ドコモスマホ「Xperia Z4 SO-03G」を写真と動画で紹介!

既報通り、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015夏モデル新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや3GBメモリーなどを搭載したハイスペックなスマートフォン「Xperia Z4 SO-03G」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。

発売時期は2015年6月中旬を予定し、5月13日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

Xperia Z4 SO-03Gは今年4月に主に日本市場向けとして発表された「Xperia Z4」のNTTドコモ版で、昨年10月に発売された前機種「Xperia Z3 SO-01G」と外観はあまり変わっていませんが、キャップレスのmicroUSB端子になり、SIMカードとmicroSDカードのスロットが1つになったほか、チップセットが64bit対応オクタコアCPU、OSがAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)になるなど、部品の配置などを再設計したまったく新しいモデルとなっています。

そんな中身が作り直されたXperia Z4 SO-03Gはどれほどの魅力を備えた機種なのでしょうか。発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので写真や動画とともに紹介したいと思います。

150521_xperiaz4so03g_02
Xperia Z4 SO-03Gの本体色はグローバル版と同じく4色展開。左からブラックおよびアクアグリーン、カッパー、ホワイト(メインカラー)


150521_xperiaz4so03g_03
グローバル版との外観の違いは背面のロゴ。右上にSO-03G、中央にdocomo、下部にXperia

Xperia Z4のおおよその製品内容はすでに4月の発表会のときに紹介していますが、NTTドコモ版は外観ではロゴが異なっており、正面は同じくディスプレイの上に「SONY」ロゴ、背面の中央にグローバル版では「SONY」ロゴだったものが、「docomo」ロゴになり、背面の右上に型番「SO-03G」、背面の下部に「Xperia」ロゴがあります。

なお、SoftBank版はグローバル版と同じで、au版はまた少し異なります。日本では「Xperia Z3」に続き、携帯電話会社大手3社から販売されます。

一方、機能ではワンセグおよびフルセグ、NOTTVといったテレビ機能、そして、おサイフケータイ(Felica)といった日本市場独自のサービスに対応しているほか、キャリアアグリゲーション(CA)およびUE Category 6による下り最大225Mbpsの高速通信サービス「PREMIUM 4G」や高音質通話サービス「VoLTE」に対応しています。

また、対応通信方式および対応周波数帯は4G(FDD-LTE方式)が700MHz(Band 17、28)および800MHz(Band 19)、1.5GHz(Band 21)、1.7GHz(Band 3)、2GHz(Band 1)のペンタバンド対応、3G(W-CDMA/HSPA+)はFOMAハイスピードで下り最大14Mbpsおよび上り最大5.7Mbpsの新800MHz(Band 19)および800MHz(Band 6)、2GHz(Band 1)に対応し、1.7GHz(Band 9)には非対応です。

また、海外では2G(GSM/GPRS/EDGE)が利用可能ですが、TD-LTEには公式には非対応となっています。これは中国におけるTD-LTEに非対応ということなので、SIMロック解除をした場合に日本のWiMAX 2+やAXGPのようなBand 41が利用できるかは不明。au版とSoftBank版は対応しているだけに気になるところです。ここまでが主にNTTドコモ版の特長。

150420_xperiaz4_11
Xperia Z4の発表会時に展示された内部構造。左から背面パネルおよびレンズモジュール、積層型CMOSモジュールセンサー、メイン基板

次にXperia Z3からXperia Z4への違いはタイトルにも付けましたが、見た目はちょっと薄く小さくなって側面塗装が変わったくらいでほとんど変化がないですが、中身は大幅に変わっています。

まずはAndroid 5.0 Lollipop採用とチップセット(Qualcomm製「Snapdragon 810 MSM8994」)がともに64bit対応に。チップセットはQualcommとしては第1世代のbig.LITTLE採用CPUのハイエンドチップで、最大2.0GHzのARM Cortex-A57が4(クアッド)コア、最大1.5GHzのARM Cortex-A53が4(クアッド)コアの合計8(オクタ)コアとなっています。また、GPUもAdreno 430で最大600MHzになり、メモリーもLPDDR4-3200と高速化しています。

一方、これにより、発熱問題も指摘されており、実際に開発機を操作していると特にカメラ機能のプレミアムおまかせオートを使っているとほんのり熱が感じられました。まだチューニング中ということなので、動作周波数帯や同時に動くコアを調整するなどして問題が起きないようにしているようです。

また、無線LAN(Wi-Fi)もMIMOによって最大867Mbpsに高速化。5GHz帯は屋外での利用にも対応しているとのこと。対応規格はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠。なお、Wi-Fiと4Gの同時利用は非対応。

150521_xperiaz4so03g_07
左からXperia Z4 SO-03Gのアプリ一覧画面およびWebブラウザー画面、端末情報画面、ストレージ画面

OSはAndroid 5.0.2 Lollipopを採用し、Xperiaのエッセンスを加えたマテリアルデザインに統一されていますが、操作性はほぼ変わらないように作られています。機能的には新たにBluetoothでハイレゾ再生できる「LDAC」や「ClearAudio+」に対応したり、低品質のヘッドホンでも音を自動的に最適化することでより高い音質で聴くことができる機能などに対応し、PS4リモートプレイの基本機能は従来通りなものの、Xperia Z4では新たにこれまでの30fpsから60fpsでの描画に対応。後はプレミアムおまかせオートに料理モードが追加されているなど細かく変わってます。

内蔵メモリー(RAM)は3GB、内蔵ストレージは32GB、外部ストレージは最大128GBまでのmicroSDXCカードに対応しています。バッテリーは容量が2930mAhとXperia Z3の3100mAhから小さくなっていますが、チップセットの省電力化などによって動作時間は長くなっているとしています。

150521_xperiaz4so03g_04
Xperia Z4のカメラ部分

背面のガラスパネルはこれまでカメラモジュール・レンズの部分に穴が開いており、レンズがむき出しになっていましたが、カメラの薄型化によってカメラモジュール・レンズは背面のガラスパネルの中になり、よりフラットになっています。ただし、その代わりにカメラの下にあるLEDフラッシュの部分に穴が開けられており、どちらかに穴を開けないと、今回の構造では撮影した写真のバランスが悪くなってしまうためとのこと。ちなみに、レンズの周りのリングは印刷だそうです。

また、以前に紹介したようにXperia Z3では背面がフラット過ぎて平らな机などに置いておくと、気づくと落ちてしまうといったことがあったため、Xperia Z4では背面パネルと側面フレームの角にエッジが付いており、触ってみると抵抗がかかるのがわかり、横滑りしにくいようになっています。なお、エッジはXperia Z3 Compactと同程度といったところでした。

150521_xperiaz4so03g_05
Xperia Z4の左右上下側面

左側面にはmicroSDカードスロットとnanoSIMカード(4FF)スロット、右側面には電源キーおよび音量上下キー、カメラキー、上側面には3.5mmイヤホンマイク端子やマイク、下側面にはmicroUSB端子とストラップ穴が配置されています。なお、引き続き、防水・防塵仕様も対応しており、防水がIPX5およびIPX8準拠、防塵もXperia Z3で強化されたより高い性能のIP6X準拠となっており、水深1.5mまでの利用が可能です。なお、Xperia Z3との違いとしては新たに水に濡れた状態でも操作しやすいようにタッチパネルが改良されているとのこと。

150521_xperiaz4so03g_06
microSDカードスロットとnanoSIMカードスロットは1つのカバー内に収められてすっきり

本体の四角は着色した樹脂の上に透明な樹脂を重ねるという新たな加工法で仕上げられており、使っているうちに傷が付いても美しい輝きと色味が損なわれないようになっています。

デザインとしてはXperia Z3を踏襲した「オムニバランスデザイン」で、側面のアルミフレームと背面のガラスパネル「Gorilla Grass 3」で質感が高く、カラーバリエーションもXperia Z3と同じようなブラック(黒)およびホワイト(白)、カッパー(赤茶)、アクアグリーン(緑)と、緑のみ名称がXperia Z3のシルバーグリーンから変更になって、より夏を意識した緑をベースに光の当たり方によって青色に見えるようになっているほか、他の色も少しずつアレンジが変更されています。

特に側面のフレームが変更されており、ホワイトではシャンパン(本当に若干の黄色で薄くなった)、ブラックでは赤っぽく、アクアグリーンではブルー、カッパーでは正面と裏面と側面がほぼ均一のブラウンっぽい統一感があったものが、Xperia Z4では正面・裏面と側面が色合いが変えられており、より締まった印象を受けるようになっています。

その他、フロントカメラは新しく自分撮り(セルフィー)の人気に合わせてよりワイドに撮影できる広角25mmレンズを搭載した約510万画素イメージセンサーとなっており、撮影者が手を伸ばしただけで3〜4人程度のグループショットが可能になっているほか、フロントカメラでもプレミアムおまかせオートが利用できるようになったり、セルフタイマーの選択肢(0.5、2、10秒)が増えたりしています。

実際にXperia Z4 SO-03Gを操作しているところおよび特長について担当者に説明してもらったところを動画で紹介しておきます。


アクセサリーはソニーモバイルからはカバーを閉じたまま通話を受けたり、カメラ、ミュージックプレイヤーの操作ができるXperia Z4専用カバー「ウィンドウ付きカバー(型番:SCR30)」が発売されます。IPX5およびIPX8相当の防水仕様で、Xperia Z4に合わせた4色(ホワイトおよびブラック、カッパー、アクアグリーン)のカラーで展開。価格はXperia Storeやソニーストアでは7,000円(税抜)。

また、小型デザインに加えて、Xperia Z4のキャップレスUSB端子に対応した卓上ホルダ「S025(ブラックのみ)」(別売)も発売されます。

150521_xperiaz4so03g_08

150521_xperiaz4so03g_09

150521_xperiaz4so03g_10

150521_xperiaz4so03g_11

150521_xperiaz4so03g_12

150521_xperiaz4so03g_13

150521_xperiaz4so03g_14

発熱問題が気になるところではありますが、メーカーが「Xperia Z」シリーズの完成形とも言っている本機、すでにXperia Z3を利用している人なら半年で買い換えるほどではないものの、乗り換えのサイクルである2年程度経っている「Xperia Z」や「Xperia Z1」からなら確実にステップアップしており、最新モデルを買うなら良いのかなと思われます。是非、店頭などでチェックしてみてください。

150521_xperiaz4so03g_15

150521_xperiaz4so03g_16

150521_xperiaz4so03g_17




◯主な仕様
機種名Xperia Z4 SO-03G
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約146×72×6.9
質量(g)約144
OSAndroid 5.0
CPU
(チップ名、クロック)
MSM8994
64bit対応オクタコア(2.0GHzクアッド+1.5GHzクアッド)
内蔵メモリー
(ROM/RAM)
32GB/3GB
外部メモリー
(最大対応容量)
microSDXC(128GB)
バッテリー容量2930mAh
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
約470/約480/約400
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
約1180/約810/約650
実使用時間(時間)※1未定
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、
方式、発色数)
約5.2インチ
フルHD 1080×1920
TFT液晶 トリルミナス ディスプレイ for mobile
1677万色
PREMIUM 4G(LTE、受信時最大/送信時最大)225Mbps/50Mbps
VoLTE
LTE対応周波数帯
(2GHz/1.7GHz/1.5GHz
/800MHz/700MHz)
○/○/○/○/○
対応方式
(FDD-LTE/TD-LTE)
○/ー
FOMAハイスピード
(HSDPA/HSUPA)
14Mbps/5.7Mbps
外側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射積層型CMOS
約2070万/約2070万
内側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型CMOS
約510万/約500万
防水/防塵○/○(IPX5、8/IP6X)
Bluetooth○(4.1)
ワンセグ/フルセグ
(◎は録画対応)
◎/◎
ハイレゾオーディオ対応
LTE/Wi-Fi同時接続による
高速ダウンロード
LTE/Wi-Fi同時接続による
スムーズな通信
UIMカードnanoUIM
White
Black
Copper
Aqua Green
製造メーカーソニーモバイル コミュニケーションズ
※1 一般に想定されるスマートフォンの利用(Web閲覧、アプリの利用等、約80分間/日の利用)があった場合の電池の持ち時間です(NTTドコモ調べ)。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によっては、それを下回る場合があります。なお、各機種の実使用時間については、 順次ドコモのホームページで公表される予定です。
※2 外付けのアンテナケーブル(同梱)が必要です。
※3 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。

記事執筆:S-MAX編集部
写真・動画撮影:2106bpm(つとむびーぴーえむ)


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia Z4 記事一覧 - S-MAX
Xperia Z4 SO-03G | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ