ウィルコム初のAndroidスマートフォンを探る!

既報通り、ウィルコムとソフトバンクモバイルは29日、2012年夏以降に発売する予定の新モデル「ソフトバンクモバイル・ウィルコム新商品発表会 2012 Summer」を開催し、音声通話はPHS+3Gによる通話と3Gによるデータ通信に対応したデュアルネットワークなAndroidスマートフォン「DIGNO DUAL WX04K」が発表されました。発売は2012年6月21日予定。

DIGNO DUAL WX04Kは従来のようなPHS端末とは違い、「通話の選択肢にPHSを選んで利用することができる3Gスマートフォン」ともいうべき端末で、データ通信に絡む機能は他キャリアなどで提供されている3G通信のスマートフォンと同様で、音声通話にPHSを利用することでPHS(ウィルコム)の強みであるクリアな音声品質や「誰とでも定額」の恩恵を受ける事が出来るスマートフォンとなっています。

発表会場にて実機の展示がありましたので紹介します。

■デュアルだけど実はトリ!?
“DIGNO DUAL”というペットネームではありますが、通話にはPHSモード・3Gモードの他にGSMにも対応したモードが用意されており、実はトライネットワーク機であったりします。

82d3d347.jpg

DIGNO DUAL WX04K

fb18b093.jpg

本体カラーはホワイト・ピンク・グリーン・ブラックの4色


サイズは、大きさが約130×64×10.7mm(最薄部)、質量が約148g。(バッテリー装着時)OSにはAndroid 2.3(開発コード名:Gingerbread)を採用していますが、発売後にAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)へのアップデート予定がとのことです。

CPUは1.2GHzデュアルコアのルネサス製「MP5225」を採用。本体メモリは2GB、RAMは1GBとなっています。この他にもIPX5、IPX7相当の防水機能を備えています。

b015d58b.jpg

表面と裏面


表側は機能・ホーム・バック・検索の4キー配置となっている他、スピーカーや近接・照度センサーに約30万画素CMOSのインカメラを備えています。

裏面には約500万画素CMOSのアウトカメラに赤外線通信ユニット、カメラ用フラッシュライトとスピーカーがあります。

b73f0dc0.jpg

右側面と左側面


右側面には電源キーと音量キーの他、天面側にワンセグアンテナが配置されています。左側面にはmicroUSB端子とストラップホールがあります。

44e48f6e.jpg

天面と底面


天面には左側面にあったストラップホールの穴が開いており、底面には通話用マイクがあります。

a20b43a8.jpg

裏蓋を外したところ

f4fe98c2.jpg

バッテリー容量は1520mAhとなっていました。

862fbbc6.jpg

バッテリーを外すと32GBmicroSDHCに対応したmicroSDカードスロットとマイクロU-SIMカードスロットがあります。

bdede201.jpg

他のAndroidスマートフォンでは中々お目にかかれないであろうPHS-3G切り替え選択の画面

3a863966.jpg

Androidのバージョンは2.3.4(4.0へアップデート予定)となっていました。


最後に実際に操作している動画を用意しましたのでご覧ください。



記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
DIGNO DUAL WX-04K紹介ページ