ちっさいカメラを携えて出かけよう!

2011年の2月9日から12日までパシフィコ横浜にて開催されているイベント「CP+2011」におけるトダ精光ブース内のアンデックス・ユウのコーナーにて、昨年末に発売されて話題となっているストラップとしてぶら下げることができるほど小さなハイビジョンムービーカメラ「ちびCAM HD」が展示されてましたので、紹介したいと思います。

dee60952.jpg

小さいボディに機能が詰め込まれている「ちびCAM HD」。

外径は縦47㎜×横47㎜×厚さ17㎜とキーホルダー型のデジタルフォトフレームと良い勝負が出来るくらいに小ぶりで、重量も約34gと非常に軽いのが特徴です。


d6825c5f.jpg

本体前面側。カメラ横にある穴は録音・録画に使用するマイク。

カメラは1280×960ピクセル(秒間30フレーム)のハイビジョンサイズでの動画撮影が可能です。
マイクはモノラルで高感度に設定されておりノイズが入りつつも聞き取りやすい設定がなされています。

7353c3be.jpg

本機右側面。電源スイッチとモードチェンジボタンが配置されています。

電源はオンオフのスイッチ式で見てすぐにわかるようになっています。
モードスイッチボタンは繰り返し押すことで写真撮影・動画撮影・録音・動体検知撮影(後述)・プレビューを切り替える事が出来ます。

0e7e1ded.jpg

本機天面にはシャッターボタンとUSB(ミニ)端子あります。

撮影シャッターや録音・録画の開始と終了はここのシャッターボタンのみで行います。
USB(ミニ)端子は本体バッテリーの充電やPCと接続するときに使います。
本機はPC用カメラの機能も備えており、PCに接続している間は電源の供給が続くため保存メモリが尽きるまで連続して動画を撮影するといったことも可能です。

809c722b.jpg

本機底面。microSDスロットと付属品の専用スタンドへ接続する為のジョイント部があります。

microSDスロットは通常のmicroSDカードの他、32GBまでのmicroSDHCカードに対応しています。

f5146a0b.jpg

本機左側面。天面側にストラップホールがあり、中央付近には充電を知らせるためのLEDが存在しています。

本機は重量も軽いのでストラップを使ってスマートフォンにストラップとしてぶらさげて使うのも良いでしょう。

7cd0aa1f.jpg

本機背面、電源を入れた直後の画面。
本体裏側は1.44インチのTFT液晶があり、この背面全体が上下左右の十字キーになっています。
撮影時はズーム(最大でデジタル8倍)したり、プレビューモード時は撮影した写真の動画を選択するのに使います。

3つ+αの基本機能。
モードの切り替えは前述しましたがモードチェンジボタンを押すだけで写真・動画の撮影や音声録音、動体検知撮影とプレビューを切り替える事が出来ます。
c6812399.jpg

写真撮影モードの画面
カメラアイコンでそれと直ぐにわかる写真撮影モード、使い方は撮りたいものに向かってシャッターボタンを押すだけです。

d72a3f87.jpg

動画撮影モード、こちらもアイコンで直ぐ分るようになっています。
使い方は撮影を始める時、止める時にシャッターボタンを押すだけです。
写真はJPGで、動画はAVI形式にて保存されます。

f2df9487.jpg

マイクアイコンが目印の音声録音

本機はマイクは備えているもののスピーカーを搭載していないため、動画のプレビューや録音した音声の確認はPCに移すなどしたのちに確認するということになります。
尚、保存はWAV形式で録音されるので、特に手を加えずに直ぐにPCで確認できます。

fdd4d17b.jpg

動体検知撮影ってなに?
この動体検知撮で撮影を開始すると、電源が入りっぱなしになり、その間にカメラの前を誰かが通ると自動で撮影を開始してくれるという、防衛グッズとしての一面も持っていたのです。
電力の問題さえクリアできれば駆動時間を気にせずに利用出来る為、防犯へ使うのも良さそうです。

55fdcc81.jpg
e44b7559.jpg

スペックシートなど。付属品が非常に充実しているのが確認できます。


ミニマムサイズでちょっとした撮影などに機能を絞った小型のハイビジョンカメラのちびCAM HD、スマートフォンのストラップやカバンにつけて持ち歩いてみてはどうでしょうか?


記事執筆:河童丸




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・アンテックス・ユウHP内:ちびCAM HD 製品ページ