shimajiro@mobiler

NTTドコモの国際ローミングサービス「WORLD WING」を韓国で利用する際に、指定の通信事業者(KT)に接続時は韓国での現地番号が利用可能となり、現地番号での着信は無料に、現地番号からの発信についても大幅に割引される「海外プラスナンバー」というサービスがある。

今回は、この海外プラスナンバーを人気スマートフォン(スマホ)のSIMフリー版「iPhone 5s」で利用してみたので紹介したいと思う。

◯海外プラスナンバーとは
海外プラスナンバーについてのサービス内容は以下を参照して欲しい。

海外プラスナンバー(韓国) | サービス・機能 | NTTドコモ

海外プラスナンバーは300円/月(非課税)の有料サービスで、利用した日数だけ料金が請求される日割り対象となるので、韓国に滞在する数日間だけサービスを利用するという使い方も可能になる。

ただし、その場合はサービス解約のタイミングで韓国の電話番号が使えなくなるので、次回渡航時は電話番号が変わるという点は不便ではある。音声通話およびテレビ電話の通話料は以下のようになっている。

02
海外プラスナンバーの料金


◯音声発信
韓国向け:20円/分
日本向け:60円/分
その他の国:150円/分

◯着信時料金
無料

なお、海外プラスナンバーで付与されたKTの電話番号に着信した場合およびNTTドコモの番号に着信した場合は有料になるので注意して欲しい。


◯申込方法は?
海外プラスナンバーの申し込みは、電話もしくはNTTドコモのワールドカウンターやドコモショップにて受付している。今回は韓国に到着後に、電話にて申込手続きを行ってみた。

電話での手続きは数分で完了し、すぐにサービスが利用可能となった。その後、サービスが正常通り申込完了すると、韓国での番号を知らせるSMS(ショートメール)が届く(受信料無料)。

03
韓国での番号を知らせるSMS


海外プラスナンバーの申し込みが完了したら、韓国で接続する通信事業者を「KT(KTFまたはOlleh)」のいずれかに設定する。このとき、指定の通信事業者(KTなど)を選択しないと、海外プラスナンバーが利用できず、適用される通話料が通常のWORLD WINGの料金となるので注意が必要だ

04
ネットワーク選択でKT(KTFまたはolleh)を選択



◯発着信テスト
申込および設定が完了したので発着信のテストを行ってみた。本記事の最上段に掲載した写真が海外プラスナンバーで付与された韓国番号から050 plusの番号へ発信したもの。

発信側:SIMフリーのiPhone 5s(NTTドコモのSIMカードを使用)を使い、IP電話サービス「050 plus」の電話番号宛に発信した。発信に伴い、特別な操作は行わず、通常の音声通話と同じように発信した。

着信側:「GALAXY Note 3」(トップの写真右)に「+82」から始まる韓国の番号(海外プラスナンバーで付与されたもの)が表示されているのがわかる。

今度は反対に、050 plusから韓国の番号宛に発信テストしてみた。

05
050 plusから韓国番号に発信テスト



発信側:GALAXY Note 3(写真右)で050 plusを使い、海外プラスナンバーの韓国番号宛に発信した。

着信側:SIMフリーのiPhone 5s(NTTドコモのSIMカードを使用)で、050 plusから着信した。

050 plusから韓国の電話番号宛に発信した場合、発信元として、050 plusの電話番号がiPhone 5sに表示されており、発着信共に期待通りの動作となった。

なお、この状態で日本のNTTドコモの形態番号宛に着信があっても、問題なく着信ができることを確認済みだ。

折り返しの電話は、通常は韓国での番号からの発信になるので、仮にNTTドコモの番号を通知したい場合は、相手先の電話番号の最後に#22を付与すると、相手側にはNTTドコモの電話番号が通知されるようになる。

ただし、発信者番号については正しく表示されない可能性もあるとのことなので注意して欲しい。

NTTドコモ番号発信
相手先番号の最後に「#22」をつけることで、韓国番号の発信者番号表示から、ドコモ番号の発信者番号表示に変更することができます。



◯まとめ:韓国滞在中に使う音声通話サービスとしてオススメ
NTTドコモの提供する「海外プラスナンバー」は、サービスの申込(現地でも申込可能)と現地で通信事業者の設定さえ行っておけば、滞在中の音声通話料金を大幅に節約することが可能になるので、非常にオススメできる。

一度設定しておけば、滞在中に面倒な操作は不要で韓国の番号での着信が無料かつ、日本宛の発信も割引されるため、利用ハードルが非常に低いだけでなく、今回試したようにSIMフリー端末(今回はSIMフリー版のiPhone 5s)でも利用可能なため、NTTドコモの機種を使っている必要も特にないのも嬉しい。

韓国では、仁川国際空港などの空港ターミナルでモバイルWi-Fiルータのレンタルが容易であり、料金も安くエリア・速度ともに質の高いサービスが提供されていることと合わせて、韓国に渡航した際のモバイル通信環境は、
・音声通話:海外プラスナンバー
・データ通信:モバイルWi-Fiルータのレンタル
という組み合わせが、コストパフォーマンスが高く、かつ諸々のハードルが高くない(SIMフリー端末が不要)方法としてオススメできそうである。

記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
韓国での音声着信が無料になる『海外プラスナンバー』をSIMフリーのiPhone 5sで使ってみた | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ