DIGNO初のAndroidケータイ登場!もちろんタフネスモデル

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、OSにAndroidを採用しつつ従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)と同じよな操作性を導入した折りたたみ型ケータイ「DIGNOケータイ」(京セラ製)を発表しました。

DIGNOケータイはSoftBankとY!mobileの両ブランドで取り扱われ、型番はそれぞれ501KCおよび502KCとなります。発売時期はともに2016年3月中旬を予定。

今回の発表会では発売時期がまだ少し先なことも合って残念なことにモックアップ展示でしたが、外観デザインはこれでほぼ確定であるということだったので、写真を交えてどういった製品なのか紹介していきたいと思います。

◯メインカラーが各ブランドで異なるケータイ
DIGNOケータイは上述通りにSoftBankブランドとY!mobileブランドの両方から発売されます。カラーバリエーションはどちらのブランドでもカッパーおよびブラック、ホワイト、ピンク、ブルーの5色展開ですが、メインカラー(推しカラー)が異なっており、SoftBank向けはカッパー、Y!mobile向けはブルーがメインカラーとなっています。

同一の製品でありながら、ブランドによってメインカラーが異なるものに設定されるというのはちょっと変わった設定かなと思われます。

0102
ブルー(写真=左)およびカッパー(写真=右)


030405
ピンク(写真=左)およびブラック(写真=中)、ホワイト(写真=右)



◯外観をざっくりとチェックする
それでは、続いてDIGNOケータイの外観をチェックしてみましょう。

0106
閉じた状態での本体表面(写真=左)および本体背面(写真=右)

閉じた状態における表側には約0.9インチ36×128ドット有期ELモノクロディスプレイがあります。また、裏面には約800万画素カメラ(フラッシュライト付)と外部スピーカー、充電台利用時の充電用接点、赤外線通信ユニットが配置されています。

サイズは横幅51mm×長さ114mm×厚さ18.2mm、質量は約130g(ともに検討中)。バッテリー容量は1500mAh。

0708
左側面(写真=左)および右側面(写真=右)

左側面にはカバーに覆われたmicroUSB端子、右側面にはボタンが1つ配置されています。ボタンの内容を尋ねたところ「割り振る機能を検討中」とのことでしたが、過去に発売された京セラ製ケータイでは「時刻読み上げ・カメラモード時のシャッター・長押しでマナーモード設定」といった機能がほぼ共通して割り振られていたので、このあたりの機能が割り振られるのではないかと思われます。

11
画面を開いたところ

折りたたみを開くと、約3.4インチFWVGA(480×854ドット)液晶、テンキーおよび各種ソフトキー、通話用マイク、スピーカーがあります。なお、本機では京セラの代名詞的な機能である「スマートソニックレシーバー」は非搭載となっています。

また、テンキー部はトラックポイントとしても利用可能で、シャープのタッチクルーザーと同様に画面にカーソルを表示させてテンキー側をなぞることで操作が可能だということです。

IMG_1621
トラックポイント機能キーが確認可能



◯スペック、その他細かい機能
スペックとしてはチップセットにQualcomm製「Snapdragon 210 MSM8909」で1.1GHzクアッドCPUのほか、1GB内蔵メモリー(RAM)、8GB内蔵ストレージ、microSDHCカードスロット(最大32GBまで)、防水(IPX5およびIPX8準拠)、防塵(IP5X準拠)、アメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(MIL規格)に準拠した耐衝撃性能を有しています。

また、通信機能としてはFDD-LTE方式(900MHzおよび1.7GHz、2.1GHz)およびW-CDMA方式(900MHzおよび2.1GHz)、Bluetooth 4.1、赤外線通信機能に対応しています。

Bluetoothはテザリング機能やだれとでも定額パス、子機登録、親機登録、オーディオ対応の詳細については「検討中」とのことでした。

ワンセグ機能に対応していますが、Y!mobile向けの折りたたみケータイとしてはイー・モバイル時代の「H11T」以来の登場となります(スマートフォンなどでは過去にいくつか存在していましたが)。

その他、説明員によるとSoftbank向けは高音質通話サービス「VoLTE」および「HD Voice(3G)」に対応、Y!mobileモデルはHD Voice(3G)に対応となっていますが、Y!mobile向けでもVoLTEが利用できるように検討中だということです。通話品質に関わるので、早いうちに対応して欲しいですね。

気になる発売は来年の3月中旬を予定しているとのこと、まだ発売は少し先になりますが期待したいですね!



記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
DIGNOシリーズ 関連記事一覧 - S-MAX