iPad 2が販売終了でiPad Retinaディスプレイモデルが値下げ!

Apple(アップル)は18日(現地時間)、9.7インチiPadの低価格モデルである現行の「iPad 2」(Wi-Fiモデルが39,800円、Wi-Fi+Cellularモデルが53,800円)を販売終了し、最も低価格なモデルが「iPad Retinaディスプレイモデル(第4世代iPad)」になると発表しています。

iPad Retinaディスプレイモデルの価格はこれまでのiPad 2と同様になり、16GBのWi-Fiモデルで39,800円、16GBのWi-Fi+Cellularモデルで53,800円となっています。

01


iPad Retinaディスプレイモデルは第4世代のiPad(iPad 4)で、美しい9.7インチRetinaディスプレイを搭載しているほか、Appleが設計したA6Xチップや超高速な無線LAN(Wi-Fi)、HDビデオ(1080p)の録画にも対応した5メガピクセルのiSightカメラ、FaceTime HDカメラ、世界各国のLTEキャリアのサポートといった機能を最長10時間ものバッテリー駆動時間で提供するモデルです。

iPad RetinaディスプレイモデルにはiOS 7が標準搭載され、コントロールセンターや通知センター、向上したマルチタスキング、AirDrop、より強化された写真アプリケーション、Safari、Siri、iTunes Radioなど、多数の素晴らしい特長を備えています。

iPad 2の販売終了によって、iPadシリーズの現行モデルはiPad Retinaディスプレイモデルに加え、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデルの4機種になります。

今回の発表に当たり、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィリップ・シラー氏は「399ドル(米国価格)で、美しい9.7インチRetinaディスプレイを備えたiPadをお求めいただけるようになりました。このモデルは高速なA6Xチップや5メガピクセルのiSightカメラも備え、パワー、パフォーマンス、価値、全てがiPad 2を凌ぐ劇的なアップグレードとなります。iPad製品ラインはモバイルコンピューティングの世界で金字塔を打ち建て、App Storeで提供される50万本以上のiPad専用アプリケーションという最大かつ最良のエコシステムにiPadの全モデルからアクセスできます」と述べています。

iPadを利用するユーザーは、世界155カ国のiPhone、iPad、iPod touchユーザーに100万本以上のアプリケーションを提供している革新的なApp Storeにアクセスできま、このうちの50万本以上はiPad専用にデザインされています。

また、24のカテゴリーで幅広い種類のアプリが提供されるApp Storeでは、Newsstandを通じた新聞や雑誌、ゲームやエンターテインメント、キッズ、教育、ビジネス、ニュース、スポーツ、ヘルスケアそして旅行など、これまでに650億本以上のアプリケーションがダウンロードされています。

さらに、iPhotoやiMovie、GarageBandを含むiLifeクリエイティブアプリケーションスイートと、Pages、Numbers、Keynoteを含む画期的なiWork仕事効率化アプリケーションスイートはAppleエクスペリエンスに欠かすことができないもので、これらは無料で提供され、さらに多くのiPadユーザーの皆様に、64ビットテクノロジーをサポートすべく最適化された、何百もの新機能を搭載した素晴らしいアプリケーションを利用できます。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Apple (日本) - Apple Press Info - Apple、もっとも手頃な9.7インチiPadをRetinaディスプレイモデルに更新。カメラ機能の向上とパフォーマンスの強化で、価格は39,800円から
iPad Retinaディスプレイ - Apple Store (Japan)