Y!mobile向け「Neuxs 5X」もSIMロックあり!

ソフトバンクは8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、すでに先行して発表していたY!mobile向けGoogleブランドの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶(約424ppi)搭載スマホ「Nexus 5X」(LG Electronics製)がSoftBank向け「Nexus 6P」とともに購入時にはSIMロックがかかっており、購入180日後の解除に対応することを明らかにしました。

Nexus 5Xの発売時期は2015年10月下旬を予定し、明日10月9日からY!mobileショップや量販店などのY!mobile携帯電話取扱店および公式Webストア「Y!mobileオンラインストア」にて事前予約受付が開始されます。

また、Y!mobile向けNexus 5Xは高音質通話サービス「VoLTE」にも対応しており、公式にはY!mobileブランドの製品では初となります。

01

02

Nexus 5XはNexusシリーズとしては5インチサイズの「Nexus 5」の後継機種で、Nexus 5と同じくLGエレクトロニクスが開発・製造を担当し、最新プラットフォームのAndroid 6.0 Marshmallowを採用したミドルレンジクラスのスマホです。

Y!mobileではNexus 5に続いて、6インチサイズ「Nexus 6」も販売していますが、Nexus 5Xと同時に発表された「Nexus 6P」についてはSoftBank向けとして発売されます。

デザインはNexus 5を継承しており、カラーバリエーションはクォーツ・ホワイトおよびカーボン・ブラック、アイス・ブルーの3色。NTTドコモではクォーツ・ホワイトおよびカーボン・ブラックの2色しか販売しませんが、Y!mobileではGoogle ストアと同じく3色を販売します。

また、内蔵ストレージも16GBと32GBがあり、NTTドコモでは32GBのみですが、Y!mobileではGoogle ストアと同じく両方とも販売され、カラーバリエーションと組み合わせると6モデルが販売されますサイズは約147.0×72.6×7.9mm、質量は約136g。ディスプレイを覆うガラスはCorning製「Gorilla Glass 3」を採用。

携帯電話ネットワークは4G(FDD-LTE方式およびTD-LTE互換AXGP方式)および3G(W-CDMA方式)、2G(GSM方式)で、対応周波数帯は以下の通り。Y!mobileでは4GのFDD-LTE方式で900MHz(Band 8)および1800MHz(Band 3)、2100MHz(Band 1)、AXGP方式で2600MHz(Band 41)、3Gで900MHz(Band 8)および1800MHz(Band 3)、2100MHz(Band 1)で、最大通信速度は下り最大187.5Mbpsおよび上り最大50Mbps。LTEはUE Category 6に対応。SIMカードサイズはnanoSIMカード(4FF)のシングルSIM対応。

GSM / EDGE: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
UMTS / WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19
CDMA: 非対応
LTE(FDD): B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 9 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28
LTE(TDD): B38 / 40 / 41
LTE CA DL: B1-B3、B1-B5、B1-B7、B1-B8、B1-B18、B1-B19、B1-B26、B3-B3、B3-B5、B3-B7、B3-B8、B3-B19、B3-B20、B3-B28、B5-B7、B7-B7、B7-B20、B7-B28、B40-B40、B41-B41


03

04

05

06

主な仕様はQualcomm製64bit対応ヘキサコアCPU「Snapdragon 808 MSM8992」(1.8GHzデュアルコアCPU+1.4GHzクアッドコアCPU)や2GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、1画素のサイズが1.55μmの約1230万画素CMOSリアカメラ(F2.0)、1画素のサイズが1.4μmの約500万画素CMOSフロントカメラ(F2.0)、デュアルバンド(2.4および5.xGHz)や2×2 MIMOに対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、USB type C端子(15W充電)、位置情報取得(GPS+GLONASS)、NFC Type A/B、加速度センサー、ジャイロセンサー、電子コンパス、周囲光センサー、近接センサー、磁気センサー、気圧センサー、前面シングル スピーカー、マイク×3(前面1、上部1、下部1)、3.5mmイヤホンマイク端子、急速充電(10分の充電で最長3.8時間使用)、2700mAhバッテリーなど。

カメラ機能は強化されており、赤外線レーザーによるオートフォーカス(AF)や4K(30fps)動画撮影、広域スペクトルなCRI-90デュアルフラッシュなどに対応。

◯主な仕様
基本
サイズ(幅(W)×高さ(H)×厚さ(D))約73×147×7.9mm
重さ(電池内蔵)約136g
連続通話時間 / 連続待受時間※1測定中
バッテリー容量2700mAh
充電時間測定中
プラットフォームAndroid™ 6.0
CPUMSM8992 1.8GHz+1.4GHz(ヘキサコア)
ROM(ユーザー領域) / RAM容量[16GBモデル] 16GB(10GB) / 2GB
[32GBモデル] 32GB(24GB) / 2GB
対応外部メモリー / 対応最大容量- / -
通信
データ通信方式LTE / AXGP / 3G
最大通信速度(「4G」の場合)※2[LTE]下り最大187.5Mbps / 上り最大37.5Mbps
[AXGP]下り最大165Mbps / 上り最大10Mbps
最大通信速度(「3G」の場合)※2下り最大21Mbps / 上り最大5.7Mbps
対応周波数[4G] 900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
[3G] 900MHz・2.1GHz
プラチナバンド対応
ディスプレイ
サイズ5.2インチ
表示方式TFT
解像度1920×1080ドット
カメラ
有効画素数[メイン]約1230万画素
[サブ]約500万画素
記録サイズ(静止画 / 動画)4032×3024ドット / 1920×1080ドット
フォトライト / フラッシュ◯ / ◯
手ブレ補正(静止画/動画)- / -
テザリング
Wi-Fiテザリング機能(最大接続台数)◯(10台)
連続通信時間※1測定中
最大通信速度(Wi-Fiテザリング時)測定中
メール
Y!mobile メール(@yahoo.ne.jp)
MMS※3◯(@ymobile.ne.jp)
※Android™アプリで利用可能
SMS(ショートメッセージサービス)
便利機能
おサイフケータイ
NFC
防水 / 防塵- / -
ワンセグ
無線LANa/b/g/n/ac
Bluetooth◯(Ver.4.2)
赤外線通信
GPS
緊急速報メール
国際ローミング
その他
付属品◯ACアダプタ
◯USBケーブル




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ソフトバンク、「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を10月8日11時から開催!インターネットによるライブ中継も実施 - S-MAX
2015-16年冬春商戦向け新商品について~SoftBank初のNexusシリーズを投入、Android 搭載スマートフォンのラインアップをさらに強化~(PDF形式)
Nexus 5X|スマートフォン|製品|Y!mobile(ワイモバイル)