ウィルコム最新PHSケータイ「WX12K」を買ったので開封&外観レポート!

既報通り、ウィルコムから京セラ製音声PHSケータイ「WX12K」が昨日14日(木)に発売開始されました。

京セラ製のPHSケータイでは、当時“京ぽん2”として人気となった「WX310K」以来の久しぶりにBluetoothによるテザリング機能に対応した機種で、Bluetoothを経由でスマートフォンやPCなどとの連携できるようになっており、新しく「だれでも定額パス」機能にも対応しました。

また、防水・防塵だけではなく耐衝撃性能も有し、QAM変調方式による高度化PHS「W-OAM typeG」に対応した初めての折りたたみPHSケータイであることも特徴となっています。

早速筆者も購入したので、さっそく開封レポートを行い、外観についても写真を交えて紹介したいと思います。

□さっそく開封してみた
01
WX12Kの個装箱

現在のウィルコム端末共通のシンプルな個装箱。それでは、箱を開けてみましょう。

02
開封したところ

個装箱を開くと、左からWX12K本体、バッテリーパックおよびmicroUSB接続型の卓上充電台が姿を現します。

なお、本機のパッケージにはPHSモデム機能やPCとのデータのやりとりに利用するmicroUSBケーブルやAC充電コネクタが用意されていないので、既存機種用のものを使いまわすか別途用意する必要があります。PC接続用のドライバは京セラのホームページ内の製品ページにて配布されています。

03
マニュアル類は個装箱の一番底に入っていました



□外観を写真でチェック
0405
本体表面と裏面(シェル閉じ時)

表面には0.9インチ128×36ドットの有機ELのサブディスプレイと充電やメールなどの通知用のイルミネーションランプが配置されています。

今回、筆者が購入したのがシェル部が鏡面加工になっているシルバーのため、ディスプレイが見えなくなっています。文字表示時のみに確認できます。

背面には撮影用ライト付き500万画素CMOSアウトカメラと外部スピーカー、充電用接点、赤外線通信用ユニットがあります。

10
表面(シェルオープン時)

3インチのメインディスプレイと照度センサー、防水機能保持用の空気穴(エアベント)がシェル裏側に配置されています。また、PHSでは初搭載となる京セラ独自機能のスマートソニックレシーバー採用となっているので、通話用スピーカー穴はありません。

本体サイズは幅50×長さ110×厚さ16.4mm(突起部除く)で重量はバッテリー込みで約113g。3インチWQVGA(240×400ドット)メインディスプレイと0.9インチの有機ELサブディスプレイ搭載。

本体メモリは約100MBで外部メモリーとして最大32GBまでのmicroSDHCカードに対応。IPX5およびIPX7相当の防水、IP5X相当の防塵機能、MIL相当の耐衝撃性能を備えています。通信まわりとしてはW-OAM type G対応PHS通信、Bluetooth 2.1+EDR(スレーブとマスターの両方に対応で対応プロファイルはPBAP、SPP、PAN、PVP)、赤外線通信(IrDAのみ)に対応しています。

独自の機能としてBluetoothにてスマートフォンなどと接続してスマートフォンが受け取ったメッセージを知らせる「お知らせシェア」や「だれとでも定額パスアプリ」対応、PHS回線でのBluetoothテザリング機能を搭載しています。

本体カラーのバリエーションはブラック、シルバー、ピンク、ネイビー×ゴールド、ホワイト×ゴールドの全5種類となっています。今回筆者が購入したのはシルバーなので、本記事ではシルバーの写真にて紹介となります。

06-1
右側面(写真=上)と左側面(写真=下)

右側面には音声メモや撮影用シャッターに利用するボタンが配置されています。左側面にはパッキンのついた蓋で閉じられたmicroUSB端子があります。
08
microUSB端子


0707-1
天面と底面

シルバーでは天面のヒンジ部はシェル表側と同じ鏡面加工になっています。底面にはストラップホールと裏蓋を開けるためのツメがあります。

09
裏蓋を開けたところ

12
バッテリー容量は800mAh

11
テンキー部

テンキーは大きめで押しやすいものになっています。また、テンキー下にアプリ(JAVA)の起動キーとBluetooth関連のメニューの呼び出しキーがあります。

次回の記事ではBluetoothテザリングを試してみたいと思います。


▶ S-MAX:京セラ製のPHS「WX12K」「LIBERIO2(リベリオツー)」ファーストインプレッション - YouTube


◯主な仕様
スペック
商品名WX12K
メーカー京セラ株式会社
サイズ(W×H×D)約50×110×16.4mm
基本機能質量約113g
液晶画面[メイン] 3インチ
[サブ] 0.9インチ
解像度[メイン] 240×400ドット
[サブ] 128×36ドット
フル充電時間約2.5時間
連続通話時間約10時間 ※5
連続待受時間約720時間 ※5
電話帳1,000件(1件あたり3電話番号・3メールアドレス)
ブラウザ○(NetFront)
Java
Flashプレーヤー
赤外線通信
Bluetooth○(Bluetooth標準規格Ver.2.1+EDR準拠)
カメラ約500万画素/CMOS
防水/防塵/耐衝撃IPX5・IPX7/IP5X/MIL規格相当
メールEメール
POP3/SMTP対応
ライトメール
セキュリティリモートロック
管理者ロック
メモリーカードスロットmicroSD/microSDHC(最大32GBまで)
ドキュメントビューアー機能
イヤホンジャック○(別売りのイヤホン変換ケーブルが必要)
その他機能着うた、緊急速報メール、モバイル迷惑電話チェッカー
主な付属品取扱説明書、卓上フォルダ
SAR値 0.0376W/Kg


記事執筆:河童丸


関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
WX12K | 製品情報 | ウィルコム(WILLCOM)
WX12K | 京セラ