靴の中もスマホで管理!スマートソール「uGALE」がクラウドファンディング中

Vay Technologiesが靴の中のムレ具合をiPhoneやAndroidなどでチェックできるスマートソール「uGALE」を開発し、クラウドファウンディングサービス「Kickstarter」にて資金調達を行っています。

調達目標は37,000ユーロ(約513万円)ですが、すでに2,455ユーロ(約34万円)が集まっており、注文は日本時間の2015年7月18日(土)4:25までで出荷予定は2015年10月以降です。

価格は初期キャンペーンのEarly Bird Packageで199ユーロ(約27,600円)で、通常のKickstarter Packageで229ユーロ(約31,800円)などにて受付中で、出荷予定はEarly Bird Packageが2015年10月、Kickstarter Packageが2015年11月となっています。別途、送料が日本なら24ユーロ(約3,300円)がかかります。

02

03

uGALEは靴の中に入れるインソールに温度・湿度センサーや換気を促すポンプ(マイクロプロセッサー)などを備えたスマートソールです。ポンプからuGALEにある非常に細い管を通じて空気が送られ、靴の中を通気させ、湿度や温度を下げるようになっています。これにより、多湿や高温で繁殖しやすい菌の増殖を抑え、足の臭いや水虫などの対策になります。

07

また、専用のiPhoneなどのiOSやAndroid向けアプリでBluetooth 4.0経由で靴の中の状態やuGALEの電池状態を確認することができ、実際にプロトタイプではuGALEなしとありでは靴の中の湿度が37%から10%(靴を脱いだ状態)や68%から26%(靴を履いた状態)に減らすことができているとのこと。

一方、履いていないときに40℃まで温めることができ、ポンプによる通気とともに乾燥させられるほか、冬には寒さを暖めることもできそうです。

04

バッテリーは10時間以上持ち、温度・湿度センサー以外にも加速度センサーやジャイロセンサーも搭載し、uGALE自体は防水仕様になっているということです。

インソール自体も最高級素材を用い、履き心地も良く、つま先とかかとには衝撃吸収素材が使われ、uGALEを置くだけでワイヤレス充電が可能なステーションも付属します。ステーションはUSBケーブルで給電し、充電しているときにはLEDランプが点灯するようになっています。

06

05


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
uGALE - The First Insole With Active Ventilating System by Vay Technologies — Kickstarter