NTTドコモ「spモード」特集

NTTドコモは、2010年9月1日(水)からドコモスマートフォンでiモードメールとほぼ同等となる@docomo.ne.jpドメインによるメールサービスやコンテンツ決済サービスなどに対応したスマートフォン向けISPサービス「spモード」を開始しました。本特集では、spモードについての情報をまとめていきます。
spモードメールアプリがバージョンアップ、公開後に発覚した不具合も翌日修正
docomoのスマートフォンでケータイメール(***@docomo.ne.jp)を利用できるアプリ「spモードメール」のAndroid版がアップデートされました。アップデート直後に不具合が発覚して、翌日さらに修正版がリリースされるという出来事もスマートフォンならでは!? 気になるアップデート内容は続きをご覧ください。


Android端末でspモードメールの着信を逃さず通知してくれる「メール通知」
spモードの開始により、Xperiaでも携帯電話のメールアドレス(docomo.ne.jp)が使えるようになりましたが、Wi-Fiを使用している時や、携帯電話のパケット通信がOFFになっているときはメール着信音が鳴らないという問題があります。今回はこの問題をスマートに解決してくれるアプリ「メール通知」を紹介しましょう。


Xperiaでiモードとspモードのメールアドレスを入れ替えて使ってみた
9月からドコモスマートフォンでiモードメールアドレス(@docomo.ne.jp)相当のメールサービスが利用できる「spモード」がスタートし、8月以前からのXperiaユーザーの皆様も続々とspモードを契約されているのではないでしょうか。今回は、1回線契約でXperiaとiモード端末を併用するユーザー向けに、iモードとspモードでのメールアドレス入れ替えて使う方法を紹介します。


SC-01Bでiモードメールが使える「spモード」を使ってみた!Windows Phone向け機能をチェック
 ちょっと間が空いてしまいましたが、今回はXperiaとiモード端末の1回線併用についてのお話の番外編的な話です。 Xperiaとiモード端末でFOMAカードを入れ替えながら使っていると、一つ気になるのが、無線LANスポット以外でiモード端末にFOMAカードを入れている時は、当然のことながらXperiaで通信できないという至極当たり前のことです。Xperiaに慣れてどこでも使いたくなってくると、その点がだんだん小さな不満に思えてきます。 そこで、FOMAカードを入れない状態でXperiaで通信をするため、今回はドコモ回線を使ったモバイルルーター、バッファローの「ポータブルWi-Fi」との併用を試します。「だったら2回線契約にすれば良いじゃないか」との突っ込みを入れたくなる人もたくさんいるでしょうが、Xperiai以外にもパソコンやゲーム機などWi-Fi機器と通信を同時に共有できるので、2回線契約とはまた違ったモバイルルーターならではのメリットもあります。 今回はFOMAカードなしのXperiaと「ポータブルWi-Fi」併用のメリット・デメリットを考えます。


NTTドコモ、Android向け「spモードメールアプリ」をアップデート!変更点をチェック
日本通信が新しい領域に踏み込んだ製品が7/30(金)に発売開始された「talkingSIM」だ。これまでの日本通信の製品は主にPHSや3G、そして、無線LANによる“データ通信”を提供するものだった。モバイルIP電話による「もしもしドッチーカ」といった製品も提供しているが、MVNOでいわゆる回線交換による“電話”サービスははじめて提供することになる。そんな「talkingSIM」を「Xperia」で使ってみたので使い方とメリットを紹介しておこう。


Xperiaがバージョンアップ!POBox進化やバックアップアプリなど、変更点を徹底チェック
スマートフォン向け新インターネット接続サービス「spモード」の開始に伴い、Xperiaのバージョンアップが8月30日(月)から開始されました。早速、バージョンアップを行ったので、その方法から、具体的に何が変わったのかを徹底チェックします。


NTTドコモが「spモード」を9/1(水)に開始!Xperiaのバージョンアップも提供
NTTドコモは、スマートフォン向けISPサービス「spモード」を2010年9月1日(水) 09:00から開始すると発表しています。spモードは、スマートフォンでiモード端末と同様に「@docomo.ne.jp」ドメインのiモードメールが利用できるほか、コンテンツ決済サービス、メールウイルスチェック、アクセス制限サービスといったサービスが利用できるサービスです。概要を紹介しておきましょう。


NTTドコモ「spモード」がもうすぐスタート!導入前に知っておきたいQ&Aまとめ
ドコモスマートフォンでもiモードメール(「@docomo.ne.jp」ドメインのメールアドレス)が利用できるようになる「spモード」が9月1日(水)から提供開始されます。今までドコモスマートフォンを利用してきたユーザーや、メールアドレス関連の問題でスマートフォン移行を見送っていたユーザーには非常に興味深いサービスとなるでしょう。今回はspモードを導入する前に知っておきたい注意点などを軽く紹介しておきます。


ドコモスマートフォンが明日から値下げ!スマートプライスキャンペーンを期間限定実施
NTTドコモのスマートフォン向けISPサービス「spモード」が9/1(水)から開始される予定ですが、spモードのサービスインに合わせてスマートフォンの本体代金などを割り引く「スマートプライスキャンペーン」も実施されます。スマートプライスキャンペーンの概要と本体の価格をまとめておきます。


Xperiaがバージョンアップ!POBox進化やバックアップアプリなど、変更点を徹底チェック
スマートフォン向け新インターネット接続サービス「spモード」の開始に伴い、Xperiaのバージョンアップが8月30日(月)から開始されました。早速、バージョンアップを行ったので、その方法から、具体的に何が変わったのかを徹底チェックします。


NTTドコモ、Android向け「spモードメールアプリ」をアップデート!変更点をチェック
NTTドコモは、9月10日(目)未明に、Android向け「spモードメールアプリ」のアップデートを実施しています。現在、Androidマーケット、またはドコモマーケットからダウンロードが可能です。バージョンアップによって変更された点を早速まとめてみました。


Windows Phone「SC-01B」でiモードメールが使える「spモード」を使ってみた
サービスが開始され、色々と話題に上ることも多いドコモ「spモード」。テレビCMや巷では、人気の「Xperia」との組み合わせが何かと話題です。しかし、spモードが使えるスマートフォンは何もXperiaだけではありません。今回は、サムスン電子製のWindows Phone搭載スマートフォン「SC-01B」でspモードを始める手順を紹介します。


Xperiaでiモードとspモードのメールアドレスを入れ替えて使ってみた
9月からドコモスマートフォンでiモードメールアドレス(@docomo.ne.jp)相当のメールサービスが利用できる「spモード」がスタートし、8月以前からのXperiaユーザーの皆様も続々とspモードを契約されているのではないでしょうか。今回は、1回線契約でXperiaとiモード端末を併用するユーザー向けに、iモードとspモードでのメールアドレス入れ替えて使う方法を紹介します。


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter