Google Playストアにおける2014年上半期ベスト&トップコンテンツ!

Google(グーグル)が同社が運営するコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」における2014年上半期のスタッフが選んだ“ベスト”およびダウンロード数などによる“トップ”のコンテンツを各種別ごとに公表しています。なお、2013年12月から2014年6月の間にリリースされたものが対象とのこと。

種別はアプリおよびゲーム、ムービー(映画&テレビ)、ブック(電子書籍)となっており、例えば、ベストアプリではRuntastic PROやScene、アメミル、Uberなど、ベストゲームではドラゴンクエストVIIIやモンスターズ ストライク(モンスト)、サモンズボード、ほしの鶏のにゃんこなど、ベストムービーではゼロ・グラビティやマッキー、ウルヴァリン、ベストブックでは魔女の宅急便など。

一方、トップアプリ&ゲームではLINE関連のものが多く並んでおり、LINEをはじめ、LINE:ディズニー ツムツムやLINE クッキーラン、LINE レンジャーなどのほか、ベストゲームにもあったモンスターズ ストライクといった人気ゲーム、FacebookやTwitter、マクドナルド、クックパドなどといった定番アプリが並んでいます。各項目は以下より確認してください。

2014年上半期ベストアプリ
2014年上半期トップアプリ・ゲーム
2014年上半期ベストゲーム
2014年上半期トップアプリ・ゲーム
2014年上半期ベストムービー
2014年上半期トップムービー
2014年上半期ベストブック
2014年上半期トップブック

なお、アプリおよびゲームはAndroid向けとなっていますが、映画&テレビや電子書籍はAndroid以外にもiOS搭載機種やパソコンでも利用可能となっています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ