ワイモバイルショップでビデオやカセットのアナログデータをデジタルデータ化するサービスが開始!

ワイモバイルおよびウィルコム沖縄は3日、全国の「Y!mobile」ショップ(一部除く)にてプラザクリエイトが提供する「なんでもダビング」サービスの受付を2014年12月4日(木)から開始すると発表しています。

価格は10本から受付され、10〜19本なら1本当たり1,480円、20〜40本なら1本当たり1,280円、50本以上なら1本当たり980円となっており、デジタル化したデータをクラウドストレージサービス「Yahoo!ボックス」に無料でアップロードできます。

この他、オプションでカビ取りが1本当たり1,000円、テープ切断・接合が1本当たり1,000円となっています。なお、一部の受付対象外となる店舗があるということですのでご注意ください。価格はすべて税抜。

なんでもダビングは家庭にあるホームビデオ(VHS、ベータ、8ミリビデオ、MiniDVなど)や音声データ(カセットテープなど)などのアナログ原版の映像や音声を10本まとめて一律料金でデータ化しDVDでお渡しするサービスです。

今回、Y!mobileショップで受け付けるなんでもダビングではさらにデータ化したものをYahoo!ボックスに保存することで、大切な思い出を簡単に家族などで共有することも可能となり、将来に残すことができるようになります。ただし、Yahoo!ボックスへのデータ保存は自分で作業するとのこと。

なお、Yahoo!ボックスへのデータの保存にはYahoo! JAPAN IDが必要となるほか、Yahoo!ボックスの容量は利用プランによって異なります。

「スマホプラン」および「Pocket WiFiプラン」、「Pocket WiFiプラン+」を契約している場合には無料でYahoo!ボックスの容量が通常の5GBから30GBへと増量され、「Enjoyパック」を利用の場合にはYahoo!ボックスの容量が50GBまで増量されます。その他、Yahoo!プレミアム会員は容量が通常の5GBから30GBへと増量されます。


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ワイモバイル、Y!mobileショップでVHSや8ミリなどのホームビデオやカセットの音声をデータ化する「なんでもダビング」を12月上旬より受付開始!Yahoo!ボックスへの保存も - S-MAX
ワイモバイルショップにおける「なんでもダビング」の取扱い受付開始について|2014年|プレスリリース|ワイモバイル株式会社