Apple SIMの利用できる国・地域が一気に90以上に拡大!

Apple(アップル)は1日(現地時間)、昨年に開始したタブレット「iPad Air 2」と「iPad mini 3」のWi-Fi+Cellularモデルで対応している携帯電話会社や地域などを気にせずに利用できる通信サービス「Apple SIM」で利用できる国・地域を新たに91追加したと発表しています。

これまではアメリカ(米国)とイギリス(英国)の2カ国のみで利用できていましたが、今回、GigSkyと提携することによって一気に93カ国・地域で利用できるようになっています。

また、新たにオーストラリアおよびカナダ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコにおけるApple StoreでApple SIMを順次発売するとしています。

02
Apple SIMの使える国・地域一覧

Apple SIMは昨年のiPad Air 2などの発売とともに提供開始された通信サービスで、利用可能国であるアメリカではiPad Air 2およびiPad mini 3のWi-Fi+CellularモデルにApple SIMが同梱されて販売されています。また、アメリカなどのApple StoreではApple SIMの単体購入も可能となっています。

Apple SIMを装着することで、設定から「Cellular Data Account」にて利用者が任意に対応する携帯電話会社を選択でき、Apple SIMを装着しておけば対応国・地域ごとに単一料金で場所や価格を気にせずに利用できるようになっています。

これまでは利用できる国・地域もアメリカとイギリスに限られていましたが、GigSkyと提携することで一気に93国・地域に拡大しました。新たに追加された国・地域は以下の通り。なお、現時点では日本は含まれていません。

新たに追加された国と地域はアルバニア、アルバ、オーストラリア、オーストリア、バングラディシュ、ベルギー、バミューダ諸島、ボリビア、ボネールとサバおよびシント・ユースタティウス、ブルネイ・ダルサラーム、ブルガリア、カンボジア、カナダ、クリスマス諸島、コンゴ、クック諸島、クロアチア、キュラソー島、キプロス、チェコ、デンマーク、ドミニカ、エジプト、エルサルバドル、エストニア、フェロー諸島、フィジー、フィンランド、フランス、ギアナ、ポリネシア、ドイツ、ガーナ、ギリシャー、グアドループ、グアム、グアテマラ、ガイアナ、ハイチ、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、イタリア、コソボ、ラ・デジラード島、ラオス、ラトビア、レ・サン、レソト、リトアニア、ルクセンブルク、マカオ、マルタ、マリー・ガラント島、マルティニーク、モザンビーク、ナウル、ネパール、オランダ、アンティル、ニュージーランド、北キプロス、北マリアナ諸島、ノルウェー、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ポーランド、ポルトガル、プエルトリコ、カタール、ルーマニア、サン・バルテルミー島、サモア、スロバキア、スロベニア、南アフリカ、スペイン、スリランカ、セント・マーチン島、セント・マーチン島、スリナム、スヴァールバル諸島およびヤンマイエン島、スウェーデン、スイス、タンザニア、トンガ、トリニダード・トバゴ、トルコ、バヌアツ。

提携したGigSkyの公式WebサイトではApple SIMの利用する国・地域での料金も簡単に確認できるようになっています。住んでいる国・地域を「Japan(日本)」にすれば日本円で表示されるのでわかりやすいかと思います。

03


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Apple - Apple SIM
GigSky World Mobile Data for Apple SIM