6c3fcff1.jpg
便利機能も完備のデジタルお薬手帳アプリ

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2015年9月30日(水)から10月2日(金)の4日間に渡ってITビジネスとその関連技術などの展示会「ITpro EXPO2015)」(主催:日経BP社)が開催されています(「Cloud Days 2015」および「ビッグデータEXPO 2015」、「セキュリティ&ガバナンス 2015」、「モバイル&ウエアラブル 2015」、「IoT Japan 2015」、「FACTORY 2015」、「デジタルヘルスDAYS」も併催)。

今回は、「デジタルヘルスDAYS」エリア内の日本調剤ブースにて、スマートフォンで処方せんやグループ内の調剤薬局を検索できるデジタルお薬手帳「お薬手帳プラス」が展示されていたので紹介します。
スマホは必ず持ち歩くからこそ、デジタルお薬手帳
01
デジタルお薬手帳アプリ「お薬手帳プラス」

「お薬手帳プラス」は調剤薬局を展開している「日本調剤株式会社」が開発した多機能なデジタルお薬手帳アプリです。

日本調剤が展開している調剤薬局を利用した場合は自動で処方せんが登録されたり(他の薬局から購入したお薬があっても手動入力は可)、近くの日本調剤の調剤薬局検索、服用中の薬から比較的安価な後発薬(ジェネリック薬)を検索可能など、便利な機能も備えています。

スマホアプリでお薬手帳を作るきっかけは「お薬手帳は常日頃、誰もが持ち歩いているものではないが、スマートフォンなら利用者は必ず持ち歩く。ならば、そのスマホにお薬手帳の機能を入れれば、いざというときに役立つはずだろう」という考えのもとに製作されたそうです。

0203
メインメニュー画面(写真=左)・デジタル処方せんの画面(写真=右)

0405
後発薬(ジェネリック薬)を教えてくれる(写真=左)・処方せん送信機能の画面(写真=右)

ちょっと便利な機能が「処方せん送信」の機能で医者から受け取った処方せんをスマートフォンのカメラで撮って送ることで、薬局に着いてから薬を受け取るまでの時間を短くすることができます。
07
処方せん送信の大まかな流れ


この他に、あらかじめ薬を飲む時間をアラームで設定したり、日々のバイタルサイン(体温や血圧など)を記録しておけるライフメモなどのちょっとした便利機能が用意されています。

なお、このアプリは完全無料で、日本調剤が展開しているユーザーであれば本会員として無料で全ての機能を利用でき、そうでない方も準会員として主な便利機能を無料で利用できます。

対応OSはAndroidとiOS。皆さんも転ばぬ先の杖として入れておいてはいかがでしょうか?


記事執筆:河童丸



[Image] QRコードアプリ名:「お薬手帳プラス」日本調剤の電子版お薬手帳アプリ
価格:無料
カテゴリ: 医療
開発者:日本調剤株式会社
バージョン:2.1.0
ANDROID 要件:4.0以上
Google Play Store:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nicho.jpokusuri

btn_android



[Image] QRコードアプリ名:「お薬手帳プラス」日本調剤の電子版お薬手帳プラス
価格:無料
カテゴリ:メディカル
開発者:Crypton Future Media, Inc. Apps
バージョン:1.0.5
条件: iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 、iPad対応
iTunes Store:http://itunes.apple.com/jp/app/id947740067?mt=8

btn_itunes