ドコモが遂に「4G」を名乗った……!!

NTTドコモは25日、LTEをさらに高度化した通信方式「LTE-Advanced」のサービスを2015年3月27日(金)から22都道府県・27市5区6町において開始することを発表しています。

LTE-Advancedは複数の帯域を束ねて通信を行う「キャリアアグリゲーション(CA)」技術によって受信時最大225Mbps(送信時最大50Mbps)で通信できることが特徴で、2015年度内には受信時最大300Mbps(送信時最大50Mbps)まで高速化する予定です。また、「高度化C-RAN(基地局集中制御)」によってトラフィックの集中する都市部などでも高速通信ができるように工夫を行っています。

NTTドコモではLTE-Advancedに「PREMIUM 4G(プレミアム4G)」というブランドを付与、同社としては初めて「4G」を名乗るサービスとなります。サービス開始当初の受信時最大速度225Mbpsにちなみ、2月25日に東京都の「ドコモラウンジ東京」でLTE-Advancedサービスに関する説明会が行われましたのでその模様をお伝えします。


プレミアム4Gについて説明するNTTドコモの大松澤氏

サービスの概要説明は株式会社NTTドコモ取締役常務執行役員の大松澤清博氏が行いました。


プレミアム4Gを実現する要素技術


CAは2つの周波数帯の組み合わせで実施


高度化C-RANでアドオンセルを追加し無線容量を増加

プレミアム4Gでは以前から発表されていた通りにCAがドコモとして初めて採用されます。関東甲信・東海・関西地区では800MHz帯と1.7GHz帯を、全国では1.5GHz帯と2GHz帯を束ねて225Mbpsを実現します。なお、ドコモラウンジ東京(ドコモショップ丸の内店)およびドコモスマートフォンラウンジ名古屋、ドコモショップグランフロント大阪店ではさらに高速な受信時最大262.5Mbpsでの通信も体感できるようになっています。

一方、高度化C-RAN技術は広いエリアをカバーする「マクロセル」と狭いエリアを局所的にカバーする「スモールセル」を一括制御するC-RAN技術をその名の通り“高度化”し、マクロセルのエリア内にスモールセルを「アドオンセル」として配備してCAをやりやすくしたものです。


CA対応で従来のLTE(Xi)より4割高速化


高度化C-RANとCAで混雑地での実効速度も7割増し

事前フィールドテストの結果、従来の受信時最大150MbpsなLTE(Xi)と比較してデータのダウンロードで4割高速化し、混雑しやすいエリアでの実効速度も7割改善しています。混みやすい場所ほどプレミアム4Gの恩恵に与れそうです。


都市部を中心にエリア化を進める


山手線内では特に混雑の激しい駅は当初からエリア化

肝心のプレミアム4G対応エリアですが、まずは22都道府県・27市5区6町からスタートします。その後、都市部の混雑の激しい場所を中心にエリア化を進めていく予定です。

混雑の激しくないエリアについては、従来の「フルLTE」(1.5GHz/1.7GHz帯での受信時最大150Mbpsでの通信など)で対応できるとして、プレミアム4Gを強力にプッシュすることは当面なさそうな印象も受けました。

あくまでも、“通信速度はこれだけ出せるけど、混雑の激しいエリアでの通信状況をより改善する手段として使うよ!”というメッセージを暗に感じました。


発表会場では平均で200Mbps超のダウンロードを実現


4K動画のストリーミングもお手のモノ

発表会場のドコモラウンジ東京は先述の通り、受信時最大262.5Mbpsの“特別”なエリアです。それもあってか連続してデータをダウンロードしたり4K(3840×2160ドット)の動画をストリーミング再生したりする豪勢なデモが行われていました。実際に4K動画をストリーミング再生するデモは、「これは本当にモバイル通信なのか」と思うぐらい途切れることなくストリーミングができていました。ただ、再生するパソコンのスペックが若干追いついていないのか、再生そのものは少しだけカクカクになってしまっていましたが……。

あくまでも、スペック上は商用(ユーザーにサービスを提供するための)施設でこれだけのスペックが発揮できる、というデモで、実際は先述の通りスピードよりも快適性向上をアピールするようです。


対応機種はまずルーターから

プレミアム4Gに対応するのは既に2015年春モデルとして発表済みの「Wi-Fi STATION HW-02G」(発売済み)と「Wi-Fi STATION L-01G」(3月発売予定)のルーター2機種です。スマートフォン(スマホ)およびタブレットに関しては2015年度以降に対応機種を投入する予定です。スマホ・タブレット単体でのより高速で快適通信はもう少しお預けということになります。


Office 365を使ったソリューション展示


テレビ東京ビジネスオンデマンドの展示

LA15
Chromebookを使ったビジネスソリューションの展示

今回のプレミアム4Gはどちらかというと個人利用よりも法人利用を視野に入れてマーケティングをするようで、発表会場にはビジネスユーザー向けのソリューション・サービスの展示がありました。MicrosoftのSharePointやChromebookを使ったソリューションやテレビ東京の「テレビ東京ビジネスオンデマンド」が紹介されていました。


225個限定のどら焼きと午後の紅茶がふるまわれた

ちなみに発表会場ではどら焼きと午後の紅茶のレモンティーがふるまわれていました。前者は受信時最大速度にちなんで225個限定で、後者はLTE-Advancedにちなんでレモンティー(Lemon TEA)だそうです。NTTドコモの洒落に付き合った麻布青野聰本舗(どら焼きのメーカー)とキリンビバレッジ(午後の紅茶のメーカー)も大したものです(笑)。

記事執筆:Sho INOUE(せう)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 国内最速となる受信時最大225Mbpsの次世代ネットワーク「LTE-Advanced」を提供 | お知らせ | NTTドコモ