ゼロから始めるスマートフォン

テックウインドは25日、Intel製Atomプロセッサーを搭載したAndroidタブレット「CLIDE 7」と「CLIDE 10」を発売すると発表しています。出荷開始は4月上旬を予定。店頭予想価格は、CLIDE 7が15,000円前後、CLIDE 10が20,000円前後です。

CLIDE 7は7インチWSVGA(1024×600ドット)、CLIDE 10は10インチWXGA(1280×800)の液晶ディスプレイを搭載。ともに5点までのマルチタッチに対応しています。

この他のスペックはほぼ共通で、プロセッサは1.2GHzデュアルコアのIntel製「Atom Z2520」、内蔵メモリ―(RAM)は1GB(DDR2)、500万画素アウトカメラ、200万画素フロントカメラなどを搭載しています。OSにAndroid 4.2.2(開発コード名:Jelly Bean)を採用しており、Google Playにも対応します。

通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)とBluetooth 2.1+EDRに対応。モバイルネットワークには非対応。インターフェースはmicroUSB端子およびminiHDMI端子、3.5mmオーディオジャック、UltraStickスロットを搭載しています。

他にもセンサー類は加速度センサーおよび照度センサーを備えており、バッテリー容量はCLIDE 7が4150mAhで、CLIDE 10が5100mAhとなっています。

本体サイズおよび重量はCLIDE 7が200mm(W)×124mm(D)×11.4m(H)および350g、CLIDE 10が260mm(W)×175mm(D)×9.8mm(H)および609gとなっています。



ゼロから始めるスマートフォン
テックウインド、Intel Atom Z2520を搭載した低価格Androidタブレット「CLIDE 7」と「CLIDE 10」を4月に発売 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
CLIDEシリーズ第2弾 インテル® プロセッサー搭載タブレットCLIDE7、10 発売|テックウインド株式会社