NTTドコモがサムスン電子の最新スマホ「Galaxy S6 edge SC-04G」を発売!

NTTドコモは8日、下り(受信時)最大225Mbpsの高速通信を実現したLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」に対応したスマートフォン(スマホ)第1弾として画面の両端が湾曲している「デュアルエッジスクリーン」を搭載し、持ちやすさと狭額縁を両立させた「Galaxy S6 edge SC-04G」(サムスン電子製)と専用高性能オクタコアCPUを搭載しながら薄さ約6.8mmを実現しながらも操作しやすく持ちやすい「Galaxy S6 SC-05G」(サムスン電子製)の2機種を発表しています。

発売日はともに2015年4月23日(木)を予定し、2015年4月8日(水)より発売日前日まで全国のドコモショップなどにて事前予約を実施しています。

なお、サムスン電子が家電量販店内に展開する「Galaxy SHOP」にて4月8日(水)から4月15日(水)までの間に予約した場合にはワイヤレス充電が可能な充電台をプレゼントするキャンペーンが行われています。

本記事ではまずGalaxy S6 edge SC-04Gについてまとめます。サムスン電子(Samsung Electornics)の最新フラッグシップスマホとして今年3月に発表された「Galaxy S6」および「Galaxy S6 edge」はともに仕様はほぼ同じながら、Galaxy S6 edgeは側面に曲面有機ELディスプレイを採用した「エッジスクリーン」を両側に搭載し、フレームレスデザインを実現したモデルです。

グローバルモデルには内蔵ストレージが32GBおよび64GB、128GBの3種類、カラーバリエーションがWhite Pearl(ホワイトパール)およびBlack Sapphire(ブラックサファイア)、Gold Platinum(ゴールドプラチナム)、Green Emerald(グリーンエメラルド)の4色が用意されていますが、NTTドコモ版のGalaxy S6 edge SC-04Gは内蔵ストレージが64GBのみ、カラーバリエーションがGold PlatinumおよびGreen Emeraldの2色のみとなっています。

02

Galaxy S6 edge SC-04Gは前モデル「GALAXY S5 SC-04F」からデザインが一新され、メタルフレームとガラス背面となっており、全体的な雰囲気は継承しつつも、より洗練された質感の高いスタイルとなっています。

また、背面のガラス素材の下には光学フィルムが挟んである、光が乱反射してさまざまな色に見えるようになっているほか、背面のガラスはCorning製「Gorilla Glass 4」を採用し、擦り傷や落下などによる衝撃に強くなっています。

なお、カラーバリエーションのうちのGreen EmeraldはGalaxy S6 edgeのみの限定色で、国内ではNTTドコモ版のみで販売されます。同時に発表されたau版「Galaxy S6 edge SCV31」のカラーバリエーションはWhite PearlおよびBlack Sapphire、Gold Platinumの基本色3色。

03

04

ディスプレイは画素密度577ppiの約5.1インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)を搭載し、Galaxy Note Edgeではベースの「Galaxy Note 4」のディスプレイに追加する形でエッジスクリーンが搭載されていましたが、Galaxy S6 edgeではエッジスクリーンの部分を含めてWQHDとなっています。

チップセットはオクタコアCPU(最大2.1GHzクアッドコアCPUと最大1.5GHzクアッドコアCPU)を搭載し、内蔵メモリー(RAM)が3GB(LPDDR4)、内蔵ストレージが64GB、外部ストレージ(microSDカードスロットなど)は非対応です。OSはAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)。

その他の仕様は光学手ブレ補正対応のF1.9レンズ約1600万画素CMOSリアカメラおよびF1.9レンズ約500万画素CMOSフロントカメラ、最大620Mbpsまでの2.4および5.xGHzデュアルバンド対応IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、NFC Type A/B、ANT+、microUSB 2.0、IRリモコン、2600mAhバッテリー、位置情報(GPS+Glonass+Beidou)、加速度センサー、照度センサー、ジャイロスコープ、近接センサー、電子コンパス、気圧センサー、指紋センサー、磁気センサー、心拍センサー(HRM)など。

サイズは約142×70×7.0mm、質量は約132g。連続待受時間(静止時)は4G(LTE)で約400時間、3G(W-CDMA)で約440時間、2G(GSM)で約360時間、連続通話時間は4Gで約950分、3Gで約920分、2Gで約640分、実使用時間は約72.1時間。

NTTドコモが今年3月27日から提供しているLTE-Advancedの要素技術「キャリアアグリゲーション(CA)」による下り最大225Mbpsおよび上り最大50Mbpsに対応しており、LTEの対応周波数帯は700および800、1.5GHz、1.7GHz、2GHzのペンタバンド対応。また、VoLTEにも対応してるほか、FDD-LTE以外にもTD-LTEにも対応しています。

国内向け機能ではおサイフケータイ(Felica)やワンセグ、フルセグ、NOTTVにも対応。国内で発売されるGalaxyシリーズとしては初のnanoSIMカード(4FF)の採用やバッテリーが取り外せず、外部ストレージ非対応などの点も要チェックです。



◯主な仕様
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約142×70×7.0
質量(g)約132
OSAndroid 5.0
CPU(チップ名、クロック)Exynos7420 OctaCore
2.1GHz(Quad)+1.5GHz(Quad)
内蔵メモリ(ROM/RAM)64GB/3GB
外部メモリ(最大対応容量)
バッテリー容量2600mAh
連続待受時間(静止時[自動])(LTE/3G/GSM:時間)約400/約440/約360
連続通話時間(LTE/3G/GSM:分)約950/約920/約640
実使用時間(時間)※1約72.1
ディスプレイ(サイズ:インチ、方式、発色数)約5.1
有機EL
Super AMOLED
1677万色
ディスプレイ解像度(横×縦:ドット)QuadHD
1440×2560
「Xi」(LTE)LTE-Advanced
(PREMIUM 4G)対応
受信時最大/送信時最大※2225Mbps/50Mbps
VoLTE
対応周波数帯
(2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz/700MHz)
◯/◯/◯/◯/◯
対応方式
(FD-LTE/TD-LTE)
◯/◯
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7Mbps
外側カメラ機能(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)裏面照射型CMOS
約1600万画素/約1600万画素
内側カメラ機能(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)裏面照射型CMOS
約500万画素/約500万画素
防水/防塵―/―
Bluetooth◯(4.1)
ワンセグ/フルセグ(◎は録画対応)◎/◎
ハイレゾオーディオ対応
LTE/Wi-Fi同時接続による高速ダウンロード
LTE/Wi-Fi同時接続によるスムーズな通信
UIMカードnanoUIM
Green Emerald
Gold Platinum
製造メーカーサムスン電子


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 「ドコモ スマートフォン Galaxy S6 edge SC-04G」と「ドコモ スマートフォン Galaxy S6 SC-05G」を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
Galaxy S6 SC-05G | Galaxy S6 edge SC-04G | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
Galaxy S6 edge: スマートフォン | Galaxy