イー・モバイルもLTE国際ローミングを開始!

イー・アクセスは24日、同社が「イー・モバイル」ブランドで提供している携帯電話サービスを海外に渡航したときに利用できる国際ローミングにおいて高速通信規格「LTE(FDD-LTE)」での「LTE国際ローミング」アウトサービスを2014年3月26日(水)より提供開始するとお知らせしています。

また、これまでも提供していた3G(W-CDMA)での国際ローミングについてもスロベニアやコソボ、チュニジア、ガンビア、アセンション島、チュニジア、ニューカレドニア、マラウイ、モンテネグロラトビア、リトアニア、赤道ギニアを追加するということです。

LTE国際ローミングアウトサービスはすでにNTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンクモバイルでも実施されていますが、国内で提供されている4G(LTE)を海外にいっても利用できるサービスです。

イー・モバイルのLTE国際ローミングアウトサービスはまずは香港(事業者はPCCW)での提供となり、「海外データ1日定額」も利用できます。利用可能は「GL03D」および「GL08D」の2機種。

一方、3Gによる国際ローミングは今回追加されるエリアを加えると、音声通話・SMSは78カ国・地域、データ通信は68カ国・地域で提供しており、そのうち、海外データ1日定額を利用できるエリアは、41カ国・地域となります。各エリアにおける事業者や利用料金については公式Webページ「国際ローミング - オプションサービス | イー・モバイル」を参照してください。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
「EMOBILE通信サービス」の国際ローミング提供エリア拡大について・本日よりラオス、モザンビーク、フランス領ポリネシア、ブルネイ、イギリス王領(ガーンジー島/ジャージー島/マン島)でサービス開始