ゼロから始めるスマートフォン

ソニー(Sony)は29日、同社の提供する写真・動画保存サービス「Playmemories Online」において、一部のユーザー間で互いのアップロードファイルにアクセスできる不具合が発生していた可能性があると明らかにしました。

同社の説明によれば、3月12日にシステム障害に伴うサービスソフトウェアの誤動作が判明し、即時サービスを停止。

その後の調査で、日本時間3月8日の午前3時42分~午前6時1分、3月9日の午後3時53分~午後9時16分の間に新規ユーザー登録した全世界合計696名のうち、一部のユーザーの間で、互いの写真や動画にアクセスできる状態があった可能性が判明したとのことです。

現在も継続してサービスが一時的に停止されています。影響範囲の特定、および問題が再発しない対策と、その確認作業が行われており、明日4月1日に次の情報が更新される予定です。

また、696人に該当するユーザーには、今後1週間を目処に個別にメール連絡される予定です。

なお、Playmemories Onlineはソニーブランドのスマートフォンやタブレットにもバンドルされており、撮影した写真・動画を自動的にアップロードする機能が備わっています(ただし、「ON」に設定しなければ有効にならない仕様になっています)。



ゼロから始めるスマートフォン
Sony「PlayMemories Online」でユーザー間で互いの写真・動画に勝手にアクセスできた可能性、最大696人が影響 | ゼロから始めるスマートフォン

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
PlayMemories Online : メンテナンス・障害情報 - PlayMemories Onlineサービス一時停止のお知らせ