ついにiPhone 6および6 PlusでVoLTEが利用可能に!大事なポイントを紹介

既報通り、Apple(アップル)から日本時間の2015年4月9日(木)よりiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 8.3」がリリースされ、日本国内でもNTTドコモおよびauソフトバンクの3社で利用する「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」に、高音質な通話が可能になる新機能「VoLTE」が追加されました。

すでに紹介しているようにVoLTEの利用には設定が必要ですが、VoLTEを有効にすることで高音質な通話以外にも、通話中のLTEデータ通信対応や通話接続の高速化などの機能も改善されます。そこで、今回は無料のVoLTE設定だけで利用できる機能についてまとめてチェックしてみましょう。

設定については各社で若干異なっており、共通しているのはiOS 8.3にアップデート後、キャリア設定アップデートを実施し、キャリア設定が「19.1」になっていることが必要です。

また、ソフトバンクでは無料のオプションに申し込み、LTEによる音声通話を有効にする必要があり、auについてもauから購入した製品ではなく、SIMフリーモデルなどを利用している場合には同様に無料オプションに申し込みます。詳細は以下の記事を参照してください。なお、通話料などの料金についてはそれまでのものと同じ。
NTTドコモ、iPhone 6やiPhone 6 Plusでの高音質通話サービス「VoLTE」を提供開始!SIMフリーモデルでも申し込みなしで利用可能ーーIIJmioなどのMVNOでも - S-MAX
KDDI、au回線を用いたiPhone 6やiPhone 6 Plusでの高音質通話サービス「VoLTE」を提供開始!SIMフリーモデルでも利用可能ーー設定方法を紹介 - S-MAX
ソフトバンク、iPhone 6やiPhone 6 Plusでの高音質通話サービス「VoLTE」を提供開始!iOS 8.3にアップデートすると順次対応、ただし急ぐなら手動設定可能 - S-MAX


(1)「VoLTE」なら通話しながら高速通信やテザリングが可能に
これまではiPhoneで通話を始めると、データ通信やテザリングが3Gになったり、通信が切断されていました。VoLTEを設定すれば、iPhoneやモバイルPCとのテザリング通信でLTEの高速通信につないだまま通話を利用できます(トップ画像はテザリングをしながらVoLTE通話を利用しているところ)。

VoLTEを有効にすると、通話中も高速なLTE接続でのデータ通信やテザリングを利用できるようになります。iPhoneで通話しながら、テザリングで接続したモバイルPCでも高速なデータ通信を利用できるなど、特にモバイラーにとってはうれしい機能改善といえます。

ちなみに、これまでのiPhone 6とiPhone 6 Plusでは、Wi-Fiを利用できない場所で通話を利用すると、NTTドコモとソフトバンクの場合はデータ通信が速度の遅い3G接続に切り替わるほか、auの場合は通信自体を利用できませんでした。


(2)「VoLTE」なら通話や着信の待ち時間が一瞬になる
また、iPhone 6とiPhone 6 PlusのVoLTEを有効にすると、通話の発信から着信までの接続時間が短縮されます。特に「VoLTEスマホ〜VoLTEスマホ」の組み合わせでは、NTTドコモ〜NTTドコモのような自社同士はもちろん、NTTドコモ〜auの他社間でもテストしたところ、VoLTEどうしなら通話の発信から約1秒で相手のスマホの着信音が鳴りました。ちなみに、VoLTE同士では間違い電話を最短で切っても、相手の着信履歴にはほぼ確実に記録が残るので注意しましょう。

さらにVoLTE対応のスマホからVoLTE非対応のスマホにかけた場合も、片方がVoLTE対応なら待ち時間は短縮されます。実際にNTTドコモのiPhone 6からVoLTE非対応のスマホ(iPhone 5s)に電話をかけたところ、VoLTEを有効にしたiPhone 6では約3秒、VoLTEが無効のiPhone 6では約7秒と、約5秒短くなりました。これは実際に使ってみると明らかに体感できる短縮となっています。


(3)「VoLTE」スマホの組み合わせ以外も通話品質が向上する
VoLTEのメリットとして最初に挙げられるのはNTTドコモ、au、ソフトバンクとも、自社同士のVoLTE対応スマホという組み合わせで通話したときのみ、「HD Voice」とも呼ばれる高音質通話が有効になります。それ以外の通話については、これまでと同じ3G相当の音質になると案内しています。

【高音質通話(HD Voice)が有効になる組み合わせ】
・「NTTドコモ(VoLTE対応)〜NTTドコモ(VoLTE対応)」
・「au(VoLTE対応)〜au(VoLTE対応)」
・「ソフトバンク(VoLTE対応)〜ソフトバンク(VoLTE対応)」

iphonevolte2
NTTドコモのiPhone 6(VoLTE対応)〜NTTドコモ Xperia Z3 Compact(VoLTE対応)なら、高音質通話のHD Voiceでつながる。なお、iPhoneにはHDのアイコンが表示されない。


ですが、VoLTEに対応したスマホの場合、高音質なHD Voiceの音声も、それ以外の3G相当の音声も3Gより高速かつ効率的なLTEのネットワーク上でやりとりしています。このため、都市部などでLTEエリアかつ3Gの受信品質が悪い場所では、iPhone 6やiPhone 6 PlusでVoLTEを有効にすることで通話品質が改善されることがあります。自宅や職場の通話品質に悩んでいる人は試してみる価値があるでしょう。

記事執筆:sureare(島 徹)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Apple、iPhoneやiPadなど向けに最新バージョン「iOS 8.3」を提供開始!パフォーマンス向上やデザインが一新された新しい絵文字導入、各種不具合修正などーー日本ではVoLTEにも対応 - S-MAX