薄くて丸くてかわいい!ARROWS A 301Fは買いだ!

既報の通り、ソフトバンクモバイルは9月30日、2013年冬から2014年春にかけて発売する予定の新しいスマートフォンなどを発表する「2013 Winter - 2014 Spring ソフトバンク新商品発表会」を開催し、5インチフルHD(1920×1080ドット)液晶ディスプレイ搭載や、フルセグ対応、2.2GHz クアッドコアCPU、スマート指紋センサー、さらに、TDD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」および「FDD-LTE」の両方式に対応した「Hybrid 4G LTE」によるデータ通信サービスが利用できる富士通モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「ARRWOS A 301F(アローズ エース サンゼロイチエフ)」(以下、301F)を発表した。発売時期は2013年12月上旬以降。

発表会の展示会場では、まだ開発途中の試作機ではあるが、実際に301Fを試すことができたので、写真を中心に紹介する。

130930_301f_03_960
本体正面。左からブラック、コンフォートホワイト、ピンク

130930_301f_04_960
本体背面

ディスプレイは、約5.0インチフルHD液晶(1920×1080ドット)TFT液晶(最大1677万色)を搭載、本体カラーは「コンフォートホワイト」「ブラック」「ピンク」の3色展開で、メインカラーはコンフォートホワイト。


130930_301f_05_960
本体正面向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

130930_301f_06_960
本体正面向かって上部側面(画像上)と下部側面(画像下)

130930_301f_07_960
背面にはカメラや指紋センサーを搭載

本体の左側面は、ボリューム(上下)キー、電源キーを、右側面には充電用の接点を備える。上部側面には、3.5mmイヤホンジャックと、カバーで覆われているSIMスロット、microSDカードスロット(最大64GBのmicroSDXCカードに対応)を搭載、下部側面にはmicroUSB端子、スピーカー、ストラップホールを備える。

本体裏面の角部分は大胆に丸みを帯びたデザインになっており、他の部分も角部分は曲線ラインのラウンドフォルムになっているのが特長。特に富士通製ならではのスイッチ付き「スマート指紋センサー」も円形となっており、コンフォートホワイトにおいては指でなぞる部分の色も本体カラーにあわせたホワイトとなっている点がデザイン上での大きな特長と言えるだろう。なお、IPX5/IPX7等級の防水性能にも対応している。


130930_301f_08_960
端末情報画面(左)とストレージ画面(右)

本体の内部ストレージは64GBで、ユーザー領域(空き容量)を展示機で確認したところ52GB弱とかなりの大容量のため、保存容量が不足する心配もほとんどないだろう。

RAMは2GB、CPUは2.2GHzクアッドコア(MSM8974)を搭載、Androidのバージョンは4.2.2となる予定。


130930_301f_09_960
標準カメラアプリのUI

メインカメラは、有効画素数約1310万画素/CMOS(AF・手ぶれ補正)を、サブカメラは、有効画素数約125万画素/CMOSを搭載している。強制的ににフラッシュをONにでき、逆光での撮影にも強く、「パーフェクトチューニング」、「インテリジェントフラッシュ」、「クイックフォーカス」などの機能により、素早く綺麗な撮影が可能なのだという。また、本体デザインにあわせたUIデザインになっているのも特長。


130930_301f_10_960
専用ケース

130930_301f_11_960
予定本体を横向きにセットするタイプの卓上ホルダは同梱する予定

SoftBankSELECTIONから発売する予定の専用ケースも展示されていた。301Fには本体を横向きにセットして充電できる卓上ホルダーが同梱する予定だが、この卓上ホルダーも全体的に丸みを帯びたラウンドフォルムになっており、さらに、301Fにケースを装着した状態でも卓上ホルダーにセットできる仕様になっている。

301Fには、取り外し可能な背面カバーは搭載されておらず電池パックは内蔵タイプとなる。搭載するバッテリーの容量は2600mAhになる予定。3000mAhを超える大容量の電池パックを搭載している機種も増えてきてい中ではやや見劣りするが、その分、約10分で1日利用が可能という「超高速充電」に対応している。さらに、省電力モードなども備え、利用状況にもよるが、フル充電から3日間の電池持ちも可能だという。


130930_301f_12_960
テレビアンテナケーブルを接続したところ

301Fは、ワンセグおよびフルセグにも対応するが、テレビ機能用のアンテナを本体に搭載していない。そのため、「テレビアンテナケーブル」を同梱し、本体に接続してテレビ視聴を楽しむという仕様になっている。これは、本体デザインにより内蔵タイプのアンテナを搭載しなかったためで、テレビ視聴時はケーブルの接続が必須となる。

訴求するターゲット層は男女ともにということだが、特長的な部分や本体などの世界観に注目すると女性層を意識したプロダクトという印象だ。

また、“心に寄り添う音、心地よく響く音”として、プリインの着信音やアラーム音などの効果音は、Nakamura Koji氏(ex.SUPERCAR)による音源「Feel」を採用している。プロダクト全体を通して、“優しく・寄り添う”冬に向けてピッタリなスマートフォンと言えるだろう。

※初稿で「10分でフル充電が可能」という表記がありましたが、10分で約1日利用可能という内容に修正しました。お詫びし訂正致します。
なお、1日の利用とは、総務省統計局「平成23年社会生活基本調査」の行動の種類の中から睡眠時間を除いた活動時間(16.3時間)を想定しているとのことです。その他詳細についてはメーカーページもご参照ください。

130930_301f_13_960

◯主な対応サービス・機能(予定)
Hybrid 4G LTEULTRA SPEEDプラチナバンド
世界対応ケータイテザリング緊急速報メール
S!メール(MMS)デコレメールスマートセキュリティ
NFCおサイフケータイGPS
Wi-FiBluetooth赤外線通信(IrDA)
フルセグ※5ワンセグ防水(IPX5/IPX8)
※同梱のテレビアンテナケーブルを利用することで視聴できます。


◯主な仕様(予定)
通信方式国内W-CDMA方式(900MHz/2.1GHz)
FDD-LTE方式(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)
AXGP方式(2.5GHz)
海外W-CDMA方式、GSM方式(900MHz/1800MHz/1900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約70×141×10.3mm[暫定値]/約157g[暫定値]
連続通話時間/連続待受時間W-CDMA網未定
GSM網未定
AXGP網未定
ディスプレー約5.0インチフルHD(1920×1080ドット)
TFT液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ(画素数/タイプ)メイン有効画素数約1310万画素/CMOS(AF・手ぶれ補正)
サブ有効画素数約125万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量microSDXCカード(別売)/64GB
内蔵メモリーROM64GB
RAM2GB
CPU(クロック数/チップ)2.2GHzクアッドコア/MSM8974
電池容量2600mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
BluetoothVer.4.0
プラットフォームAndroid 4.2
カラーバリエーションコンフォートホワイト、ブラック、ピンク

※今回試したのは発売前のバージョンであり製品版では仕様が変更になる場合があります。



■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ソフトバンク、TDD-LTEとFDD-LTEの「Hybrid 4G LTE」対応スマホ「ARRWOS A 301F」を発表!5インチフルHD液晶や2.2GHzクアッドコアCPU、スマート指紋センサーなど搭載 - S-MAX -
ソフトバンク、2013-2014冬春モデルを発表!TDD-LTE/FDD-LTEによる「Hybrid 4G LTE」に対応したスマホ4機種などを投入――最強ネットワークを強調 - S-MAX -
ARROWS A(エース) SoftBank 301F(富士通モバイルコミュニケーションズ製)の概要(ソフトバンクモバイル)
ソフトバンクモバイル
スマートフォン・タブレット・携帯電話(301F) - FMWORLD.NET(個人) : 富士通