Android端末をなくしたり落としたりした時の選択肢が広がる!

WebサイトからAndroid端末の現在地を表示したり、データをリモートで消去したりできるツール「Android デバイス マネージャー」がGoogleより提供開始されました。

スマートフォンやタブレットをうっかり紛失した時に役立ちそうです。

今回は、実際に端末を用いて、端末のデータ消去などAndroid デバイス マネージャーの機能をいろいろ試してみました。

Android デバイス マネージャーを使用するためには、端末にGoogle アカウントが設定されていることと、端末に自動でインストールされる「Google設定」メニューで機能を有効にしておくことが必要になります。特に後述する「端末データを消去」機能はデフォルトではオフになっているので、この機能が必要な場合は忘れずにオンにしておきましょう。

android_device_manager_001
Google設定アプリの「Android Device Manager」メニューで機能を有効にする

Android デバイス マネージャーはGoogle PlayのWebページ(http://play.google.com/)に統合されており、設定メニューからAndroid デバイス マネージャーのWebページを開くことができます。またURL(http://android.com/devicemanager)を直接指定して開くこともできます。

android_device_manager_002
Google PlayのWebページからAndroid デバイス マネージャーを開く

Android デバイス マネージャーでは、Google アカウントを設定したAndroid端末の現在地をGoogle マップ上に表示することができます。試した限り数十メートル程度の精度で端末の位置を特定することができ、どこに置き忘れたかの手がかりにする程度には十分使えそうです。なおGoogle アカウントに複数の端末を登録している場合、各端末の位置を切り替えて表示することができます。

android_device_manager_003
Android端末が現在どこにあるかをマップ上に表示

端末を見つけ出すヘルプ機能として、Android デバイス マネージャーから端末の着信音を最大音量で鳴動させることができます。「端末をどこに置いたかな...」という時に活用できます。

android_device_manager_004
Android端末の着信音をリモートで鳴動させることができる

さらに最悪のケースに備えて、Android デバイス マネージャーから端末のデータをリモートで消去することも可能です。画面表示には「端末の SD カードの内容は消去できない場合があります」と表示されますが、今回試したXperia arc(SO-01C)ではSDカードの内容も消去されました。

android_device_manager_005
最後の手段、端末データの消去も可能

Android デバイス マネージャーの操作で端末がデータ消去を行う様子

このような機能を使わなければならない事態にはあまり直面したくないものですが、万一の事態はある日突然降りかかってくるもの。いざというときにAndroid デバイス マネージャーを活用できるよう、設定を確認してみてはいかがでしょうか。


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Find your lost phone with Android Device Manager(Official Android Blog)
Android デバイス マネージャー(Google)