Xperiaタブレットの事業見直しへ!写真は今冬モデル「Xperia Z3 Tablet Compact」

Sony(ソニー)ブランドのスマートフォン(スマホ)やタブレットとして「Xperia」シリーズを開発・製造しているソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)の代表取締役社長に就任した十時裕樹氏が今後のタブレット事業について戦略を見直す考えを明らかにしたと読売新聞などにて報道されています。

なお、収益の柱としているスマホについてはソニーの研究開発部門とさらに連携を強化し、新技術を投入したいとし、これまで通り、ハイエンドモデルを中心に展開する方針を示したとしています。

ソニーモバイルのタブレット事業は2013年度実績で売上高の5%のみとなっており、十時氏は「日本以外では特徴を出せていない。価格競争力も優位性がなく、ソニーに意味があるほどのボリュームもない」と発言し、2016年度に向けてさらに構成比を縮小する可能性が高い考えを示したとのこと。

その上で「時間をかけて商品企画からやり直したい」とし、すぐにタブレット撤退といったことではないようですが、タブレットのラインナップ見直しや製品投入スパンなどが変わってくるかもしれません。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ソニー、タブレット端末事業を大幅見直しへ : IT&メディア : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)