S-MAX

PepperとバリスタとduAroがコラボ!好みのコーヒーを入れてくれる「ネスカフェ・Pepper・duAroおもてなし無人カフェ」を写真と動画で紹介【レポート】


ロボットがコーヒーを提供するカフェを体験!

ネスレ日本およびソフトバンクロボティクス、川崎重工業は10日、2017年11月16日(木)から26日(日)までの期間限定で「ネスカフェ 原宿」にて「ネスカフェ・Pepper・duAro おもてなし無人カフェ」(以下、おもてなし無人カフェ)をオープンすると発表した。

それに伴い、初日の11月16日にメディア向けの体験会が開催され、おもてなし無人カフェの概要およびカフェをオープンする狙いなどについて説明が行われた。「Pepper」がコーヒーを提供するカフェは今年7月に「ソフトバンク銀座」などで提供されていたのに続いたもので新たに川崎重工の双腕スカラロボット「duAro」が加わって無人となった。

おもてなし無人カフェの利用には、まず店内でドリンクもしくはフードメニューのいずれか一品以上を注文する。好みのコーヒーのタイプや濃さをPepperに伝えると、注文に連携してduAroがカップを「バリスタ 50[Fifty]」にセットする。最後にバリスタ 50が抽出したコーヒーをduAroが取り出し、キットカットとともに提供するという流れだ。Pepperの顔認識を利用して、Pepperとお友達登録すると次回からは好みのコーヒーを覚えておいてくれるというサービスも実施している。

今回は、Bluetoothでスマホと連携できるカフェマシンであるバリスタ 50とPepper、duAroによるおもてなし無人カフェの狙いを紹介していく。

続きを読む

NTTドコモが小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を発売!ドコモショップや家電量販店、ドコモオンラインショップの頭金&本体価格を比較


shimajiro@mobiler

NTTドコモから「2017-2018年冬春モデル」のうちの4.6インチサイズと小型ながら上位機種と同じCPUや背面カメラを搭載したハイスペックなスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」が11月17日に発売された。

すでに紹介しているようにXperia XZ1 Compact SO-02Kの本体価格は約7.7万円で、これに加えて店舗独自の頭金や事務手数料を加えた金額が本体購入にかかる支払総額となる(事務手数料は毎月の通信料と合算して支払い)。

そこで今回は主な購入ルートであるドコモショップや家電量販店、ドコモオンラインショップでの販売価格を比較してみた。

続きを読む

初代Apple Watchからこのタイミングで「Apple Watch Series 3」ではなく「Apple Watch Series 2」を購入!その理由はやはりあの機能【レポート】


Apple Watch Series 3ではなく、Series 2を購入!そのワケは?

Appleの新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」が9月22日に発売されました。最大の特長は携帯電話ネットワーク(Cellular)に対応したモデルがあることで、日本でもNTTドコモやau by KDDI、SoftBankから販売されるなど、一部では「iPhone X」よりも話題的に注目されていました。

一方で、初代「Apple Watch」を普段から愛用している筆者ですが、このタイミングで最新のApple Watch Series 3には惹かれずに1つ前の「Apple Watch Series 2」を中古で購入しました。今回はその理由を紹介したいと思います。

続きを読む

2017 Japan IT Week 秋:ソースネクストが世界50言語を双方向通訳する「POCKETALK」を展示!グローバルSIM採用で世界61カ国に対応、クラウド処理による精度の高い翻訳を実現【レポート】


ソースネクストブースで世界50言語を双方向通訳する「POCKETALK(ポケトーク)」を展示!

千葉県・幕張メッセにて11月8日から10日まで開催されていたIT関連展示会の総合イベント「2017 Japan IT Week 秋」にソースネクストが出展し、世界50言語を双方向通訳するモバイルデバイス「POCKETALK(ポケトーク)」を展示しました。

12月14日からの発売を予定しており、価格は主に個人向けとなる売り切り価格で24,800円(税抜、以下同)、専用グローバルSIM同梱モデルの「POCKETALK+」が29,800円、主に法人向けとなるレンタルは月額3,000円もしくは日額300円、専用グローバルSIM同梱モデルの「POCKETALK+」が月額3,600円もしくは日額360円となっています。またSIM単体での販売価格は10,000円となっています。

すでにソースネクスト直販サイトで予約が開始されていますが、好評につき現在はブラックが2018年1月18日以降、ホワイトが2017年3月30日以降の発送予定となっています。また直販サイトでの予約特典として専用のシリコンケースが付属します。

展示会場ではタッチ&トライコーナーを設け、来場者にスタッフが丁寧に使い方や仕様を説明していました。今回は本製品の仕様や使い方などを写真や動画でご紹介します。なお、本製品の詳細な仕様などについてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

セブン銀行ATMで「LINE Pay」にチャージしてみた!銀行口座への入金と同じ感覚でスピーディーにチャージ完了【レポート】


ゼロから始めるスマートフォン

LINE Payが10月23日よりコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」と連携する決済サービス「LINE Pay」( http://line.me/pay )においてセブン銀行のATMで現金の入金(チャージ)と出金を可能とする連携を開始しました。

また同社ではLINE Payの2017年10月末の時点で月間取引件数1000万件を突破し、さらに今年に入ってから11月までの時点で月間流通総額550億円を記録、累計流通総額は日本円で3,000億円となっていることを明らかにしています。

徐々に利用者や件数、認知度などが上がってきているLINE Payですが、オンライン決済のほか、専用プラスチックカード「LINE Payカード」によってプリペイドカードとしても利用できます。以前は、LINE Payカードは「LINEプリペイドカード」と同様に店頭でも手に入れられましたが、現在はWebサイトでの申込後の郵送によっての発行となっています。

今回はセブン銀行ATMでLINE Payへのチャージや出金ができるようになったということで、実際に試してみたので紹介したいと思います。なお、試したのはチャージだけです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。