WiMAX 2+に対応したルータを使ってみよう!

UQコミュニケーションズは、10月31日にTD-LTE方式に互換性がある「WiMAX Release 2.1」方式などに対応したデータ通信サービス「WiMAX 2+(ワイマックス・ツープラス)」のサービス提供を開始し、同時に同サービスに対応したファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(以下、HWD14)の発売を開始した。

HWD14は、「ブライトシルバー」と「メタリックレッド」の2色展開で、このうちブライトシルバーが10月31日に、およそ1ヶ月後の11月22日にメタリックレッドが発売されており、既存のWiMAX対応ルーターでは最新モデルとなる。

今回は、このHWD14 メタリックレッドの開封レポートをお届けする。

■開封と付属品
131130_hwd14_02_960
個装箱

131130_hwd14_03_960
個装箱の側面

131130_hwd14_04_960
箱を開けると本体

131130_hwd14_05_960
本体と付属品

WiMAX 2+の表記と鮮やかなブルーが印象的な個装箱だ。これまでのWiMAXルーターは本体の製造メーカー色の強い比較的地味なデザインと小さな個装箱だったが、今回の個装箱はほかの携帯電話事業者のようなイメージが強くなった印象だ。

本体のほかに、ACアダプタ、USBケーブル、ファーウェイ給電用変換ケーブル01、無線LAN初期設定シール、はじめてガイド(本体取扱説明書)、ご利用にあたっての注意事項、お知らせ、インターネット接続設定についてのご案内、ファーウェイ給電用変換ケーブル01(HDW14HWA)取扱説明書、本体およびACアダプタの保証書(各1枚)が同梱する。


131130_hwd14_06_960
SIMカード「au Micro IC Card (LTE) U」も付属する

131130_hwd14_07_960
裏面

これまでの、WiMAXにのみ対応したモバイルWi-Fiルーターでは、SIMカードを利用することはなかったが、HWD14では、「au Micro IC Card (LTE) U」が付属する。カードの裏面にはPINロック解除コードが記載されている。


■外観
131130_hwd14_08_960
本体正面(画像左)と背面(画像右)

131130_hwd14_09_960
本体正面向かって左側面(画像上)と右側面(画像下)

131130_hwd14_10_960
上部側面(画像上)と下部面(画像下)

本体のサイズは、約62(W)×100(H)×15.5(D)mm 最厚部 約15.7mm、重量は約140g、本体正面に2.4インチのタッチパネル対応の液晶ディスプレイを搭載する。

背面中央には、非接触充電規格「Qi(チー)」のロゴがある。搭載するバッテリーは、3000mAhと大容量だが、電池パックは内蔵式でユーザーによる電池パックの取り外しはできないため、電池カバーもない。

本体正面向かって左側面には、Micro IC CardスロットとmicroUSB端子が、右側面にはmicroSDカードスロット、リセットボタン、電源(スリープ)ボタンを搭載する。本体上部および下部側面には端子類、スロット類などは搭載されず、下部側面の角にストラップホールを備えるだけとなっている。


■大きさ比較
131130_hwd14_19_960
左からURoad-Aero、HWD14、AtermWM3800R

131130_hwd14_20_960
HWD14(左)とAtermWM3800R(右)

131130_hwd14_21_960
HWD14(左)とURoad-Aero(右)

大きさ比較として、現行のWiMAX対応モバイルWi-Fiルーター「URoad-Aero」(シンセイコーポレーション製)と「AtermWM3800R」(NECアクセステクニカ製)と並べてみた。正面から見ると高さは幅はAtermWM3800Rが随分とコンパクトに見える。

厚みを比べると、圧倒的に薄いURoad-Aeroと比較すると凄まじく分厚く感じるが、3000mAhの大容量バッテリー搭載、タッチパネル対応ディスプレイ搭載などを考えると、HWD14は、決して大き過ぎるとは言えないサイズ感だ。


■ワイヤレス充電
131130_hwd14_22_960
ワイヤレスチャージャー 03でワイヤレス充電を試す

131130_hwd14_23_960
Qiのロゴが表示される

先述のように、HWD14はワイヤレス充電のQiに対応している。充電台は付属しないため、別途用意する必要があるが、今回はNTTドコモから販売されている「ワイヤレスチャージャー 03」で試してみたところ充電できた。

正常に充電が開始されると、HWD14のディスプレイにQiのロゴが表示され、電池マークも充電中の表示になる。

次回は、スマートフォンとの接続などを紹介する。

◯『Wi-Fi WALKER WiMAX2+』の主な仕様
製品名 Wi-Fi WALKER WiMAX2+
型番HWD14
サイズ 約100(W)×62(H)×15.5(D)mm
ディスプレイ2.4インチ カラーパネル (解像度:240×320ドット)
重量約140g
電池容量3000mAh
充電時間専用AC約170分
連続待受通信時間(静止時)ECOモード 約950時間
クイックアクセスモード約31時間(4G LTE)、約27時間(WiMAX2+)、約 29時間(WiMAX)
通信方式【WiMAX2+】受信最大 110Mbps/送信最大 10 Mbps
【4G LTE】受信最大 75Mbps/送信最大 25 Mbps
【WiMAX】受信最大 40Mbps/送信最大 15.4 Mbps
連続通信時間(静止時)約 9.5時間(WiMAX)、約9時間( WiMAX2+)、約9時間(4G LTE )
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n(WAN)、 IEEE802.11b/g/n(LAN)
インターフェイスmicroUSB
テザリング台数(最大) 10台
対応OS(日本語版・英語版)Windows XP SP3、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Mac OS X(v10.5,v10.6.v10.7.v10.8)
同梱品ACアダプタ/MicroUSBケーブル、ファーウェイ給電用変換ケーブル01、保証書(本体とアダプタ)、無線LAN初期設定ツール、はじめてガイド、ご利用にあたっての注意事項、ファーウェイ給電用変換ケーブル01取扱説明書/保証書




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HWD14 - S-MAX - ライブドアブログ
UQコミュニケーションズ