スマートウォッチ「LG G Watch R」がAndroid Wearの更新でWi-Fiに対応!

LG Electronics(以下、LG)は21日(現地時間)、ウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を採用したフル円型ディスプレイ搭載スマートウォッチ「LG G Watch R」についてAndroid Wearを最新バージョンにすることで無線LAN(Wi-Fi)に対応するとお知らせしています。

Android Wearは同日、LG以外の製品も含めて最新バージョンが配信されており、ネットワーク経由(OTA)のソフトウェア更新によって最新バージョンにアップデートできます。LGではLG G Watch R以外にも初代「LG G Watch」や「LG G Watch Urbane」についても最新バージョンにすることで機能が追加されると案内しています。

今回配信開始された最新版のAndroid Wearではディスプレイの一部をタップすることで、さまざまな詳細情報を手軽に確認できるインタラクティブなウォッチフェイスを表示できるようになります。

さらに、4日間の天気予報を表示できる機能や製品上で何言語もの翻訳ができたりなど、さまざまな機能をもった便利なアプリも使用可能になります。

この機能はLG G Watch Rに加え、LG G WatchやLG G Watch Urbaneでも利用可能です。同社ではAndroid Wearのアプリはスマートフォン(スマホ)などを取り出し、画面を確認する手間も不要なため、アクティブで忙しいユーザーに利便性を提供し、時間を有効に活用することができるとしています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
「LG G Watch R」、最新のAndroid WearのアップデートによりWi-Fiに対応
Official Android Blog: Android Wear: Stay connected with interactive watch faces