ソフトバンクがシャープ製「シンプルスマホ2」を発表!

既報通り、ソフトバンクモバイルは28日、初めてでも簡単に利用できるシニア層などに向けたAndroidスマートフォンの新モデル「シンプルスマホ2(型番:401SH)」(シャープ製)を発表した。

11月下旬発売開始予定で、11月7日より予約を開始する。発売と同時に専用のプランを提供するほか、プレゼントや操作方法の支援といった施策も開始する。

同日、キャンペーンの特典にもなっている大江戸温泉物語にて発表会が開催され、シンプルスマホ2の開発機の展示も行われていたので、発表会の模様とともに写真で紹介したいと思う。

b
カラーはシルバー、ネイビーブラック、ピンクの3色


シンプルスマホ2は前モデル「シンプルスマホ(型番:204SH)」と比較して液晶サイズが4.5インチに大型化したほか、MSM8926(4コア、1.2GHz)や800万画素カメラ搭載、高速通信サービス「SoftBank 4G」(AXGP方式)および「SoftBank 4G LTE」(FDD-LTE方式)にも対応する。

さらに、ユーザーからの要望が多かった無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」にも対応。また、撮影した写真をどこで撮ったのかを後で思い出しにくいといったニーズから、写真を簡単にアルバム化して地図上でも確認できる「旅の思い出」機能も搭載している。

c
大画面の使いやすさやLINEなどの機能で、従来型ケータイのユーザーにアピールしていく。


発表会のプレゼンテーションに登壇したソフトバンクモバイル 事業企画部 部長の新宮 由久氏によると「現在のシンプルスマホユーザーのうち、4人に1人が家族とのコミュニケーションなどにLINEの利用をしたいという要望があったため搭載した。」という。なお、シンプルスマホ2のLINEはメッセージやスタンプ、通話のみを利用できる専用バージョンとなっている。

d
シンプルスマホユーザーの多くがLINE非対応を不満点として挙げている。


e
機能をメッセージや通話に絞り込んだLINEアプリを搭載。


f
ブラウザ上での利用となるが、TwitterやFacebookへのショートカットも搭載されている。


ソフトバンクモバイルでは現状2800万人いるシニア層のうちスマホ保有率は16%と見ているとのこと。これらのシニア層をスマホへ移行させるために、シンプルスマホ2では不安点を解消する施策を実施する。

g
50歳以上のスマホ保有率は約16%。年齢が上がるほど保有率は下がる。


h
シニア層はスマホに対して支払額のほか、操作方法に不安を持っている。


まず、料金の不安については従来型ケータイ(フィーチャーフォン)の支払額に近い、2,700円で通信量が200MBのデータ定額パックを利用できる専用料金プランを用意。このプランについてはシンプルスマホ2の購入者しか利用できない。通信量が200MBを超えるようなユーザーは、スマ放題など通常のプランを契約できるとのことだ。

i
通信量は200MBだが支払額を抑えた専用料金プランを用意。


本体価格については電番号をそのままで他社から乗り換えできるモバイルナンバーポータビリティー(MNP)制度で実質0円のほか、機種変更でも「シンプルスマホ2 スマホデビューキャンペーン」による合計1万4,400円の割引によって実質680円で購入できる。また、使い方については大江戸温泉グループのホテルや旅館にて88回のスマホ教室を開催する。

j
どの契約パターンでも実質0円に近い価格で購入できる。


k
各地のホテルや旅館でスマホ教室を開催する。


この他、スマホを楽しく使うというテーマから大江戸温泉物語の割引クーポンの提供やANAセールスによるシンプルスマホ2を体験できる沖縄ツアーの販売、LINEプリペイドカード3,000円分を1000名にプレゼントする企画も開催される。

l
大江戸温泉物語との協力によるキャンペーンを開催。


m
記者発表会もお台場の大江戸温泉物語にて開催された。


n
縦方向にスクロールして、プリインストールの機能のみにアクセスできる「シンプルラインホーム」を搭載。


o
地図は文字などの見やすさを優先して「Yahoo!地図」アプリを採用。


p
撮影した写真を日付や位置で閲覧できる「旅の思い出」アプリ。


q
電話やメールがあるとボタン部が光る。


r
Google Playは非搭載。アプリは追加できないが、ソフトバンクのサーバーからアップデートできる。


s
テザリング機能も搭載。これは通信量の多いプランを契約して利用してほしいとのことだ。


t
充電クレードルも同梱。


◯主な仕様
通信方式国内W-CDMA方式(900GHz/2.1GHz)
FDD-LTE方式(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)
AXGP方式(2.5GHz)
海外W-CDMA方式(900GHz/2.1GHz)
FDD-LTE方式(1.7GHz/2.1GHz)
GSM方式(900MHz/1800MHz/1900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ約134×65×11.1mm/約132g
連続通話時間/連続待受時間W-CDMA網約1130分/約650時間(静止状態)
GSM網約600分/約600時間(静止状態)
FDD-LTE網待受時間:約560時間(静止状態)
AXGP網待受時間:約530時間(静止状態)
ディスプレー約4.5インチHD(1280×720ドット)
S-CGS液晶(最大1677万色)
モバイルカメラ(画素数/タイプ)メイン有効画素数約800万画素/CMOS(AF対応)
サブ有効画素数約120万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量microSDHCカード 32GBまで
内蔵メモリー ROM8GB
RAM1.5GB
CPU(クロック数/チップ)1.2GHzクアッドコア/MSM8926
電池容量2400mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数)IEEE 802.11 b/g/n、2.4GHz
BluetoothVer.4.0
プラットフォームAndroid 4.4.2(KitKat)
カラーバリエーションシルバー、ピンク、ネイビーブラック


記事執筆:sureare(島 徹)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ