ソフトバンクとウィルコムでもハングアウトの更新でEメールの自動受信が不可に!

ウィルコムは22日、Android搭載スマートフォン「AQUOS PHONE es WX04SH」(シャープ製)においてGoogleのテキストメッセージ&ビデオチャットアプリ「ハングアウト(旧:Googleトーク)」をアップデートし、新しく対応したSMS(ショートメッセージ)機能を有効にするとEメール(@wcm.ne.jpドメイン)の自動受信ができなくなるとお知らせしています。

また、ソフトバンクモバイルでもメーカーが独自にEメールアプリを搭載しているシャープ製および富士通モバイルコミュニケーションズ製のAndroid搭載スマートフォンにおいて同様の問題が起こっているとしています。なお、ソフトバンクが提供するEメールアプリ「SoftBankメール」がプリインストールされている機種で問題は発生しないとのこと。

両社では、対処方法についても案内しているほか、SMS機能が有効になっていても手動で「新着問い合わせ」などからメールを受信することは可能ということです。この問題はすでにau by KDDIからも案内が出ていて紹介していますが、NTTドコモおよびイー・アクセス(イー・モバイル)では問題は出ないということです。

対象機種は、ウィルコムではAQUOS PHONE es WX04SHの1機種のみで、ソフトバンクモバイルでは「ARROWS A 201F」および「ARROWS A 202F」の富士通モバイルコミュニケーションズ製スマートフォンと、「AQUOS PHONE Xx 206SH」、「AQUOS PHONE ss 205SH」、「AQUOS PHONE Xx 203Sh」、「PANTONE 6 200SH」などのすべてのシャープ製スマートフォンとのこと。

なお、NTTドコモおよびイー・アクセスに確認したところ両社ではそれぞれ独自のメールアプリをプリインストールしており、本事象は起きておらず、ソフトバンク向けのARROWS A 202Fとほぼ同等のモデルとなる「ARROWS S EM01F」を含み問題は起きてないということです。

ウィルコムでは対処方法として以下の方法を案内しています。
1. 「ハングアウト」アプリを起動します。
2. 「設定」を選択します。
3. 「SMS」を選択します。
4. 「SMSをONにする」のチェックをはずします。

※ 記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Google社提供の「ハングアウト」アプリをご利用時にウィルコムドメインのEメールを自動受信できない事象について | ウィルコム(WILLCOM)