9日(木)に発売を予定しており、価格はオープンながら市場想定価格は税抜9,800円(税込10,780円)とのこと。

Android 10 (Go edition)はスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 10」と同様にダークモードやジェスチャーナビゲーションなどのユーザエクスペリエンス(UX)の向上およびプライバシーやセキュリティーの強化などが行われつつ、動作の軽快さを損なわずに軽量化しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。