ZOTAC Tegra Note 7を開封!

既報通り、アスクは2日、ZOTAC製の7インチタブレット「ZOTAC Tegra Note 7」(以下、Tegra Note 7)を国内向けに販売することを発表し、4日(木)から販売を開始した。

Tegra Note 7は、スマートフォンやタブレット向けの最新チップセット「Tegra 4(テグラ・フォー)」を搭載したAndroidタブレットで、市場販売価格は25,800円前後。

今回は、このTegra Note 7の開封レポートをお届けする。

131210_tegranote7_02_960
個装箱正面

131210_tegranote7_03_960
個装箱裏面

131210_tegranote7_04_960
個装箱側面

131210_tegranote7_05_960
開封したところ

131210_tegranote7_06_960
同梱物

131210_tegranote7_07_960
スタイラスペンも付属する

131210_tegranote7_08_960
クイックスタートガイド

本体のほかに同梱する付属品は、ACアダプタ、USBケーブル、クイックスタートガイド、保証書、注意事項などの用紙と、DirectStylus ペンが全てとなる。別売のオプション品として「Tegra NOTE 7 スライドカバー」「Tegra NOTE DirectStylus Pro ペン」「TEGRAブランド専用コントローラ」が用意されている。

パッケージ内容としては、シンプルなものとなっており、スタイラスペンも本体に挿し込んだ状態で個装箱に収められていた。


131210_tegranote7_09_960
本体正面

131210_tegranote7_10_960
本体背面

131210_tegranote7_11_960
本体側面の端子類

131210_tegranote7_12_960
バスレフポートとカバースロット

本体のサイズは、約120(W)×190(H)×9.4(D)mm、重量は約320g、ディスプレイは7インチ HD(1280×800)のIPS液晶を搭載する。背面のリアカメラはオートフォーカス、HDRなどに対応した約500万画素カメラを、正面には30万画素のフロントカメラを搭載している。

本体のデザイン上、横向きが標準となるが、画面表示は縦横表示可能(デフォルトでは自動回転)なので、縦向きでも違和感なく使える。ディスプレイの両脇にはディアルスピーカーが搭載されている。

側面部分には、電源/ロックキー、3.5mmヘッドホンジャック、Micro HDMI ポート、microUSB端子、MicroSDカードスロット、ボリュームボタンを搭載し、反対側の側面には、バスレフポートとカバースロットを備える。MicroSDカードスロットは最大32GBまでのMicroSDカードおよびMicroSDHCカードに対応している。

CPUは、NVIDIA Tegra 4(ARM Cortex A15ベース、4+1構成、1.8GHz)、72基のNVIDIA GeForce GPUコア、システムメモリ(RAM)は1GB、内蔵ストレージは16GBとなる。デフォルト状態で、アプリや各種データを保存する容量(ユーザー領域)は、12.3GB程度あった。

Androidのバージョンは、4.2.2(開発コード名:Jelly Bean)を採用している。なお、SIMカードスロットは搭載していないため、3G(CDMA)および4G(LTE)には対応せず、無線LAN(Wi-Fi)による通信を行うWi-Fiモデルのみのラインナップとなる。


131210_tegranote7_13_960
左から「iPad mini」、「Tegra Note 7」、「Nexus 7(2013)」

131210_tegranote7_14_960
左から「iPad mini」、「Tegra Note 7」、「Nexus 7(2013)」

131210_tegranote7_15_960
上から「Nexus 7(2013)」、「Tegra Note 7」、「iPad mini」

131210_tegranote7_16_960
左が「Tegra Note 7」、右が「iPad mini」

131210_tegranote7_17_960
左が「Tegra Note 7」、右が「Nexus 7(2013)」

7~8インチクラスの小型タブレットとして、アップルの「iPad mini」、ASUSの「Nexus 7(2013)」とサイズの比較をしてみた。比べてみると、若干厚みと幅はあるものNexus 7(2013)とほぼ同等のサイズ感となっており、iPad miniと比較すると、全体に小ぶりだが、Tegra Note 7の方が厚い。

ただ、Tegra Note 7は、ほかの2つに比べると背面のデザインや素材に凝っているため、持った際のグリップ感はよく滑りにくい印象を受けた。さらに特筆するべきは、背面にマグネットが仕込まれているため、鉄素材のものにピタッと貼り付くようになっている。

本体自体にそれなりの重量があるため、例えば冷蔵庫にペタッと貼っておく、といったことはできないが、鉄素材やマグネットが使われている机、台、ホルダに近付けるとスッと引き寄せられていくところが非常に新鮮に感じた。




◯主な仕様
製品名ZOTAC TEGRA NOTE 7
OSAndroid 4.2
プロセッサNVIDIA Tegra 4(ARM Cortex A15ベース、4+1構成、1.8GHz)
72基のNVIDIA GeForce GPUコア
システムメモリ1GB DDR3L-1600、12.8GB/s
画面表示7インチ HD IPS液晶、1280×800(LEDバックライト)
カメラリアカメラ:500万画素、オートフォーカス、HDR対応
フロントカメラ:30万画素
ストレージ内蔵:16GB e.MMC
拡張:microSDカードスロット(32GBまで対応)
スピーカーステレオスピーカー(バスレフポート付き、前面向き)
タッチパネルDirectTouch技術による高速スキャン、静電容量方式10点マルチタッチ
通信機能IEEE 802.11 b/g/n準拠、Wi-Fi Direct対応
Bluetooth v4.0準拠
GPS機能搭載(GPS/GLONASS対応)
センサー9軸(ジャイロ、加速度センサー、地磁気センサー)
環境光センサー(バックライト制御用)
インターフェースmicro HDMI端子
USB 2.0 micro-AB型端子、OTG(ホストおよびデバイス)対応
3.5mm 4ピンオーディオジャック(マイク入力サポート)
マイク前面マイクロフォン(チャットや音声入力用)
バッテリー4100mAh(HDピデオ再生で約10時間)
本体サイズ約120(W)×190(H)×9.4(D) mm
重量約320g
付属品スタイラスペン
USB充電器(5V,2A)
Micro USBケーブル
オプション製品カバースタンド(ZT-TNC01-10L)
スタイラスペン(ZT-TNS01-10L)
ACアダプタキット(ZT-TNP01-10J)
型番ZT-TN701-10J
JANコード4537694175876
アスクコードPC769
発売日2013年 12月4日


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ZOTAC - S-MAX ライブドアブログ -
ZOTACは最速の7インチタブレットを日本向けて出荷開始
NVIDIAホームページ