cceebda0.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

先行してソニーモバイルコミュニケーションズから日本市場向けに投入されると発表されていた「Xperia GX」と「Xperia SX」。詳細なスペックが公開されていない中、わかる範囲で過去の「Xperiaシリーズ」との比較を以前に行いました。

その後、NTTドコモからも「Xperia GX SO-04D」および「Xperia SX SO-05D」として正式発表され、スペックの詳細が判明しました。そこで、今回は、改めて新作のXperia GXおよびXperia SXとこれまでのXperiaシリーズを比較してみました。

480
b0dc0559.jpg

※クリックすると別窓で拡大表示


OSバージョンについてはXperia GXとXperia SXともにAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)が初期搭載されます。2012年モデルであるXperia NXやXperia acro HDも2012年7月以降にアップデートが実施される予定となっています。その他の機種は“提供検討中”の状態。

サイズはXperia rayが最も小さく、次いでXperia SXです。横幅と厚さがほぼ同じなので、恐らく持った感じはさほど変わらないかと思います。重さはXperia SXのほうが軽いです。Xperia GXが軽い部類に属するというのも面白いところですね。ディスプレイが4.6インチと最も大きいにもかかわらずです。背面のアーク形状といい、Xperia GXはXperia arcの真の後継機と言っていいのではないかと思います。

動作面ではQualcommの最新チップSnapdragon S4と1GB RAMの搭載によって、Xperia GXおよびXperia SXともに着実に向上しています。発売までにはさらにスムーズな動きに調整されるものと思われます。

Xperia GXおよびXperia SXともにLTEに対応しています。以降はLTE対応が標準になってきそうですね。またおサイフケータイ(Felica)にも対応しています。ワンセグと赤外線通信はSXのみが対応しています。しかし、Xperia acroやXperia acro HDと違うのは、付属のアンテナケーブルを装着しないとワンセグの視聴ができないという点です。常に持ち歩くのはちょっと面倒かも。

それと今作ではHDMI出力端子を備えていません。代わりにMHLに対応するので、MHLケーブルHDMI変換コネクターを利用すれば、映像の外部出力が可能です。ケーブルが製品に付属するのかどうかは不明です。

あとはLTE対応にもかかわらずSXのバッテリー容量が1,500mAhと比較的小さいのが気になります。GXの1,700mAhも決して安心できるサイズではありません。この辺りは実際に使ってみないことには分かりませんが、心配の種ではあります。

こんなところでしょうか。何だかんだで2機種とも素晴らしく、シリーズ中「最強」と言えるほどの高い完成度であると私は思っています。Xperia arc SO-01C発売から約1年と2ヶ月が経ちます。機種変するとまだ解除料が発生してしまうタイミングではありますが、乗り換えても損はしない内容にはなっていると思いますよ。

Xperia GXおよびXperia SXの実機レビュー(試作機)を記事にしていますので、まだご覧になっていない方は是非目を通してみてください。

■Xperia GX
Xperia GX SO-04Dのファーストインプレッション | ゼロから始めるスマートフォン
XperiaがXiに対応!おサイフも搭載した美しいデザインのソニーブランドなハイエンドスマートフォン「Xperia GX SO-04D」を写真で紹介【レポート】 - S-MAX

■Xperia SX
Xperia SX SO-05Dのファーストインプレッション | ゼロから始めるスマートフォン



ゼロから始めるスマートフォン
【正式版】Xperia GX/SXを過去のXperiaシリーズと比較 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter