751b876c.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

Motorola Mobilityは15日(現地時間)、同社製のAndroid端末におけるAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)へのバージョンアップの計画を更新しています。

今回更新された計画表には、「MOTOROLA XOOM WiFi Only」と「MOTOROLA RAZR」について、対象地域に”日本”を含みつつ、2012年の第2四半期(4-6月)のアップグレード実施に向けて準備が進められていると明記されています。

これにより、日本ではKDDIからau向けに販売されている「MOTOROLA XOOM TBi11M」と「MOTOROLA RAZR IS12M」と「MOTOROLA PHOTON ISW11M」の3機種のモトローラ製Android端末が発売されていますが、XOOM TBi11MとRAZR IS12MについてはAndroid 4.0が提供されることが見込まれます。

一方、日本版PHOTON IS11Mについては「検証・計画中」と記載されており、まだ詳細な予定が立っていないようです。

4f345f5b.jpg


しかし、内容が順次更新されているので、今後提供時期とともに対象機種へ加えられる可能性はあります。



ゼロから始めるスマートフォン
モトローラ、日本向け「XOOM」と「RAZR」にAndroid4.0 ICS提供へ、PHOTONは今のところ”検討中” | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
Motorola Android Software Upgrade News | Motorola Owners' Forum | Motorola Mobility Inc.