3d55090f.jpg

フルキーボードを搭載したシャープ製Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」

NTTドコモは、Androidを搭載したシャープ製ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」においてソフトウェアの脆弱性が見つかったため9月9日(木)から販売を一時停止すると発表しています。これまでの累計販売台数は約7,000台とのことです。
見つかった脆弱性としては「悪意のあるアプリケーションがインストールされた場合に、お客様のキーボード操作履歴が第三者により取得される可能性」があるというもの。ただし、現時点では、この脆弱性をつくアプリは確認されていないそうです。

ユーザーからの申告件数も0件ということで、ひとまず、確認されていないので、そのままでも問題はなさそうですが、もしかしたらあるかもしれませんし、今後、こうしたアプリが出るかもしれませんので早急に対応したという形でしょうかね。

もし、キーボード操作履歴がオンライン経由で第三者に送付されると、パスワードなどを入力した場合に、そのパスワードが知られてしまうことになるので、ちょっと心配ですよね。こういった“キーロガー”タイプの脆弱性は、パソコンにも多くありますが、スマートフォンだとこういった心配も出てくるんですね。

すでに購入して利用しているユーザーに対しては、9月13日(月)にオンラインバージョンアップサービス「ソフトウェア更新」の提供を予定しているとのことです。また、店頭販売についても9月中旬頃に対策済みのソフトウェアにしたもので再開見込みだそうです。

同様の脆弱性は、au向け「IS01」でも報告されていて、こちらはすでにオンラインバージョンアップサービス「ケータイアップデート」を提供済み。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
auスマートフォン「IS01」が3度目のソフトウェアアップデートを実施!キーロガー対策など - S-MAX - ライブドアブログ
ドコモからのお知らせ : 「ドコモ スマートフォン LYNX SH-10B」の一時販売停止のお知らせ | お知らせ | NTTドコモ