493fc618.jpg
Xperia新モデルをさっそくゲット&開封!

NTTドコモのスマートフォン春モデル「Xperia arc SO-01C」が3月24日に発売されました。昨年発売されスマートフォン普及に大きく貢献した「Xperia」の後継機種ということで期待も高まります。早速ゲットしてきましたので、パッケージや付属品を中心に紹介します。

今回のXperia arcはヨドバシカメラマルチメディア札幌で筆者が予約したものです。開店と同時に手続きを開始して、実際に手にできたのは11時半頃でした。NTTドコモの窓口はXperia arcを予約した人で常に賑わっていました。店頭の表示によると今日の販売は予約分のみ、明日(3月25日)に少量の入荷が予定されており、その分の予約を受け付けていました。

先代Xperiaを意識しながら実際にXperia arcを手にしてみると「贅肉が取れてスリムになった」という印象を受けます。先に発売されたMEDIAS N-04Cには及びませんが、旧Xperiaとは比べるべくもない薄さです。

【写真左からMEDIAS、Xperia arc、Xperiaの順】
051218fc.jpg

付属品はクイックスタートガイド(簡易説明書)の他、ACアダプタ、microUSBケーブル、マイク付ステレオヘッドセット、microSDHCカード(16GB)です。また製品の同梱品ではありませんが、Googleアカウントの登録やspモードメールアプリのダウンロード手順が図解された「スタートアップガイド」が配布されていました。

【ステレオヘッドセットには3種類のサイズのイヤーピースが付属】
99971160.jpg
【ACアダプタには「GreenHeart」ロゴ、microUSBケーブルはコネクタがL字型】
abc3d09e.jpg
【同時に配布された「スタートアップガイド」】
3e09999e.jpg

さて先代Xperiaユーザーがarcを使うにあたり真っ先に気になるのはボタン配置ではないでしょうか。先代では左から「メニュー」「ホーム」「戻る」だったのが、arcでは左から「戻る」「ホーム」「メニュー」と、ちょうど左右が逆になっています。慣れの問題だとは思いますが最初は戸惑いそうです。

【Xperia arc(写真左)のキー配列は先代Xperia(写真右)と左右が逆】
9ce4d01c.jpg

今回はまずファーストインプレッションとして付属品とハードウェアについて紹介しました。実際の使い勝手などは今後使い込んでいく中で随時紹介していければと思います。

【Xperia arcはどんなスマートフォンライフを提供してくれるだろうか】
669c544d.jpg

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter