6c3fcff1.jpg
ブースではフォクすけがお出迎え!なMozilla Japanブースのレポートですよ!

千葉県の幕張メッセにて2015年6月10(水)~12日(金)までの3日間に渡ってネットワークテクノロジーとそれに関わるビジネスの展示などが行われたイベント「Interop Tokyo 2015」が開催されました(併催イベントとして「Connected Media Tokyo 2015」および「デジタルサイネージジャパン2015」、「ロケーションビジネスジャパン2015」、「アプリジャパン2015」が同時開催)。

今回は、iPhone・Androidにつづく第3のスマートフォンOSとして展開している「Firefox OS」を提供・開発しているMozilla(国内での法人はMozilla Japan)のブース展示の様子を紹介します。
端末展示
端末展示では既にauから発売されているFirefoxスマートフォン「Fx0 LGL25」や先週発売開始なったばかりのパナソニック製スマートTV「VIERA CX800シリーズ」が展示されていました。

今回はFirefoxOS搭載の海外端末や、過去にSIMフリー機として国内でも発売された「Flame」などの展示はありませんでした。
0102
Fx0 LGL25(写真=左)とVIERA CX800(写真=右)


開発環境の展示
FirefoxOS向けのアプリ開発コーナーでは「シンプル&スマートなプラットフォームアーキテクチャ」を前面にアプリ開発のしやすさをアピールした展示を行っていたほか、説明員による開発のアドバイスやレクチャーを受けることができました。
03
シンプルと作りやすさをアピールしていたFirefoxOS向けアプリ開発

06
アプリやコンテンツの作成例も展示


Mozilla Bus
Mozillaが展示会などにブース出展をするさい持ってくるMozilla Busが今回もきていました。Mozilla Busは全国をまわってワークショップを開催したり、ネットワークインフラ研究などを行っています。

衛星通信を利用したWi-Fiスポットとしての機能や発電機を搭載した「動く衛星アクセスポイント」とも言うべき車両です。
0405
Mozilla Bus



ブースの受け付けにはMozilla Japanのマスコットキャラクター「フォクすけ」の人形がお出迎えしていたほか、ブース内にてフォクすけやFirefoxOSのロゴがデザインされた特製ステッカーが配布されていました。
10
モバイルOSのマスコットキャラでは間違いなく最高に可愛いフォクすけ

09
特製ステッカー



説明員によると、「今後の展開も色々と企画しているので期待して欲しい」とのこと。これからのFirefoxOSの動向に期待して待ちましょう!



記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
フォクすけの Firefox 情報局
Mozilla Japan
Interop Tokyo 2015 展示会サイト title=