ゼロから始めるスマートフォン

ジャパンディスプレイは21日、5.2インチでフルHD(1080×1920ドット)の有機ELディスプレイを開発したと発表しました。

あわせて、開発品の少量生産が可能なパイロットラインの敷設も決定したと発表しました。

この度開発されたのは、画面サイズが5.2インチで、画素数が1080×1920ドット(Full-HD)の有機ELディスプレイです。

画素密度は423ppi。通常の赤、緑、青(RGB)に白(W)を加えたRGBW方式の画素構成となっており、高解像度なうえに高輝度で高い省電力性を実現しています。

パイロットラインについては、石川県の石川工場内に敷設されます。今年度末より設備を搬入し2014年春に稼働する予定。ここで開発試作を行うとともに、有機ELディスプレイの量産化に向けて材料や設備などの検証を進めていくとしています。

そう遠くない将来、ジャパンディスプレイ製の大型・高精細な有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンが登場するものと思われます。



ゼロから始めるスマートフォン
ジャパンディスプレイ、RGBW方式の5.2インチFHD有機ELディスプレイを開発 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ニュース&イベント:ニュースリリース|株式会社ジャパンディスプレイ