NTTドコモがXperia Z1 SO-01Fを先行展示!

NTTドコモは1日、千葉・幕張メッセにて開幕したエレクトロニクス関連イベント「CEATEC JAPAN 2013」において今月以降に正式発表する予定の「2013-2014冬春モデル」を一部先行展示しており、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」(以下、SO-01F)を披露しています。

SO-01Fは、今年9月に独・ベルリンにて発表されたグローバルモデル「Xperia Z1」のドコモ向け製品で、おサイフケータイ(FelicaおよびNFC)などの国内向けサービスに対応させています。

本記事では、このSO-01Fを展示会場にてタッチ&トライしてきましたので、写真で紹介したいと思います。なお、詳細な仕様については来週10月10日(木)12時から行われる「2013-2014冬春モデル発表会」に公開される見込みです。

外観はすでに紹介しているXperia Z1のグローバルモデルと同じです。違いは、前面には「docomo Xi」のロゴが、背面のNFCのプリントがあった部分にはおFeliCaに、そして、XperiaのロゴがSO-01Fになっていました。
02
SO-01F前面。上部にはdocomo xiがプリント


03
背面にはおFeliCaのロゴ


10
下部にはSO-01Fとプリントしてあります


04
イヤフォン部分はキャップレス防水仕様


05
右側面には特徴的な電源ボタン。手前(左)にはカメラキーがあります


ドコモのサービスやアプリケーションに関しては今回は参考展示と言うことで明かされていませんでした。

イメージセンサーが大きくなった点、Gレンズを搭載したカメラ機能の充実が今回の進化ポイントである点をアピールしていました。
08
撮影モードの設定は大きくてわかりやすい


06
処理速度が上がったことで、サクサク撮れるカメラ機能とCGをリアルタイム合成できるARエフェクト


また、レンズスタイルカメラも展示されており、NFCによる接続方法や操作方法なども紹介していました。「DSC-QX10」および「DSC-QX100」のドコモでの取り扱いなどの詳細に関しても、今回は参考出品と言うことで未定とのことでした。
07
DSC-QX10を装着したところ


09
DSC-QX10をSO-01Fから外して「自撮り」をしている様子


CEATEC JAPAN 2013は、10月5日(土)まで千葉・幕張メッセで開催されています。発表前の実機に触れるチャンスですので、Xperia Z1に興味がある方は是非ドコモのタッチアンドトライコーナーで美しいディスプレイやサクサク撮れるカメラ機能などを是非確かめてみて下さい。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
NEW MODELS | NTTドコモ CEATEC JAPAN 2013 スペシャルサイト