3ca35d60.jpg

狙いは「持ちたい」ではなく「持たせたい」?

先日お伝えした通り、NTTドコモはシャープ製の「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を発表しました。

大方の予想通り、この機種を見た多くの方が「こんなの、誰が買うんだよ」とか、「誰得」とか、「アプリ追加できないなんて、どこが『スマートフォン』なんだよ」とか、否定的な見方をしています。

ただ、これらの「ジュニスマ」に対する視点はいずれも、「もしも(大人である)自分が『使う』としたら」、というものばかり。「もしも自分の子どもに『使わせる』としたら」という観点が欠けているような気がしてなりません。

ドコモは一体何を考えてSH-05Eを世に送り出すのでしょうか。発表会のレポート・機能紹介を交えながら、考えていこうと思います。

■小学生でもスマホを持ちたいこのご時世。でも親としては…

790473d8.jpg

小学生でも高まるスマホ熱

7cb60383.jpg


a0f43cd1.jpg

でも、親としては不安もいっぱい…

ここ2~3年ほど、スマートフォンに対する熱は非常に大きくなっています。「これ、ケータイ(フィーチャーフォン)でもできるよね?寧ろ不便になるよね?」的な使い方であっても、猫も杓子もスマートフォン、という状況も初期にはあったように思えますが、最近は「LINEで音声でもテキスト(文字)でもチャットしたい!」という能動的な理由でスマートフォンを希望することも増えてきた感じです。

それは、小学生でも例外ではなく、今や8割の小学生が携帯電話としてスマートフォンを希望するか、既にスマートフォンを利用中、という調査結果も出ています。その一方、ドコモが小学生や中学生を持つ親にアンケートを取ってみたところ、多くの親が携帯電話の維持費や(時間的な意味での)使いすぎ、ネット上のトラブルに巻き込まれることを懸念している、という結果が出ました。

そこで、「親が子どもに持たせても安心なスマートフォンと、料金プランを作ろう」、と思い立ったのが、ジュニスマの企画の出発点であるようです。決して、「子どもが使いたい」、という出発点ではありません。ここをどう捉えるかどうかで、この端末とサービスへの印象が大きく変わるはずです。あくまで、端末代や利用料金を払うのは親ですからね…。


■「キッズケータイじゃ子どもっぽすぎる。でも、普通のスマホだと不安が…」

d91a8032.jpg

ジュニスマは小学校高学年~中学1年生程度がターゲット

3819cbf3.jpg

親にとっての安心を詰め込んだSH-05E

子どものスマホを欲しがる気持ちと、親の持たせることで生じる不安の両方を踏まえて作られたのが、このSH-05Eなのです。

c84afa47.png

利用時間制限や実利用時間の把握も簡単に

使いすぎが心配、という懸念に対しては、時間帯指定・累計時間による利用制限をかけることが可能です。例えば、家にいる時間帯は利用を禁止、とか、10時間以上使ったらもう使えない、とか、家庭で決めたルールに従って運用しやすいように工夫されています。もちろん、利用時間の把握も簡単です。

1515edba.jpg

イマドコサーチにも対応し…

5de0ba37.jpg

防犯ブザーも装備

今までのキッズケータイ同様、イマドコサーチや防犯ブザーも装備されています。防犯ブザー鳴動と同時に指定した電話番号宛てに電話をかけることも可能です。ただし、発売当初は防犯ブザーと連動した位置情報送信機能には対応せず、後日対応となります。

91d3b28a.png

フィルタリング回避を「回避」するため、あえて無線LANを非搭載に

b3b30c34.jpg

料金面での不安を解消するために専用のパケット定額も用意

ネットのトラブルに巻き込まれて欲しくない、という観点での対策も「万全」です。SH-05Eではあえて無線LAN(Wi-Fi)を搭載していないのです。「らくらくスマートフォン」ですら、搭載しているにも関わらずです。これに対する批判も結構多いですが、ドコモ担当者の答えは明確で、「無線LAN接続では、spモードなどのフィルタリングを回避することができてしまうので、あえて搭載しないことにしました。」とのことです。子どもがそこまでやるか?という議論はさておき、機能をオミット(削除)することでリスクを回避する、という方法はすごいなぁ、と妙に感心してしまうところです。

また、これまた叩かれている専用料金プラン「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」も、親の「使わせすぎ」と「料金」に対する懸念の両方を払拭するという観点では決して悪くないと思われます。確かに、この定額料だったらもっと容量使わせろよ、と思うかもしれませんが、そもそも、子どもにそんなにどっぷりとゲームやら何やらをやらせたいか、と言えば、そうでない親の方が多数派でしょう。容量的に不安なら、その他のXiパケ・ホーダイシリーズでも契約できますので、それでどうぞ、ということでもあると思われます。

16df11f0.png
ddf22b50.png


753574cf.png
bf23f928.png

プリインストールアプリは子ども向けに工夫

アプリを原則として追加できないことも叩かれている要素です。それだけに、プリインストールするアプリは結構考えたようで、「時間割」アプリや「おこづかい帳」アプリのように、子どもでも役に立つアプリや、「モンスターハンターDH」などのゲームアプリが最初から入っています

どうしても追加したい、という場合は、先日紹介した通り、親の責任でmicroSDカード上のapk(アプリケーションパッケージ)ファイルからインストールすることも可能です。ただ、そこまでできる親がどれくらいいるのかなー、という疑問が無いわけではありません。dマーケットのジュニア版を用意して、そこからだけはダウンロードできる、といった工夫があっても良かったんじゃ無いかな、と思う次第です。

395cd930.png

地味ですが、カメラアプリの初期設定も「安心」に配慮しているようです

カメラ機能を試していたところ、位置情報付加が初期設定で有効になっていることにも気付きました。どうやら、これも、安心への配慮だそうですが、ほかの設定とは異なり、子ども側の操作でかんたんに無効にできてしまいます。


■これはこれであり、なんだけど…

c412de35.jpg

ターゲット層を考えると、これはこれであり

実機に触れ、色々説明をしてもらうと、繰り返しですが、「親が子どもに使わせたいスマートフォン」という観点では、非常に良くできているし、料金設定も悪くないです。一方で、ここまでやるんだったら、普通のiモードケータイを持たせて、然るべき設定をきちんとやった方が便利に使えるんじゃないか、と思うことも事実です。

個人的にはプライバシーポリシーが的に使おうとすら思わないですが、スマートフォン用LINEがここまで普及しているのに、LINEアプリを入れられない、っていうことが売れ行きに悪影響を与えかねない、とも思います。厳選アプリだけオンライン経由でインストールできる術はあっても罰は当たらないと思うんですけど…。

ただ、一見するとスマホじゃなくて良いじゃん、というほど制限ありまくりなスマホに対してニーズがある、ということは、裏返して言うと、言い方が悪いかもしれませんが、「使いこなせない」、あるいは「教育できない」親がスマホを買い与える可能性を大いに検討した結果だと思うのです。

親向けのスマートフォンリテラシー教育が必要なんじゃ無いかな、とも思い直す今日この頃です、ということで本稿は締めたいと思います。

やっぱり、子どもを教育する前に、親の教育が大切なのだと…

記事執筆 : Sho INOUE(せう)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
スマートフォン for ジュニア SH-05E - S-MAX - ライブドアブログ
LINE - S-MAX - ライブドアブログ
せうのコラム - S-MAX - ライブドアブログ