イー・アクセスとウィルコムの合併が延期!

イー・アクセスおよびウィルコムは17日、2013年12月3日付の「合併に関する基本合意書締結のお知らせ」というプレスリリースで発表した両社の合併について合併効力発生日を2014年4月1日としてしましたが、今回、2014年6月1日(予定)に変更とすると発表しています。

理由としては、両社広報部に問い合わせたところ「新ブランドおよび新サービスの展開を6月1日から予定しており、合併もそれに合わせて行うことにした。」とコメントしていました。

イー・アクセスとウィルコムは現在、ともにソフトバンクの子会社としてイー・アクセスは「イー・モバイル」ブランドで携帯電話事業を、ウィルコムはPHS事業を行っていますが、双方の事業内容が重複することもあり、ソフトバンクグループとしてよりシナジーを得るために合併することを発表していました。

ちなみに、イー・アクセスは2013年1月1日付けで、ウィルコムは2013年7月1日付けでソフトバンクの完全子会社となっており、2013年1月17日からそれぞれの専売店である「イー・モバイルショップ」および「ウィルコムプラザ」にて相互に商品を取り扱うなど、連携を進めてきました。

合併はイー・アクセスを存続会社とし、ウィルコムを消滅会社とすることから合併後はウィルコムという会社はなくなりますが、合併後もPHSサービスを継続することが案内されています。

また、合併後はイー・アクセスの契約数約440万とウィルコムの契約数約570万を合わせて1000万以上の移動通信サービスの顧客基盤を持つこととなります。

さらに、イー・アクセスの展開する無線事業と固定通信事業、ウィルコムの展開するPHS事業を引き続き発展させるとともに、特に市場拡大が見込まれるスマートフォン分野に注力していくとのこと。

スケジュール的には2月中旬に合併承認臨時株主総会が行われる予定でしたので、これを受けて合併が6月1日に延期されたものと見られます。

今回、新ブランドおよび新サービスの展開を予定していることが判明したため、ウィルコムというブランド名もなくなるもしくは縮小する可能性も出てきました。もちろん、PHSサービスは継続してウィルコムというブランド名を利用する可能性も残っていますが……。なお、新ブランドおよび新サービスの詳細については後日改めて発表があるということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
合併効力発生日の延期に関するお知らせ | WILLCOM [PDF]
合併効力発生日の延期に関するお知らせ | イー・アクセス [PDF]