NTTドコモ向けディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01H」を写真と動画で紹介!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、女性の手にも持ちやすいディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01H」(シャープ製)を発表しました。

発売時期は2016年1月下旬を予定し、価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および他社から乗り換え(MNP)で2万円台半ば、機種変更・契約変更で4万円台後半を予定。

今回のディズニースマホはメインストリートおよびファンタジーランド、トゥモローランド、アドベンチャーランドという4つのディズニーパークに合わせた丸ごと切り替えられるテーマが利用できるほか、前回のシャープ製ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo SH-02G」と同様に光るスマホピアスが同梱されます。

本記事では発表会後の展示会場にて試作機をタッチ&トライできましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

02
Disney Mobile on docomo DM-01Hの正面。左からSparkle PinkおよびSparkle Blue


03
本体正面の右下にはミッキーのモチーフがあしらわれており、下部中央にフロントカメラを搭載

Disney Mobile on docomo DM-01Hが前機種「Disney Mobile on docomo DM-01G」に続いて、"DM"型番が付けられているものの、開発メーカーはLGエレクトロニクスからシャープに変わっており、ベースモデルは同時に発表された「AQUOS Compact SH-02H」です。NTTドコモ向けのディズニー・モバイルブランドでは10機種目。

ディスプレイは約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載し、ベースがAQUOS Compact SH-02Hなので、本体上と左右の3辺狭額縁デザイン「EDGEST」を採用しているので小型で手の小さな女性でも持ちやすくなっています。IGZO液晶はS-PureLED搭載で120Hz倍速液晶のハイスピードIGZOで、より残像感のない映像や画面操作を楽しむことが可能。

サイズは約126×66×8.9mm、質量は約約130g。カラーバリエーションはSparkle Pink(スパークル・ピンク)およびSparkle Blue(スパークル・ブルー)の2色が用意され、Sparkle Pinkがメインカラーです。どちらの色もラメの入ったカラーリングになっています。

フロントカメラは約500万画素で、広角レンズとワンタッチセルフタイマーによってセルフィー(自撮り)がしやすくなっているほか、ディズニースマホならではのミッキーマウスなどの10種類のディズニーキャラクターが声でカウントダウンしてくれて写真を撮れる機能も搭載。

04
大きな特長は背面のキャッスルデザインと本体下部のイルミネーション


05
Disney Mobile on docomo DM-01Hの背面。左からSparkle PinkおよびSparkle Blue


07
付属のスマホピアス

背面はキャッスル(シンデレラ城)のシルエットが浮かぶキラキラときらめくエレガントなデザインで、シルエットはミラー印刷とUV加工によって立体的に印刷されています。

また、付属のミッキー型スマホピアスは耳の横にクリスタルがあり、ホログラムによる蒸着処理が施されているほか、スマホピアスをイヤホンマイク端子に装着すると、イヤホンマイク端子部分に内蔵されたLEDライトがホログラムに当たってさまざまな色に光るようになっており、時間帯によってミッキーマウスやドナルドダックのサプライズアニメーションが再生されるようになっています。

カメラは光学手ブレ補正に対応した約1310万画素裏面照射型CMOSアウトカメラを搭載し、リコーのデジタルカメラ「RICHO GR」の開発メンバーによる画質改善認証プログラム「GR Certified」を取得し、レンズや画像処理などの高い基準をクリアし、逆光や夜景もキレイに写真が撮影可能なほか、リアカメラでは210fps撮影や2100fpsスーバースロー撮影、タイムラブス撮影、4K動画撮影などにも対応。

06
Disney Mobile on docomo DM-01Hのリアカメラ部分。カメラレンズの横にはLEDライトも搭載

背面にはdocomoロゴやおサイフケータイ(Felica)やNFCのアンテナマークも記載。容量2810mAhの取り外しができないバッテリーを搭載。連続待受時間や連続通話時間、実使用時間は未定。

もう1つの特長であるイルミネーションは本体下部の両脇に搭載されており、イルミネーションの中には星屑に混ざって"隠れミッキー"としてミッキーマウスの頭のシルエットが現れるようになっています。

08

09 10

11 12
本体下部に配置されたイルミネーションの様子

上側面にはキャップレス防水の3.5mmイヤホンマイク端子および受話スピーカー穴、下側面にはスピーカーおよびマイク穴、そして、両脇にイルミネーションがあり、右側面にはキャップレス防水のmicroUSB端子とカバーの中にSIMカードスロット、microSDカードスロット、ストラップ穴、左側面には電源キーおよび音量上下キーがそれぞれ配置されています。

13
Disney Mobile on docomo DM-01Hの上下側面


14
Disney Mobile on docomo DM-01Hの左右側面


15
SIMカードスロットとmicroSDカードスロットのカバーを開けたところ

その他の仕様としては64bit対応Qualcomm製ヘキサコアCPU「Snapdragon 808 MSM8992」(1.8GHzデュアルコアCPU+1.4GHzクアッドコアCPU)や3GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大200GBまで)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、GPS、海外対応もした高音質通話サービス「VoLTE」、ワンセグ、急速充電、ハイレゾ音楽再生、非常用節電などに対応。PREMIUM 4Gや赤外線通信、生体認証、フルセグ、NOTTVには非対応。なお、ワンセグの視聴には同梱のテレビアンテナケーブル(試供品)が必要。

対応周波数帯はLTEが800MHz(Band 19)および1.5GHz(Band 21)、1.7GHz(Band 3)、2GHz(Bank 1)のクアッドバンド対応、3G(W-CDMA/HSPA+)はFOMAハイスピードで下り最大14Mbpsおよび上り最大5.7Mbpsの新800MHz(Band 19)および800MHz(Band 6)、2GHz(Band 1)に対応。LTEの700MHz(Band 28)やW-CDMAの1.7GHz(Band 9)には非対応。海外ローミングではGSMおよびW-CDMA、FDD-LTEには対応しますが、TD-LTEには非対応となっています。

16
Disney Mobile on docomo DM-01Hの主な仕様


17
端末情報とストレージ情報。モデル名が「SL083」と現時点ではメーカー型番とも思われるものになっていた

OSはAndroid 5.1.1(開発コード名:Lollipop)を採用。ディズニーパークの4つに合わせた着せ替えテーマでは「画面オフ」や「ライブ壁紙」、「のぞき見ブロック」、「イルミネーションの光り方」、「サウンド」などがまとめて設定可能。なお、トゥモローランドの主要キャラクター「トイ・ストーリー」はディズニースマホでは初の登場となります。

また、ディズニースマホの特長でもあるデコメ素材やお天気アニメーション、ドコモメールやメッセージの着せ替え、オリジナル楽曲などの充実したプリインストールコンテンツに加え、ゲームなどの3万上のディズニ二コンテンツと100以上のディズニーアプリが用意されています。

18

19

最後にDisney Mobile on docomo DM-01Hを実際に操作しているところと説明員に特長を紹介してもらっているところの動画を掲載しておきます。コンパクトながらハイエンドで、持ちやすくかわいいディズニースマホなので発売が楽しみですね!


動画リンク:http://youtu.be/bYgcnJtpwRc

◯主な仕様
機種名Disney Mobile on docomo DM-01H
寸法(高さ×幅×厚さ:mm)約126×66×8.9
質量(g)約130
OSAndroid 5.1
CPU
(チップ名、クロック)
MSM8992
MSM8992
ヘキサコア
(1.8GHzデュアル+1.4GHzクアッド)
内蔵メモリー
(ROM/RAM)
16GB/3GB
外部メモリー
(最大対応容量)
microSDXC(200GB)
バッテリー容量2810mAh
連続待受時間(静止時[自動])
(LTE/3G/GSM:時間)
未定
連続通話時間
(LTE/3G/GSM:分)
未定
実使用時間(時間)※1未定
ディスプレイ
(サイズ:インチ、解像度:ドット、
方式、発色数)
約4.7インチ
フルHD 1080×1920
TFT液晶
1677万色
Xi(LTE、受信時最大/送信時最大)150Mbps/50Mbps
VoLTE
LTE対応周波数帯
(2GHz/1.7GHz/1.5GHz
/800MHz/700MHz)
○/○/○/○/ー
対応方式
(FDD-LTE/TD-LTE)
○/ー
FOMAハイスピード
(HSDPA/HSUPA)
14Mbps/5.7Mbps
外側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型CMOS
約1310万/約1280万
内側カメラ機能
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型CMOS
約500万/約500万
防水/防塵○/○(IPX5、8/IP6X)
Bluetooth○(4.1)
ワンセグ/フルセグ
(◎は録画対応)
◎/ー
ハイレゾオーディオ対応
LTE/Wi-Fi同時接続による
高速ダウンロード
LTE/Wi-Fi同時接続による
スムーズな通信
UIMカードnanoUIM
Sparkle Pink
Sparkle Blue
製造メーカーシャープ
※1 一般に想定されるスマートフォンの利用(Web閲覧、アプリの利用等、約80分間/日の利用)があった場合の電池の持ち時間です(NTTドコモ調べ)。実際の利用状況(連続通話や動画を大量にダウンロードした場合など)によっては、それを下回る場合があります。なお、各機種の実使用時間については、 順次ドコモのホームページで公表される予定。
※2 外付けのアンテナケーブル(同梱)が必要。
※3 仕様は発表時点のもので、製品版は変更になる場合があります。



© Disney

記事執筆:S-MAX編集部
写真・動画撮影:2106bpm


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Disney 関連記事一覧 - S-MAX