ドコモメールのWebメールとIMAP対応を12月17日に提供!

NTTドコモは16日、iモードメールと同じ「@docomo.ne.jp」ドメインが使えるクラウド型メールサービス「ドコモメール」を2013年12月17日(火)からパソコンなどのWebブラウザーから利用できるサービスや、IMAP4対応のメールソフトから利用できる機能拡充すると発表しています。

ドコモメールのWebブラウザー版およびIMAP4メールソフト対応は、NTTドコモのサービスを便利に使いこなす鍵となる「docomo ID」を利用して実現します。そのため、利用するには事前にdocomo IDを取得しておく必要があります。

なお、NTTドコモでは同日に「iPhone 5s」および「iPhone 5c」といったドコモ版「iPhoneシリーズ」にもドコモメールを対応させる予定となっています。

今回発表されたドコモメールのWebブラウザー版とIMAP4対応によって、外出先ではスマートフォンやタブレット、自宅で長文メールを作成する時はパソコンのWebブラウザーでドコモメールを利用するなど、利用シーンに応じたより便利な使い方が可能になります。

また、受信したメールだけでなく、送信したメールについても利用する複数機器と同期されるので、マルチデバイスでいつでもどこでもドコモメールを利用できます。

さらに、ドコモメールのWebブラウザー版は、ドコモメールアプリと同様に絵文字やデコメ(デコメール)を利用することが可能で、表現力豊かなメールを作成することが可能となっています。

これらのドコモメールのWebブラウザー版およびIMAP対応はdocomo IDにより実現されており、docomo IDを利用することによって、XiやFOMAのモバイルネットワークとWi-Fiや家庭のブロードバンド回線など、通信回線の種類を問わない「ネットワークフリー」環境でサービスを利用することが可能となり、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器だけでなく、パソコン等の異なる機器でサービスが利用可能な「デバイスフリー」環境を実現し、快適にサービスを利用できます。

◯ドコモメール Webブラウザー版
提供開始日時は12月17日0時。利用するには、ドコモメールのWebブラウザー版専用Webページ(提供開始に合わせて利用方法の詳細を同社公式Webページ掲載予定、「マルチデバイスでのご利用方法 | サービス・機能 | NTTドコモ」を参照)にアクセスし、docomo IDおよびパスワードでログインして行います。利用料は無料。特長および推奨環境(OS・ブラウザーなど)は以下の通り。
1)Webブラウザーにてドコモメールを利用可能となる
2)デコメ絵文字などを使ってデコレーションメールを作成することも可能
3)送受信したメールやフォルダ内容は複数の端末、パソコン等の機器との間で同期することができるため、それらの機器から同じ内容を確認することが可能
OSWebブラウザー
Windows XPMicrosoft Internet Explorer7/8
Mozilla Firefox 29以上
Chrome 23以上
Windows 7Microsoft Internet Explorer8/9/10
Mozilla Firefox 29以上
Chrome 23以上
Windows 8Microsoft Internet Explorer 10
Mac OS X Mountain LionSafari 6



◯ドコモメールのIMAP対応
利用開始日時は12月17日4時。利用料は無料。利用するには利用するメールアプリにdocomo IDおよびパスワード、接続先サーバアドレスなどを設定します。なお、IMAP4に対応したメールアプリでドコモメールをご利用するは、契約回線で利用機種から「docomo ID利用設定」を「利用する」に設定する必要があります。特長としては以下の通り。
1)IMAP4に対応したメールアプリにてドコモメールを利用可能
2)送受信したメールやフォルダ内容は複数の端末、パソコン等の機器との間で同期することができるため、それらの機器から同じ内容を確認することが可能

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 「ドコモメール」の機能拡充について | NTTドコモ