18181518.jpg

コンパクトな箱の中からIGZOスマホ登場

NTTドコモから昨日29日に発売開始された「2012冬モデル」のAndroidスマートフォン「docomo NEXT series AQUOS PHONE ZETA SH-02E」(シャープ製)。

800MHz、1.5GHz、2.1GHz帯のトリプルバンドに対応した高速化したXi(クロッシィ)や1.5GHzクアッドコアCPU、防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線などの“全部入り”モデルであることに加え、なんといってもシャープの新世代ディスプレイ「IGZO(イグゾー)」を採用した4.9インチ大画面液晶を搭載していることで話題となっています。

筆者もIGZOディスプレイにさまざまな期待を持ち、発売日に購入しました。そこで、早速箱の中身をチェックしましたので、紹介したいと思います。

194a56e2.jpg
箱を開けたところ 上がSH-02E、下が卓上ホルダ


今回のAQUOS PHONE ZETA SH-02Eも、過去のシャープ製スマートフォン同様、特別な化粧箱ではなく、フィーチャーフォン時代からのドコモ端末標準の化粧箱に入っています。過去のシャープ製スマートフォンと違うところは、箱が非常に小さいことです。梱包物が非常に少ないため、コンパクトな箱となりました。それでは全ての梱包物を見てみましょう。

ba1e8169.jpg
SH-02Eの梱包物全て


これが全ての梱包物です。随分少ないです。端末と卓上ホルダの他の左隣にある物は、試供品のタッチペン(スタイラス)です。イヤホン端子に挿せるようになっています。その他はクイックスタートガイドの他、タッチペンなどの説明書や保証書が入っているだけです。バッテリーは内蔵なので、バッテリー関係の説明書などもないのが特徴です。

0e789883.jpg
別売りのドコモ純正ACアダプタ04


ここまで見てきて「おや?」と思った方も多いかと思いますが、AQUOS PHONE ZETA SH-02EはACアダプタが別売りです。購入される方はぜひご注意下さい。フィーチャーフォン時代と同じく、基本的にはドコモ純正のACアダプタを購入する必要があります。純正品でないmicroUSB端子を備えたACアダプタも勿論使えますが、動作保証されているのはやはり純正品です。

ドコモ純正のスマートフォン用ACアダプタは、945円のACアダプタ03の他、今秋新たに急速充電対応で1,575円のACアダプタ04が登場しました。ACアダプタ03の方が安く、アダプタ本体とUSBケーブル部分が分かれるメリットもあるのですが、AQUOS PHONE ZETA SH-02Eはバッテリーが2,320mAhと大容量バッテリーを備えているので、ここはぜひACアダプタ04の購入をオススメします。ドコモポイントが貯まっている人はぜひポイントで購入されると良いでしょう。

これからAQUOS PHONE ZETA SH-02Eの試用レポートを書いていく予定ですので、よろしくお願いいたします。

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
携帯電話初のIGZO液晶搭載!さらに進化した最強ドコモスマホ「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を写真でチェック【レポート】 - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモ、2012年冬モデル新商品・新サービス発表会を10月11日12時に実施!Xperia AXやGALAXY Note IIなどを発表へ - S-MAX - ライブドアブログ
AQUOS PHONE ZETA SH-02E | 製品 | NTTドコモ
NTTドコモ
SH-02E | シャープ